このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
酔っ払った時の失敗談や武勇伝をお聞かせ下さい。

会員募集(独身倶楽部) VIP ROOM ギャラリー(投稿写真) 投稿写真(独身倶楽部) 投稿写真(詳細)
私のオナニー 告白 近親相姦 告白 夫婦交換の部屋 浮気体験 告白 スワップの館

もっと沢山読みたい人は  こちら にどうぞ。 画像掲示板は こちら です。  (管)

酒の失敗談 (独身倶楽部)


[ホームに戻る] [新規投稿] [ツリー表示] [トピック表示] [新着順表示] [留意事項] [ワード検索] [管理用]



酔うと駄目な私 投稿者:ユリコ - 2009/07/23(Thu) 17:10:12 No.1094  引用する 

私は25歳で市役所に勤務しています。
2年ほど付き合っていた彼氏と喧嘩別れをしてからオナニーの回数がふえ毎日のように悶えています。しかも私の嫌いなタイプの男性にムリヤリSEXをされるシーンを妄想してオナニーしています。

ある日、職場の友達と二人で 地元の居酒屋で飲んでいたら近所の鈴木さん(60歳ぐらい)と出会いました。
途中で友達が 帰る事になり、私も帰ろうとしたら鈴木さんが途中まで一緒に帰ろうといい、友達と別れて鈴木さんと二人で帰る事になりました。

帰る途中で私は大分酔っていてエッチな気分になってしまい、わざとお爺さんに胸の谷間を見せるようにしたりして遊んでいました。
その後、私は急 にオシッコがしたくなり公園でオシッコをする事になったのですが、鈴木さんが私の近くでオシ ッコしていて目が合いお互いに変に意識してしまいました。

その時、私は鈴木さんのペニスが凄く大きくて勃起している事に気づきました。
私は酔った勢いもあり気が付くと鈴木さんのペニスを握っていました。鈴木さんは驚いていましたが、シコシコしてあげ
「気持ち良いですか?」
とか言っていたらますます大きくなってそれを見て私も興奮してしまい
鈴木さんのペニスをしゃぶってあげていました。

普段は真面目そうな感じですが酔うと淫乱になってしまいます。
この事がきっかけで鈴木さんと関係を持つようになりました。
お爺さんですが立派なお道具でテクニックも素晴らしいです。
暫くは楽しみたいと思っています。


酒癖 投稿者:まりこ - 2009/07/23(Thu) 17:08:03 No.1093  引用する 

25歳のOLです。
私は酒くせが悪く酔うと簡単に男について行ってしまいます。
そんな日はもう、お酒はやめようと思うのですが暫くすると又呑みに行くのです。
先週の金曜日も大学の同僚の父親がやっている居酒屋に一人で行きました。
私の隣には20代の看護師、その隣には50代の中学校の教師がカウンターに座って、店長とお喋りをしていました。

私は彼等とは初対面でしたので、あまり話すことがなく、一人で日本酒をチビチビのんでいました。暫くして、看護師の女性が泣きながら、人間関係がうまくいかない事を店長にしゃべっていました。

私はお酒を飲みながら暇つぶしに聞いていました。
営業時間を過ぎても彼女は喋り続けるから、私はカウンターで寝る事にしました。

朝4時になった頃、起きた私は、店内にいるみんなが寝ている事に気づき、泥棒が来たら大変!と思い、起きている事にしました。
暫くすると教師が起きて、一緒に帰る?といってきました。

私は、万が一何か事件とかあったら嫌だから店内にいます。と伝えたのですが、腕を掴み、強引に車に乗せられました。
まだ酔いも冷めかけの早朝、家の前まで送ってもらいました。

車から降りようとしてる間に突然、グイッ!と引き寄せられた私は一瞬で彼の唇と私の唇が合わさっている事に気付きました。
しかも酔っていて、抵抗もなく私たちは舌を絡めたディープなキスへと変化していきました。

彼との音が車内に響く位の長いキスが終わったあと、彼はアクセルを踏んでラブホへと直行しました。
早朝からラブホなんてかなりエロい・・・。って思いました。
部屋に入ると、お互いの服をキスしながら脱がせていきました。

最初は彼が、上着、ズボン、ブラジャー、パンツ・・・と、脱がせながらそれぞれの局部にキスをしました。
私は乳首を長く舐めてもらいたい為に腰や吐息を使って、より長く舐めてもらいました。
彼はたまらなかったらしく、全裸の私を押し倒し、思いきり胸を揉みしだき、舐め、噛み、挟み・・・。
私も腰や声でおっぱいが弱い事を教え、思うように触らせました。私が酔っている時は、男の我を忘れたかのような火ばしった襲われ方を物凄く求めます。

だからその時も、あまり前戯もされていない内に私の局部まで突っ込まれました。
私は
「アッ、アアアアアアッ!!」

って声を出し、彼の突きで私の体が浮き上がる位突かせました。
酔っている時の突きは最高に激しすぎるんです。
私は本当に突かれる度に肩や首がはねあがっていました。

彼は50代なのにその日は3回も私の中に射精したのです。
なんでも奥さんが病死して禁欲してたみたいです。
私も睡眠不足と彼の激しいSEXで疲れちゃいました。


同類 投稿者:ケンジ - 2009/07/11(Sat) 08:59:10 No.1092  引用する 
25才のサラリーマンです。
うちの会社に伝説の酒好きがいます。なんでも真夏に公園のベンチで眠っていて明け方死に掛けたそうです。
酔っ払って仰向けで寝ていたら夜中に大雨が降り、息ができなくて目が覚めたそうです。その話を聞いた時は大笑いしていましたが、まさか自分もやるとは・・・。
人のことは笑えないです。


貞操 投稿者:えみこ - 2009/04/26(Sun) 14:27:22 No.1090  引用する 


24歳のOLです。
去年の忘年会のことです。
体調が悪かったのか失恋で心がすさんでいたのか分かりませんが飲みすぎてお店を出た後の記憶が飛んでいました。
気がつくと素っ裸でお布団の中。
隣にはハゲ頭の50代の上司が!やはりすっ裸で寝ていました。 げげっ!ヤバイ!
あわてて、あそこを調べてみると清潔そのものでした。
??

後で上司に聞くと僕はインポだと・・・。
それに2人共、昨夜の記憶がまったくありません。
そうやら貞操は守られたみたいでした。
でもその後 「うわばみ」とアダナが付いた私です。

反省 投稿者:みすず - 2008/06/29(Sun) 07:21 No.1088  引用する 

26歳の女性です。
学生時代にサークルの先輩にカラオケに誘われ飲み過ぎて深夜にアパートに帰宅しました。キーを差し込んで、ノブを引いても扉が開きません。何度やっても、最後は力ずくで引いたり、押したりしても開かない!

??なんで・・・。
とりあえずその場に座り込んで、恨めしそうに扉を眺めていたら、上に小さく206号室と書いてあります。「私の部屋は205」
という事で・・・、コソコソと無事に部屋に入れたものの、206号室の住人にはとても怖い思いをさせたと思います。今でも反省しています。


なりゆき 投稿者:あけみ - 2008/06/24(Tue) 08:59 No.1087  引用する 

会社の旅行で某関西有名温泉の有名旅館に泊まったとき
ブラージャせずに浴衣着てガンガン呑んでたら 成り行き?から同僚と怪しい雰囲気となりました。
2人で旅館の中の人気の無い真っ暗な場所にいって 絨毯敷きの廊下の隅でセクッスしてしまいました。

何か温泉・旅館・浴衣・秘密・薄暗い場所など 作り話のようなシチュエーションが余計になんかキモチよくて萌えました。

酔った姉貴 投稿者:ひでき - 2008/06/22(Sun) 13:46 No.1086  引用する 
俺は高2の秀樹です。先週の金曜日のことです。
両親は遠い親類に不幸があり2人で出かけて留守でした。姉貴もデートで留守なので1人で漫画を読んでいたのです。夜中の11時ぐらいにバタンといきなり姉が部屋に入って来た!かなり酔っていて俺のベッドにうつ伏せ状態で倒れ込んでしまった!

俺は姉貴に『どうしたの?今日は彼氏の家に泊まって来るんじゃなかったっけ!』って聞くと顔を向こう向きにして小さな声で『フラれた』って…。俺は何て言ってあげたら良いのか分からず、ただ『そうなんだぁ〜』って言って漫画を読んでた。

しばらくすると姉貴が『秀樹!アタシってそんなに魅力無いかな?』って聞いたから『そんな事ないよ!姉ちゃんは胸デカいし、お尻もデカいし俺は魅力的に思えるけど…』って答えながらちょっと冗談でお尻を撫でた。

俺は拒否られると思ったが酔っていたせいもあるのか姉貴はそのまま目を閉じて眉にシワを寄せて感じている様だった!

俺はドキドキしながら姉貴の耳元で『今日だけって約束するから、もっとエッチな事していい?』って聞くと頷きながら『うん』って言った!俺はスカートをめくり姉貴の下着を確認し、お尻の方からゆっくりストッキングとパンツを膝まで下げた!

そして指先でお尻の穴あたりを左右に広げてみたら本当に小さくて可愛らしいアナルが…。指先でツンツンとしながらゆっくり第一関節まで挿入し指先を動かしたら姉貴の息が荒くなっているのに気づいた!

アナルの3cm程下にちょっと茶色がかったマンコが…。広げてみると濡れているのか液で光って見えた!姉貴に『舐めたい』って 言うと舐めやすい様にお尻を高く突き上げる様な格好をしてくれた!

しばらくすると姉貴は正常位の格好で自分で膝をかかえてくれて、俺はアナルに指挿入したまま姉貴のマンコ全体をむしゃぶりつく感じで舐めまくった。キスも凄かった!お互いの口の中舐めまくった。姉貴が『秀樹のアレも舐め舐めしてあげようか?』って言ったから俺も姉貴も全部脱いで裸でシックスナインの格好でお互いの性器を舐めまくった。

姉貴のマンコを舐めまくった後に『入れてみたい!ダメかな?』って聞くと『いいよ!』って言ったから電気消して大きな声出さないって約束でやりまくった!

俺は8回ぐらいイッた!さすがに中だしは無理だからお腹とか胸にだしまくった!姉貴は何回イッたか覚えてないって言ってた!最後に姉貴が部屋から出てく時に『ごめんね!今日の事は絶対内緒ね!おやすみ!』って言った!朝目が覚めて下に降りてみるといつもと変わらない姉貴だったから何か安心した。

酔いすぎ  投稿者:メグ - 2008/06/15(Sun) 14:11 No.1085  引用する 

お酒を飲むとエロくなって何度かお持ち帰りされてるけど、
目が覚めると知らない人と寝てたとか、泥酔して覚えてないとか、
そういう経験はないのね。エロくなるっていうか、人肌恋しくなる感じかな。
寂しがりやなのかもしれない。彼氏がいる時はちゃんと彼氏に相手してもらう。
浮気もしない。問題は彼氏がいない時期。

でね、酔っぱらいながらも一応相手を選んでいる、らしい。
最低限のルールは前から知っている人で、わたしに関心をもっている人、らしい。
そういう基準を満たしていたら、後は気分次第っていうか、勢いっていうか、
テキトーっていうか・・・わたしの中のエロ女よ、もう少し選んでよ。

で、お持ち帰られじゃなくて置き去りにされた話です。

仮に田中くんとしておくね。友人の彼氏の友達とか、そんな関係だったかな。
友人宅のホームパーティで紹介されたのが最初で、大勢集まってた中の一人。
その友人を中心とした集まりは、職業もバラバラで、個性的な人が多く、
とても楽しくて、時々集まっては飲んだり遊んだりしてた。
そのつど集まる顔触れは違ってて、田中くんもいたりいなかったり。
その頃わたしには彼氏がいたから、
飲んでもその仲間の中の誰かとどうにかなることもなかった。

田中くんはバックパックにカメラを詰めて主にアジアを放浪して写真を撮り、
お金がつきると日本に戻ってきてバイトして、
お金が貯まるとまた放浪の旅に出るという人だった。
田中くんがわたしに興味をもっているっぽい気配はなんとなく感じてた。
友達としては面白くて好きだけど、それ以上の感情はわかなくて、
Hしたりってのもありえないと思ってた。楽しい仲間の一人って感じ。

そうこうしているうちに、わたしは彼氏と別れちゃった。

その日も何人かで集まってワイワイ飲んでて、田中くんの旅話で盛り上がり、
じゃあ旅の写真を見せてもらおうという話になって、
お酒とおつまみを買い込んでみんなで田中くんのアパートに押し掛けたのね。
今思えば仲間の作戦だったのかも。みんな私が彼氏と別れたのを知ってたし。

いつの間にか他の仲間はひとりふたりと消えてしまって、
ふと気付くと田中くんと二人っきりになってた。
で、その時点でわたしはかなり酔っぱらってた。
っていうか、酔ってなければ二人っきりになる前に状況に気付いてた。
ゆるすぎるよーわたし、誘ってるのと一緒じゃないか?

おしゃべりが途切れ、目が合う。田中くん目がマジですよ。
(この状況はやばいよ〜、どうしよう)とか考えるんだけど、
酔っぱらってて動くの面倒。

(このままじゃだめっ、まだ間に合う、立ち上がれ〜)
と脳内で自分を応援しているうちに田中くんにキスされた。
ためらいがちで控えめな軽いキス。
そこで拒否すれば多分田中くんはやめてくれたと思う。
だけどあの日のわたし、どうかしてました。キスに応えちゃった。

だって、キスされたらキューンって電流走っちゃったんだもん。
バカバカバカ!もう引き返せないじゃないかっ。

田中くんはいったん顔を離し、探るようにわたしの瞳の中をのぞいてた。
わたしは(なにか言わなきゃ!)って思っているんだけど、何も反応もできず、
何も言えず、田中くんから目をそらせないまま床にペタリと座ってた。
そして、無言で目を合わせたままの緊張に耐えられなくなって、
目をつぶっちゃった。そんな状況、さぁどうぞって言ってるようなもんだよね。

ガシッと抱きしめられ、さっきとは違い貪るようなキス。
(だめーっ)と心の中で叫んでいるのに、わたしってばさっきよりエロく応えてる。
キス好き・・じわ〜っと濡れてくるのがわかる。
田中くんに強く抱きしめられ、激しくキスしてると呼吸が苦しくなってきて、
唇が離れた時にやっとの思いで「痛いよー」と言った。
でもさ、そんな言い方って、次へ進んでって催促してるようなもんだよね。

田中くんは「あ、ごめん」って腕の力をゆるめてくれたんだけど、
今度は素早く抱き上げられ、ベッドに連れて行かれちゃった。
一瞬冷静になって(下着は何着てたっけ?)って気になったんだけど、
田中くんは下着姿に興味ないのか、がっついてたのか、
すごい勢いで着てたものを剥かれ、あっという間に裸にされちゃった。

わたしの足の間に片足をからませ、両手首をそれぞれの手で押さえられ、
ロックされた状態。唇、頬、首と田中くんの唇と舌が這いまわり、
荒い息づかいが耳元で聞こえる。
ここまできちゃうと(だめだよー)と思ってるのに、
そもそも酔っぱらってるから、グニャーっと体の力が抜けてきた。

私の緊張がゆるんだところで両手を離し、田中くんも手早く裸になり、
今度は濃厚なキスをしながら、わたしの小さめの胸を揉み、
乳首をキューってつまむ。痛くはないけどちょっと乱暴。(やだ、こんなの)
そういう風に扱われるのって苦手なのに、その日のわたしってやっぱ変。
田中くんの唇が首から鎖骨を通って胸まで下がってきて、じらしも無しに
いきなり乳首に強く吸い付かれて、「んっっ」って声がでちゃった。

田中くんの指が胸から脇、おなかへと降りていく。
ここまできても頭の中の片隅にまだ(だめだよ、田中くんとしちゃ・・)
っていうわたしがいて、「やっ」って田中くんの腕を両手でつかんで止めちゃった。
でも全然力がはいらなくて、
逆にわたしの両手首は頭の上で田中くんの片手に押さえられた。動けないよ。

田中くんの指はクリに到達。
「あっ」。自分でもビショビショに濡れているのがわかる。
クルクルと転がされ、指を入れられ、激しく動かされた。
普段は指で強くされるのって痛くてダメなのに、
どうしちゃんたんだろう・・きもちいい・・。

田中くんは手を離し、わたしの足の間に体を入れてきた。
両腕をわたしのヒザの下に差し込み足を抱え上げながらいきなり挿入。
(えっ!もういれるの?あ、生!だめっ!)
「ま、まって・・あっ、んっ!」生挿入に抗議しようと思ったんだけど、
田中くんの硬いものが中の気持ちいいところに当たってて抗議どころじゃない。
なんかね、大きさや形や角度がぴったりなの。
わたしのためにあつらえたの?ってくらい。

田中くんは少しずつ角度を変えながらガシガシと突いてくる。
「あっ・あん・・あっ」・・きもちいい。
抱き起こされて座位に。乳首をせめられ気が遠くなりかける。
正常位になってもちゃんと気持ちいいとこにあたってる。声とまらないよ。
足をM字っぽく折り畳まれヒザを押さえられた状態で、
田中くんの動きが早くなってきた。
どんどんヒザを押さえ込まれ、自分のヒザで胸が押しつぶされ恥ずかしいカタチ。

田中くんは自由自在に角度を変えて、奥にもガンガン届いてる。
「ぁ、ぁ、ぁ、イッ・・・」イキそう!
そんなわたしを見た田中くんはさらに動きを早める。
(中はやめてー)って頭の中で叫んでいるんだけど、
ヒザを押さえられててどうにもできないし・・そもそもそれどころじゃない、
きもちいいよぉ・・「イクッ!」・・イッちゃった。
同時に田中くんもわたしの中でドクドクって・・イッちゃった。

田中くんが寝ちゃったあと、のろのろと洋服を着て帰りました。
もう夜が明けてたよ。

田中くんとHしたのはこの一回きり。
田中くんはわたしと付き合いたかったみたい。
わたしはどうしても田中くんに対して恋愛感情を持てなかったのね。
妊娠はしなかったけど、中出しされた事はいつまでもひっかかってた。
拘束気味で一方的にせめられ、乱暴に扱われるHもイヤだったし。
中ではあまりイケないのに中イキできて体の相性はよさそうなだけに、
恋愛感情を持てない田中くんのHの虜になりそうなのも恐かった。
でも、それくらい気持ちよかった(*´д`)

酔ったOL  投稿者:中年男 - 2008/06/14(Sat) 22:24 No.1084  引用する 
私は単身赴任で一人暮らしをしている52歳の男です。
1週間ほど前に職場の飲み会があり酔っ払って深夜に帰宅しました。
マンションに戻ると駐車場のすぐ近くに横になっている人がいました。近づいてよく見ると上の階のOLなんです。歳は25歳くらいで童顔でかわいらしいお顔です。

大丈夫ですか?と声かけるとかなり酔っ払ってるのか無反応でした。
これはチャンス!と思い肩を貸し自分の部屋へ連れていきました。。
上着を脱がしてみると真っ赤のレースたっぷりのブラがみえます。

ブラと胸の隙間からピンクの乳首が見えたので指で触ってみたらピクッと反応するのです。今度は下を脱がしたらブラとお揃いの真っ赤のパンツでした。
あそこに鼻を押し付けると甘い若い女のフェロモンが漂います。

たくさん写メを撮り、ブラとパンツを脱がし、胸を揉みながら乳首を吸うと、ヤメテヨーと言いながらあそこを触って来ました。
69のような感じになりあそこを舐めるとOLさんも舐めはじめてきました。

音をジュポジュポとたてながら舌を絡ませデープキスをしました。私は大分溜まっていたみたいで、そのまま一回目をいかされました。
OLさんは口の横から唾液と一緒にザーメンを垂らして「欲しい」と言って来たのでいそいでは裸になり挿入しました。
子供を生んでいない膣は締りが良く私の奥さんとは大違いでした。

生で挿入すると中は凄くヌルヌルして気持ちが良く乳首と栗をつねるとあそこをキュ、キュッと締め付けてきます。
あまりの気持ち良さに中出しをしてしまいそのまま二人とも裸で布団に寝てしまった。

朝になり起きてOLさんを見ると目を開けて天井を見ていました。
「夕べはかなりかわいい声で鳴いてましたよ。まさかこうなるとは思いませんでした」
と言うと
「恥ずかしいわ。ご迷惑をおかけしました」
と言うのです。
詳しく話しを聞くと夕べは彼氏に振られてヤケになりベロン、ベロンに酔ったみたいでした。

昨夜は私から誘って待ち合わせをして一杯やりながら食事をしました。
その後はHざんまいでした。
やはり若い子のスベスベのお肌はいいですね。
これで寂しい一人暮らしも解消できそうです。


忘年会 投稿者:ゆみこ - 2008/06/08(Sun) 09:17 No.1083  引用する 
お酒が飲める忘年会と言えば、去年は私もハメを外しちゃいました〜f(^ ^ ; )
まあ正確に言うと「去年も」なんだけどぉ〜。
ただ、去年は例年になく派手に外しちゃって…ハハハ
その時の事を書きますね☆

うちはテナントで入ってるから、会社の上司たちが、母体の百貨店のお偉い様を招待して忘年会をする事になってるのね。
それで去年も定例通りやりました☆
まあ、中年のオジサマなんてみんな同じようなもので、お酒を楽しみながら私たち女性スタッフを物色するのよ〜 (笑)
あわよくば…ってな感じなのかもね〜☆
うちの服って結構胸元開いてる服ばかりだから、胸の大きな私(Gカップなの…)なんか格好の餌食 (>v<)!
何かに付けて触ったりしてくるのよね〜(- - ; )

で、まあそのエロオヤジ様たちの話し相手をしてたわけね☆
そうこうしていたら、その席で一番のお偉い様が、ちょっと気分が悪くなってしまったとかで、何故だか私が隣の部屋に連れて行って介抱するハメになってしまったのよ〜(涙)
私だって酔っ払ってるのにぃ〜d(>o<)b!

私もフラフラしながら、仕方なくお水を持ってくると、
「すまないね、○○君…」
と言いながら、飲んだんだけどすぐにムセて零してしまって…わざとらしいわよね☆
で、そのお偉い様の服は胸元から太腿辺りまで濡れてしまい、『ベタなやり方ねぇ…』と思いながらも、放っておくのも角が立つし、私はタオルで拭いてあげたのよ。
当然、服の上からだけど股間のすぐ近くを触るでしょ〜?
待ってましたと言わんばかりに、このお偉いエロオヤジが大きくするわけよ (笑)

「パンツまで濡れてしまったようだ…すまんが拭いてくれないかなぁ」…ほ〜らきた…(- - ; )
『何言ってんのよ、このエロオヤジが!』そう思いながら
「いいですよぉ〜濡れたままじゃいけませんしねぇ〜」
と営業スマイル(^ ^ ; )
すると、このエロオヤジは最初からそのパターンを読んでたみたいで、パンツのおちんちん出すところを開けていたのよ。
ズボン下ろしたら、ペロンッと出てくるようにね〜(- - ; )ウエ〜ッ
しかも位置的に私は座ってたもんだから、モロに顔の前…

「○○君〜。ついでだから、こいつも綺麗にしてくれるかい?タオルじゃなくて君の口で♪」
まったく…よく平然と言うわよね〜!
酔っていれば何でも言い訳効くとでも思ってるのかしら?

私は
「困りますぅ〜。隣にはみんな居ますしぃ〜」
と、エロオヤジを見上げて言った瞬間、パシャパシャパシャッ!!とシャッター音とフラッシュが…
エロオヤジはデジカメを持ってたの!
そして撮った画像を見ながら、
「いいのかなぁ〜?いい写真撮れちゃったけど…」
そう言いながら私に見せるの。
営業スマイルが災いして、そこにはエロオヤジのおちんちんを持って微笑む私がいました…(- - ; )

「経験がないわけじゃあるまいし…一夜限りなんだし、いいじゃないか〜♪…今後君の事、優遇するよぉ〜?」
と満面の笑み…
『してやられた〜っ (>o<)!』私はそう思ったわ。
でも下手に機嫌損ねてバラ撒かれたりしたら仕事出来なくなるし、恥ずかしい思いもするし、訴えるのも手間隙かかって面倒だし…
仕方なく私はエロオヤジのおちんちんを口に含み、フェラを始めてやったわ…
大きさは並でまあ妥協出来るんだけど、小便臭いし何だか変な味がするし…最悪…(- - ; )

「おぉ〜☆感動だぁ〜♪いいぞぉ〜もっと舌を使ったり強く吸ったりしてくれ♪」
そう言いながらエロオヤジはチョ〜嬉しそうにまた写真を撮り始めた…
『こりゃあ、事が済むまで撮って、最後まで消去してくれないだろうなぁ…』
そう思ったから、私もある程度開き直りました…(ToT)

「おぉっ…イキそうだ!…○○君…飲んでくれよっ!…おうっ♪うっ♪うっ♪…」
私のリアクションなんて聞く前に、口の中に生暖かい液体が次々に飛び込んできた…
「んっ…☆!」
飲んだフリして、吐き出そうと思ってたんだけど、わざと口の奥深くに入れ込んで出すし〜すっごい大量で、しかもチョ〜濃くて、絡み付いちゃって、思わず
「んぐっ…ゴックン…」
エロオヤジの精液、飲んじゃったぁ〜(ToT)

イッたにもかかわらず、エロオヤジのおちんちんはまだ勢いよく勃起してて、
「久しぶりに気持ちいいもんだから、まだ足りないみたいだなぁ♪今度は○○君も気持ちよくしてあげよう♪」
そう言うと、強引に私の下着をズリ下ろすの。
「こ、困ります!それだけは!」(そんな事頼んでないでしょ〜がっ!)
そう言ってはみたものの、身体は酔いでフラフラだし、
「写真が他人に見られるよりは気持ちいい方が得じゃないか♪」
とダメ押し…
『ホントにしてやられたぁ〜(ToT)!』そう思いながら、泣く泣くエロオヤジのおちんちんを受け入れる事に…
ズプッズプッ♪パツンパツン♪…とイヤらしい音が周りに響いてた…
でも、私も何だかだんだん感じてきてしまって、いつの間にか
「あっ♪あっ♪…」
と声を出しておちんちんがもっと深く入るように、エロオヤジの腰振りに合わせて自分も腰を振っちゃったわよぉ〜 f(^ ^ ; )マイッタ…

「おっ?○○君も気持ちよくなって、その気になってきたねぇ〜」
とエロオヤジはニヤニヤ♪
最初は四つんばいでエロオヤジに突かれてたんだけど、手に力が入らなくなって、床に上半身を伏せて、お尻を突き上げるような格好になってしまう程気持ちよくなっちゃった…
『へぇ…結構タフかも…♪』なんて思っちゃいながらね〜(笑)
やがてエロオヤジは、
「い、いいぞ○○君♪サイコーだ♪…イ、イクぞっ♪」
そう言い放ったわ。
私は『やっと開放される〜。よかったよかった…どうせフィニッシュは顔にかけるか飲ませるんだろうなぁ…』と考えながらも、ようやく終わるという安心感から、
「は、早く…◇◇さん、イってぇ〜♪」
と言ったんだけどぉ〜、思いのほかエロ〜い響き…『ちょっと失敗…?私も乗り気だと思わせたかも…f(^ ^ ; )』
なんて思ってたら、ドクッドクッドクッ…って…私の中でおちんちんが脈打つのぉ〜っ (><)!

『げぇ〜っ!エロオヤジったら中出しぃ?…マジですかぁ…(ToT)?』…

後ろを見上げると、エロオヤジは気持ち良さそうに私の中に奥深く入れたまま余韻に浸ってる…
そしてすぐにエロオヤジは再び腰を動かし始めたの (><)!
『そんな事したら精液が子宮に押し込まれちゃうじゃ〜ん (涙)!』
でも、気持ちよすぎて
「あっ…♪だ、だめ…◇◇さん…」
そう言うのがやっとだった…

「今夜は接待だもんねぇ…お客様の出した物は全部受け取らなきゃ失礼だよねぇ…♪?」
エロオヤジはチョ〜嬉しそう…
そしてさらにグイグイとおちんちんを奥深く突き始めた…
エロオヤジの精液が潤滑剤になって、気持ちよさが倍増してしまった私は、迂闊にもイッちゃった…☆
しかも
「あ…イ、イクぅ…んっ♪んっ♪んっ♪…」
なんて言葉を漏らしながら…

「気持ちよさそうだねぇ〜○○君…♪わ、わしももう一回…イ、イキそうだぁ…♪」
エロオヤジはそう言ってドクッドクッドクッ♪…と2度目の中出し…エ〜ン (ToT)"
そしてまた奥までおちんちんをグイグイ押し込んで…
『ヤッバいなぁ…またデキちゃうよ…今日って確か危険日だしぃ…(ToT)』
私が誘った相手なら、いつも中出し楽しむんだけどぉ…一応ちゃんと時間的な計画立てながらの話だし、つい先月の初めに中絶したばかりだからなぁ…
何を焦ったかって、相手が好みでもない臭〜いエロオヤジって事と〜
中絶間もないのにまた?って事だけなんだけどさ…f(^ ^ ; )

すると何故だか別の人の声が…
「部長、お待たせしました。…あれっ〜♪?今日は○○さんですかぁ♪?ラッキーだなぁ。私も○○さんとはヤッてみたいと思ってたんですよ、部長ぉ〜♪」
『えっ?何?なんで (*O* ; )?』私はチョ〜焦ったんだけど、もう身体は快楽に溺れて動かないしぃ…
「さ、わしの精液が出ないうちに君のを入れてやってくれ♪彼女、盛んでなぁ〜。いいの♪中に出してぇ〜♪と言われて…いやぁ〜マイッタマイッタ♪いろんな男に中出しされる楽しみを度々味わうそうなんだ。」
エロオヤジはそう部下のオヤジに言ってた…
『そんな事一言も言ってないよぉ〜!!それじゃあまるでエロ女じゃない…嘘つきエロオヤジ…(ToT)』
そう思ったんだけど、確かにもう2回中出しされちゃってるし、半分はどうでもよくなっちゃって、『どうせデキちゃうんなら、この際だから割り切って楽しんじゃおっかな…♪』なんて…ハハハf(^ ^ ; )

部下のオヤジも、そんな話を聞かされてるから当然のように中出しぃ〜♪
そしたら、エロ部長(?)ったら次から次へと部下を呼んじゃってぇ〜(#>v<#)!
私は策略にハマって、大勢のエロオヤジ相手に身体を預けちゃってぇ〜イキまくりの中出しされまくり〜☆!
3Pまでなら経験あるけど、一人で大勢相手の大乱交なんて初体験だったわ〜☆
でも変にフッ切れちゃったからぁ、延々と続く快楽がすっごい気持ちよかったぁ〜♪アハハ…

冷静に考えるとすっごいエロエロ女になってたなぁ〜f(^ ^ ; )
身体をみなさまにご提供して…みなさまの精液を全部受け止めて…
入り切らない精液がアソコから『ゴポッ♪』と音を立てて漏れちゃって…
お口にも違うおちんちん咥えながらまた注がれて…またお漏らしして…
何時間もの間、前後でいろんな『おちんちんと精液』を味わっちゃって…あ〜恥ずかしいっ☆!

いつの間にか、エロオヤジの言う通りの自分になってる事が少し可笑しかった。
『う〜ん…エロ部長(?)の言う通りの女になってるじゃん〜私ぃ…f(^o^ ; )』
仕舞いにはうちの会社の上司たちまで!!
『どさくさに紛れて何やってんだかぁ〜』って感じ!
しかも、もう一人二人増えても同じだろと言わんばかりに、平然と中出しすんのよ〜
中には「○○♪お前とはこういう関係になりたかったんだぁ〜♪」なんて言う上司も (笑)
ザッと数えたら、私は内外20人前後のエロオヤジと楽しんでましたぁ〜!(#>v<#)キャ〜♪

事が済んで、私は洋服が汗と精液まみれになっちゃってたから、お偉い様方から新しい服を頂きましたぁ〜(^o^)☆
「今夜、仕上げに彼氏とエッチしておけよ〜♪そうすればデキても彼氏の子になるだろ〜?」
上司の一人がそう言い、お偉い様方も他の上司たちも『うんうん♪』と頷いてました(笑)
『っていうか、それ一番ベタな方法じゃん…♪』なんて思いながら、
「そうですね〜。でもそれじゃあ私だけ損した気分…皆さんからお手当て欲しいなぁ(~o~)♪」
とオネダリ〜☆
そしたら毎月お手当てくれるって〜♪合わせたら300万近いの!ヤッタァ〜(#^o^#)/
ん?…でも毎月って事は…
これからは定期的か、日々ランダムなイベントになるって事?…身体もつかなぁ…
でも毎月3桁入って、しかも気持ちいいなら…まぁ何とかなるかな♪って感じで〜す(^o^)/

あ、この時の結果?アハハ…聞くまでもないでしょぉ〜当然デキちゃったわよ〜☆
あれだけ大勢の男相手に中出しされまくってデキない方が不思議でしょ〜?
まぁ誰の子かは特定出来ないけどね〜♪(笑)

でも表向き、彼氏の子なんでぇ〜ハハハ♪…
だってぇ彼氏にこんな事実があったなんて口が裂けても言えないも〜ん♪
悪いけど…また処置お願〜い…(^v^; )ヾ…今後も…ねっ☆!って感じ?(笑)

ちなみにこの忘年会の後、他の忘年会でも違う相手にお持ち帰りされちゃったしぃ〜
エロオヤジたちともすでに2〜3回楽しんじゃってるしぃ忘年会以降、私は今まで以上、かなりのエロエロ女になっちゃったぁ〜(>v<)!


Re: 忘年会 投稿者:エロおやじ - 2010/06/08(Tue) 18:24:23 No.1095  引用する 
エロすぎる!!何回中絶してるんだろ。最高の女だな

Page: | 1 | 2 |

投稿者 No. 削除キー


h m

- YY-BOARD - icon:MakiMaki
- Antispam Version -