このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

催眠術/Dr リック 人形化させてしまう催眠術 好き好き催眠 催眠レクリエーション 催眠術の知識 催眠術の極意/独身倶楽部 会員募集(独身倶楽部)

独身倶楽部SNSの会員募集中!・・・SNSとは独身者の情報交換の輪+相互扶助+快楽追及・・・会費は無料・・・女性大歓迎・・・今入らなきゃ〜大損!

もっと沢山読みたい人は  こちら にどうぞ。 

*チャットは こちら です。

*強姦魔の部屋は こちら です。   (書庫)   (-)

レイプ体験 告白掲示板 (独身倶楽部)


[ホームに戻る] [新規投稿] [ツリー表示] [トピック表示] [新着順表示] [留意事項] [ワード検索] [管理用]



運命 投稿者:まゆみ - 2012/10/07(Sun) 15:21:14 No.746  引用する 

私は31才の人妻です。結婚して3年、優しい35才の旦那と2人でマンションで暮らしています。子供が欲しいのですがまだ、授かりません。
共働きですが、旦那の方は出張が多くて月に半分以上は家を開けています。

その日も旦那は出張中で、私は会社の帰りに一人で外で夕飯を食べて家に帰る途中でした。夜の9時は過ぎていたと思います。まだ残暑が残っていて蒸し暑い夜でした。

私の家は山手に立っているマンションなんですが、ちょっとメインの通りから奥の にありバスを降りてマンションまで7〜8分歩くんです。
私はバスを降りて一人で歩いていると、道路に一台のワゴン車が歩道に半分くらい乗り上げて駐車していました。

ちょっと邪魔だなぁ・・なんて思いながら、歩道側を歩いて車を通り過ぎようとしました。 そしてちょうど私が車にさしかかった時です。
突然車のドアが開き、私は腕を引っ張られると、そのまま車の中に引きずり込まれました。

びっくりして大声を上げようとしましたが、あせって声が裏返ってしまいました。
その隙に、私は口を押さえられ、両手も頭の上でしっかりと押さえつけられました。
そしてカッターを突きつけられ大人しくするように言われました。
私はこんな経験は初めてだったので、怖くて身体が固まってしまいました。


でもその一方で、色んな事が頭の中をめぐりました。
強盗?・・そうでもないみたいだわ・・
誘拐?・・私なんか誘拐したって・・・
ひょっとして・・・このまま犯されちゃうの・・・

車の中を見ると男性が4人乗っていました。
みんな笑いながら私を見ています。
でも目が血走っているように見えました。
男性の一人から
「、大人しくしていれば怪我をしないで済むぞ」
って言われました。
私はそのままうなずきました。

ワゴン車の後部座席のシートが倒され、私は真ん中に乗せられました。
私の左右に男性が座りました。
右の男性からスーツの上着を脱がされ、白いブラウスの上から胸を揉まれました。
左の男性からは唇を奪われ、ねっとりと舌で口の中を隅々までなめ回されました。
スカートの中にも手を差し込まれ、あそこやクリにいっぱい刺激をくわえられまし
た。

そして、私の両手はそれぞれの男性のモノを握らされました。
既に、手からはみ出るくらい大きくなっていました。その大きさは半端ではなく旦那の優は2倍はある代物でした。
私は奥手で旦那が最初の男で旦那以外は知りません。

私は目を閉じ、もう何も考えまいと諦めました。
でもそれが間違いだったみたいです。
何も考えていないと、男性達からの刺激だけに神経が集中してしまうんです。
男性達からの刺激に、少しずつでも段々と身体が反応しているのに気が付きました。
それにつれて、私も無意識に男性のモノを握っている手に力が入ります。
私の反応に気が付いたのか、男性達からの愛撫が激しさを増しました。

胸、太腿、耳、口、背中、クリ、あそこ・・・
身体中の感じる部分の全てを責め立てられました。
少しずつ服を剥ぎ取られ、気が付くと全裸にされていました。
私も息遣いが激しくなり、声を漏らさずにはいられなくなりました。

「あっ・・あん・・はぁ・・」
とうとう我慢出来ずに鼻に掛かったような声を漏らしてしまいました。
私が声を漏らすと、男性達は次々にエッチな言葉をぶつけてきます。
淫乱女・・さかりのついた牝犬・・ちんぽ狂い・・

私はそんな風に言われても、何故か心地よい気持ちになる自分が不思議でした。
そして左の男性から腰を浮かされると、指をあそこの奥の方まで深々と入れられ、
一番気持ちのいい部分に何度も繰り返し刺激を受けました。
次の瞬間に、私の頭の中は吹っ飛び大きな悶え声をあげてしまいました。

「あぁぁぁl・・・いい・・・ダメ〜!」

とうとうイカされてしまったんです。
男性達は私の反応に大喜びです。
そして今度は自分達が気持ち良くなる番だと言いました。
私は四つん這いにさせられました。
そして前後からサンドイッチの状態で、口をあそこに同時に挿入されました。
男性達からは同じペースで、そして激しく突き捲くられました。
口とあそこにおチンチンを入れられ、後ろから胸を揉まれ、指でクリを刺激され続
けました。

私は・・・またイキました・・・何度も繰り返しイカされました・・イキ続けまし
た。子宮がビクビクと痙攣をしています。
男性達が何か私を蔑むような事を言っていましたが、私の耳にはもう入りません。
私はただ快楽を貪る牝犬に落とされていました。

男性達もそろそろ限界のようでした。
口の犯している男性のモノが膨らんだかと思った瞬間です・・
喉の奥に精子が放出されました。

「あぁぁぁっぁ・・・ぐぁぁ・・・〜あぁ」
大量の精液が活き良いよく発射されます。男性からは全部飲むように命令されました。
でも、あそこはまだ繰り返し犯され続けてるので全部飲み干す事は出来ず、残った分は口から垂れ流しました。

あそこを犯している男性から声を掛けられました。
「中に出すから、しっかりと受精しろ・・・」
そう言われました。

「中に出さないで、中は許して・・」
と言いましたが、 実は心の中で、中出しを期待している自分に気が付いていました。

あそこに力を入れおチンチンを締め付けました。
私の子宮は精子を欲しがっていました。
男性の動きが止まると、私の身体の中に引っかかるような感触を感じました。
中出しされました。
男性からは、最後の一滴まで私の中に出してやるって言われました。
私も心の中で、いっぱい出してって思っていました。

男性達が交代しました。
運転席と助手席に座っていた男性達が、やっと自分の番だと言って私を犯し始めま
す。
今度はあお向けの状態で、上下から挿入されました。
胸は相変わらず揉みしだかれ、乳首も引っ張られたりして弄ばれます。
私も舌とあそこを使って男性達に奉仕しました。

「ああもう我慢できない・・」
口を犯している男性がそう言うと口からおチンチンを抜きました。
そして私の顔をめがけて精液を放出しました。
鼻と目に精液が掛かりました。凍みて目を開けられませんでした。
それまでは判りませんでしたが、目を閉じていると携帯で写メを撮っている音に気
付きました。
私の恥ずかしい姿、全てを撮られていたんです。
でも・・
「もっと撮って・・もっと虐めて・・」
そう思っていました。

「俺も出すぞ・・・」
もう一人がそう言うと、またたっぷりと私の中に放出しました。
私はまた・・イキました。

その後も一人につき3回ずつ犯されました。
私も繰り返しイカされ続けました。
一生このままでいいと思いました。
旦那も全て捨てて、このまま犯され続けたいと思いました。
4人に性のペットとして飼われたいと思いました。
イカされている最中は本気でそう思っていました

全てが終わり時計を見ると、もう明け方の4時を過ぎていました。
私は裸の上にスーツの上下だけ着て車から降ろされました。
男性達は私に
「気をつけて帰れよ、またな・・」
と言うと車で走って行ってしましました。

私は恥ずかしいので誰にも見つからないように隠れるように家まで帰りました。
家に帰るなりシャワーを浴びて汚された身体を洗いました。
身体中に精子がこびりついていました。
あそこの中を洗うと、男性達のモノがいっぱい出てきました。
その時になって初めて涙が出てきました。

涙が止まりませんでした。
朝まで泣き続けました。

次の日はもちろん会社を休みました。 ベットの上で一日を過ごしました。
でも頭の中は犯された事でいっぱいでした。
考えたくないのに・・・身体が要求しているんです。

オナニーをしました。
犯されている自分を思い出しながらオナニーしました夜になっても止められません。
何回イっても止められないでんす。大きな声を出しました。

「犯して・・犯して・・誰か私を犯してぇ〜!・・・」
私の願いは翌週には叶えられる事になりました。
彼らは携帯で撮った写真を元に私を脅し性の奴隷にしました。
もう、これは運命でしょう。
今では私は彼らのオモチャにされながら生きていくしかないと諦めています。


専務に犯された私 投稿者:レイコ - 2012/02/21(Tue) 10:44:35 No.745  引用する 
私は専務の秘書をしている27才のOLです。
1年前に結婚しましたが子供が出来るまではと秘書の仕事を続けています。
でも、いつも、男の人たちは、私が結婚していることを知っていて誘おうとします。
「人妻」というのは、一つのブランドなのですか?

男の人たちは、若い子が好きだと思っていましたが「人妻」というのは後腐れなく遊べるというそんな気楽さの対象なのですか?
実は私は、54歳の専務と関係を持っています。

専務は、私が結婚しているのを知っていて、私に関係を迫って犯したのです。
私は、仕事で新しいプランを提出することになっていました。自分が中心になるのは初めてで不安だらけだったときに、その隙をつかれたのです。

わらにもすがる思いだった私は、
「相談に乗る」
という声に、疑いもなく出かけ、そしてホテルの一室で犯されてしまいました。
最初は、きちんと仕事の話をしていたのです。でも、専務は必要以上に私の身体に触れ
だんだん妙な動きをするようになりました。

そのイヤらしい動きに、私が堪えきれなくなって立ち上がった時、私は後ろから抱きすくめられていました。私は悲鳴を上げました。

でも、抵抗しようにも腕も動かせず、身体をねじろうと暴れてみても専務の腕に私の身体はしっかりと抱きしめられていました。そして専務は
「仕事、上手くいきたいんだろ。絶対上手くいくようにしてやるぞ」
と言ったのです。

「俺の力がいるな。この書類を完璧にして、口添えしてやってもいいんだぞ」
私は、その言葉の意味を理解したとき、一瞬迷ってしまったのです。どうしよう・・・こんなのいやっ・・でも・・・
私は、本気で抵抗することが出来なくなっていました。

見透かしたように、専務は私の耳を舐め始めました。手は服の中に入ってきて、ブラの上から胸を揉み始めました。気持ち悪い・・・
私は総毛立つ思いでした。ひたすら嫌悪感に堪えるのに懸命でした。
専務の手が、身体中を這い回りました。首の周り、胸、脚・・・その間、専務の舌は私の耳や首をなぶり続け、私はジットリと汗ばんでいました。

服を脱がされ、ブラのカップを剥かれました。とうとう露出させられた私の乳首。
あぁ・・・見られてしまった・・そのショックになったのもつかの間、専務の口に乳首を含まれていました。
口の中で、乳首の先にチロチロと舌が這い回るのが分かりました。

「んんぅっ!いやっ、いやっ!」

叫んで、専務の顔を両手で引き剥がそうとしましたが、私の背中にまで手を回して、強く抱きしめられてしまうと、どうしようもありません。

抱きしめられて、胸を舐められるがままになるしかありませんでした。
私は・・・乳首がとても弱いのです。
自分が弱いと分かっているところを、長い時間愛撫され続けるのは、この場合とても残酷でした。

私は、濡れてきていました。
左右の胸に、代わる代わる舌が巻き付いてきます。舌が乳首の周辺を這い回り、頂上の部分を突つかれ、唇で吸われると、アソコがジーンとしてくるのです。
今まで、夫で覚えた性感が恨めしくなりました。舌に乳首を転がされると、身体がピクンと反応してしまいます。

身体に刺激を受けて、Hな気分が少しずつ、無理矢理高められていくのです。
「あっあっ、ああぁっ」
いつの間にか、イヤらしい声が出ていました。

専務の手が、スカートの中に入ってきて、指をショーツの上からアソコに押しつけました。
「いやっ!やめてっ!」
身体をひねって抵抗しようとしましたが、指は簡単にアソコの溝の部分を探りつけ、グネグネと動いてきました。ヌチュッという音がしました。
「濡れているぞ。レイコ。そんなにイイのか」

勝ち誇ったように私の顔をのぞき込んで、更にアソコをなぶってきます。
ショーツの中に手が入ってきました。一瞬、私は身震いしました。ゾクゾクッとしたものが、身体に伝わってきたのです。

あぁっ・・だめっ・・感じてしまうっ・・
身体をこわばらせて、感じないように頑張るのですが、専務の指はそんな私をあざ笑う
かのように感じるポイントをソフトに探り、刺激してくるのです。
私の、アソコの肉をかき分けて指は動き、かきまぜ、出し入れし、小刻みに震わせ、
私の性感をいとも簡単に呼び起こして、更に高みに押しやるのです。

私の頑張りも、もう限界でした。
私は、専務の肩を掴み、握りしめ、悶えていました。
「あっ、あっ、あっ」
淫らに声が漏れるのも、我慢できなくなっていました。

専務は、私からショーツを抜き去りました。
「ほーら、これがレイコのアソコだ」
そう言って専務は、私の脚を大きく広げ、アソコにむしゃぶりついてきました。

唇が強く押しつけられ、温かい舌が私の部分を割って入って来るのを感じました。
何という快感。強く脚を固定され、激しく舌が私の身体の中を掻き回します。
「ああぁぁぁーっ、あ、あぁぁっ」
私は、かん高く自分でも恥ずかしくなるくらいの声で喘いでいました。
どんどんHな声になっていくのが止められませんでした。
専務の舌は敏感な部分をも探り当て、そこを押しつぶし、吸い付き、私は気も狂わんばかりの声を出していました。

もう、いきそう・・・いきそう・・・いってしまう!!
そう思う間もなく、私はあっという間にイッてしまいました。
でも、専務はやめてくれません。

私の身体を徹底して探るように、奥へ奥へと舌を伸ばして入れ込んで、中を動き回り、
やはり舌を激しく出し入れするのです。
今イッたばかりというのに、私のアソコはすっかり変になっていました。
私はすぐに、専務から与えられる快感の波に飲み込まれてしまっていました。

頭を振り、身体を、腰をくねらせ、淫らに声を出してヨガっていました。
抵抗などとうに忘れていました。舐められれば舐められるだけ、私のアソコは
際限がないかのように濡れていくのです。

「いいぞ。レイコ。お前の反応は最高だ」
専務に恥ずかしくなることを言われ、ピチャピチャと音を立てて吸いたてられ、
そうして、また強烈な感覚が襲ってきて、叫びながらイッてしまいました。
30分から1時間ほどもクンニされ続けたと思います。

何度、専務の舌でイカされたかわかりません。
頭はボーッとして、何も考えられず、放心状態でした。
ただ、身体が時折、ピクッ、ピクッと痙攣するのを感じていました。

そして、専務がゆっくりと入ってきました。
脚を広げられ、アソコに専務のモノが突き立てられるのを感じたとき、全身に電流が走るような感覚に襲われ、思わず身体が跳ねました。

「ああぁぁぁーーーっ、やあぁぁーーーっ、ああーーーーっ」
あまりの感覚に、私は腕を伸ばして専務の胸をついて押しとどめようとしました。
でも、そんな抵抗は何の効き目もなく、腰を強く固定されたまま少しずつ入ってきました。
「いくぞ。レイコ。たっぷり感じさせてやるからな」
ニタニタと専務は、イヤらしく笑いながら私の中に入ってきました。
私は、専務に貫かれていくのを感じながら、身体を駆け巡る強烈な電気にも似た感覚に
身体をのたうち回らせていました。

奥まで完全に入ったとき、私は専務のモノの長さを知りました。
凄く長い・・・・
私のアソコの奥の壁まで届いているのです。数度、ゆっくり出し入れされる度、奥の壁に当たって、強烈な快感となって伝わってくるのです。

夫でこんな感覚を味わったことはありません。全く初めての強い快感に我を忘れました。「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」
私は何かを叫んでいました。
専務のモノが私の中を犯し、出し入れされる度、強烈な快感に身体が跳ね回ります。
そんな私の身体を、専務は押さえつけて、モノを子宮の奥まで打ち込んできました。

「ほーら、ほーら。感じるだろ。たっぷり味わえよ」
深々と何度も貫かれ、子宮の奥まで打ち込まれるのを感じ、跳ねる身体を押さえつけられ、本当に気が狂うかと思うほど声を上げていました。

そして身体の中で、私を犯しているモノから、ビクビクという痙攣が伝わってきたとき
私は完全に汚れてしまったことを感じました。
専務は動きを止めて私に上に被さり、
「よかったぞ。レイコ、最高だったぞ」
と勝手なことを言いました。早く終わって欲しい、そう思っていました。

でも、専務は私を貫いたまま放してくれず、口や耳にキスをしてくるのです。
そして、胸を吸われたとき私の身体はピクンと反応してしまいました。
「感じるのか、レイコ。そんな顔して。」

専務はそう言って、またニタニタと笑い、もっと濃厚に胸を愛撫してきました。
唇を大きく開けて私の胸全体に被せ、唇で胸全体を揉むように動くのです。舌は、私の乳首を捕らえて離さず、絡みついてきます。
そんな刺激が、また、イヤらしい信号になって子宮に届いていくのを感じ
「いや。やめて。もうやめて。おねがい。」

専務を手で押しやろうとしました。でも、専務はそんな私の腕を握り、頭の横のベッドに押しつけて言うんです。
「ほら、こうすると犯されている感じが出て、凄くいいぞ」

犯しといて何を言うんだろうと思うのですが、胸を舐められて吸われるとあまりの
気持ちよさに、吐息が出て身体をくねらせてしまうのです。
「感じているな。そそるなあ。」

専務の思い通りになってしまう私の身体に恨めしくなりながら、胸への愛撫に・・・あぁっ・・感じる・・・すごく・・感じる・・と思い、またイヤらしい声が出てくるのです。私の中で、専務のモノが、また大きさを取り戻していくのが分かりました。

・・・ああっ・・そんなっ・・・
と思いながら、身体は歓びを感じ始めているのです。
専務が動き始め、モノがゆっくりと何度も私の中をえぐるのを感じます。1回1回毎に、深く打ち込まれ、奥の壁にモノが当たります。

・・あぁっ・・たまらない・・・
奥の壁に当たると凄く感じるのです。私は震えていました。
専務のモノが出し入れされる度、グチャグチャとイヤらしい音が部屋に響き私はヨガり続けました。
バンザイした恰好で腕を握られ、胸を吸われて舐め回されながら、アソコを奥までえぐられる快感は、今まで迎えた絶頂感すら超えていました。

ずっとイキっぱなしだったような気すらしています。どうしようもなく、頭を振って悶え、ヨガり続けました。
「レイコ、いい格好だぞ。そんなに感じるか」
と専務が言ったのを覚えています。
でも、私は自分を襲う快感に堪えられなくなっていました。

「あぁぁぁーーっ、あぁぁーーっ」
専務の打ち込みが激しくなり、深々と何度も貫かれる度に電気が身体中を駆け巡り、
そんな感覚にどうしようもなくなり、私は身体を激しく痙攣させてイッてしまいました。
そして、専務も私の中でイキました。
放心している私をそのままに、
「仕事、上手くいきたいだろ。応援してやるよ」
そう言って優しく髪をなぜるのです。

約束通り、専務は私の企画を全面的にバックアップし、実施への運びとなりました。
でも・・私は、それからも専務に何度も関係を迫られています。ホテルに連れて行かれ、一日中狂わされたこともありました。

私はもう会社を辞めようと思っています。
でも、セックスに気が狂いそうになるほど感じてしまう身体になって、私はすぐに濡れてしまうようになってしまいました。身体が、前とは違うのです。
今も、濡れているのです。あのときのことを思い出して・・・。

主人と比べてとても大きなペニスに私ははまっています。子宮の入口を大きなエラでゴリゴリ刺激されると我を忘れ狂ってしまいます。
このまま専務と関係を続けていると、きっと主人では物足りなくなって不平不満の種になるでしょう。そんなことにならい為には早く専務と切れるのが一番だと思っています。
専務からは月に5万円お小遣いを頂いていますが・・・。

主人の子供が出来れば、すぐに辞めることが出来ます。
そうでもなければ辞めても1日中、一人で家の中にいるのは我慢出来ないでしょう。
早く主人の子供を妊娠したいです。


息子にレイプされた私 投稿者:さゆり - 2011/11/25(Fri) 16:46:59 No.744  引用する 

私は43歳の主婦です。優しい主人と高校2年の一人息子と3人で暮らしています。
今年の8月の事です。
私がパートを終えて家に帰ってくると、一人息子の一雄も帰って来ているようで、ジュースは飲み散らかしているし、鞄も放り投げたままです。部屋でガンガンCDを鳴らしているので注意してやろうと2階に上がり息子の部屋のドアを開けました。

すると、息子はベッドに座っており、セーラー服姿の娘さんが息子の股間に顔を埋め、息子のモノを咥えている最中でした。
私はビックリしてすぐにドアを閉めて、階下に降りていったのですが、しばらくして真っ赤な顔をした娘さんが帰って行きました。

その後、バツの悪そうな顔をして息子も降りてきました。
私も恥ずかしかったのですが、親として言わねばなりません。
「あなた一体いくつだと思っているの?まだ17歳でしょう。もっと高校生らしい付き合い方ができないの?もしものことがあったらあの子のご両親に何て言えばいいのよ?まったく恥ずかしい!!」

今から考えれば、あのとき私がキャンキャンまくし立てたのが悪かったのかもしれません。
その後すぐ息子は切れて、私に襲い掛かって来ました。
私の脳裏に一瞬、以前ニュースで見た母親殺しの少年のことがよぎりました。
「殺される!!」
本気でそう思いました。

野球部に入っている息子は逞しい体をしています。その時の息子の力は強かった。しかし、そうではなかったのです。
あろうことか息子は私の服に手をかけ乱暴に脱がせました。
そして逃げようとする私のブラジャーも毟り取って・・・・・。
私はようやく息子が何をしようとしているかを理解しました。

近所に知れたら大変なので声なんて出せませんでした。
ただただ息子の暴力に必死で抵抗するばかりでした。
しかし所詮、女の腕力では本気になった若い息子の力には太刀打ちできません。

あっという間にストッキングも引きちぎられ、丸裸同然にされてしまい、ソファに組み敷かれてしまいました。
「大きなオッパイだよ、母さん。一度触ってみたかったんだ!」
そういいながら息子は私の胸を乱暴に揉みしだき、乳首を口に含んで来ました。

「やめなさい!一雄っ!やめてっ!」

私は必死に抵抗したのですが、逞しい息子にしてみれば、それすら心地よい反応であったのかもしれません。
息子の手がいよいよ私の両足の付け根の部分に伸びてきました。

本当のことを言うと、先ほどの光景を見て私のアソコは幾分湿気を帯びていたと思います。
主人との夫婦生活は月に数度はありますが、熟れた女の体がその程度で満足できるはずもなく、パート先のスパーで社員の方にそれとなくお誘いを受けて、主人や息子に悪いと思いながらも・・・・身体を任せてしまった事も何度かありました。

息子の無骨な指はいきなり私の中に侵入してきました。
「あああああーーーーー!!」
その瞬間痺れるような快感が全身を走ったこともまた事実です。
「駄目・・・!あっ!・・・あ・・だ・・駄目よ!」
私の抵抗は確実に弱くなっていきました。

息子は勝利を確信したのでしょう。
もはや力ずくで私を押さえ込むことも無く、両足を抱えて私のアソコに口を・・・。
息子の舌の感触を身体中でもっとも柔らかい部分に感じた瞬間、またも
「ああああああーーー!!」
と大きな声を漏らしてしまいました。

屈強な男に力ずくで陵辱される・・・・・かつては、そんなシチュエーションを思い浮かべながら激しく指を動かしたこともありましたが、実際に身に降りかかってくるとなるとそんな事は言っていられません。
しかし、私は無理やり犯されているのだ、私の意思で感じているのではないのだ、と思えば思うほど被虐の愉悦が湧き上がってきて、今にも息子の逞しい首に手を回してしまいそうでした。

もう私の頭の中はまっ白でした。
だから、息子の身体がずり上がってきたときも何も意識しませんでした。
すると突然ズンッ!!と太いものが私の中に打ち込まれました。

「あああああーーーー気持ちいいいいいいーーーーー!!!」

もう夢中になって息子にしがみ付いてしまいました。
いつもの主人の物より全然太くて硬い物が出たり入ったりしているんです。

「ああああーーーっ!」

息子は一吠えたかと思うと、ピーンと身体を突っ張らせて私の中にドクドクと放出してしまったのです。
ああ、遂にやってしまった。

一抹の物足りなさを感じながらも、これで良かったんだ、やっと開放される、そう思った瞬間
「あああああああああーーーーーーーー!!!」
息子がまたすごいスピードで突き始めたんです。

「嘘!もうイッタんでしょう?」
と言うと
「まだだ!ぜったい母さんをイカせるんだ!!」
そういいながら息子は汗だくになって挑んできます。

「こんな・・う・うそ・・い・いいいいーーー!!」
私はいつしか本気で感じ始めてしまっていました。
もうイカされるのも時間の問題!
「くそ!母さん!首に手を回して!」
私が息子の言うとおりにすると
「きゃっ!」
息子は私の両足を抱え込んで立ち上がってしまいました。

息子に抱きついたまま持ち上げられて・・・・でもずっぽり入っているんです!大木に留まったセミのよう・・・。
息子はそのまま階段を上り始めたんです。

たぶんベッドのある自分の部屋に向かうつもりなのでしょう。
私は落とされないよう必死にしがみついているのですが、息子が一段上るたびにグサッと子宮の奥まで届いてきてそれだけでイキそうになるのでした。

ようやく息子の部屋に着き、やっとベッドの上に下ろされた、と思ったら息子がまたマッハのスピードで突き始めたんです。
「あああああーーーーーーー!!!」
そこから先はもう覚えていません。

私は生涯で始めて失神というものを経験してしまいました。
気が付くと再び息子がドクドクと私の中に射精し、身体のあちこちにキスをしていました。
私はふらふらと立ち上がり、シャワーを浴びました。
避妊もせずに息子の若い精子を2度も子宮に受けてしまいました。

この後の事を考えると身の震える思いがしました。
ところが息子は浴室の中にまで乱入してきてみたび私を貫いたのです。
壁に手をつかされ、後ろから入れられました。
もう快感はありませんでした。

涙を流しながら息子が射精し終えるのを待ちました。
その日はまるで夢の中にいるような気分のまま食事の用意をし、主人の帰りを待ち、早々に寝てしまいました。

それ以後、息子は、私の体を求めてきません。
あの日浴室で泣いている私に
「ごめんね、ごめんね」
と何度も謝っていた息子・・・。
今ではとても優しくしてくれるんです。

あれから主人に抱かれても息子のことばかり考えています。
またパート先で若いアルバイトの方3人とセックスをしました。
確かに感じるんですが、あの日に感じたつま先まで痺れるような快感ではありません。
もう一度息子としたい・・・。

あの背徳感にもう一度酔い痴れたい・・・。
息子の逞しいペニスでツラ抜かれたい。
この欲求は日に日に大きくなって、もはや私は狂ってしまいそうです。
でも、私から誘うことはできません。
私はどうしたらいいのでしょうか・・・。



教え子に犯されました。 投稿者:香織 - 2011/02/17(Thu) 11:24:13 No.743  引用する 
私は香織、36歳独身で地方にある進学校国語の教師をしています。
20代の頃は学校でもアイドル的に扱ってもらええましたが、30を過ぎたあたりからいろいろなお誘いも少なくなり、今では勝手に堅物女とか仕事命の女というレッテルまで貼られてしまう始末です。

そんな私を久しぶりにときめかせてくれたのが、昨年の夏休みに行われた6年前に送り出した卒業生たちのクラス会でした。
この子達は私が30歳の時に初めて担任を受け持った3年生、当時はまだまだ子どもだった教え子たちも、今ではみんな大人になって見違えるよう、特に女子はみんなきれいに変わっていました。

男子生徒たちも半分以上は就職していましたが、私の隣に座った島崎君は二浪して超関の国立大学に進学したためこの時はまだ3年生でした。
高校生の頃は真面目でおとなしいと言う印象の子でしたが、なぜか気になる子でもありました。

その頃にはなぜ気になるのか気付きませんでしたが、この歳になって隣に座り顔を見て飲みながら話をしているうちに、島崎くんの女性をドキッとさせるような優しい眼差しと聞き心地の良い声が理由であったことに気付きました。

お酒を飲みながら話をしていると先に就職した子たちより考え方も大人だし、何よりその風貌に女性として惹かれるものを感じました。

島崎君は高校か中学の世界史の教師を目指しているとのことで、今後の勉強のことで日を改めて私に相談に乗って欲しいと頼んできました。
私は卒業生からいまだに頼られていることに感激し、深く考える事もなく引き受けると携帯の番号とメールアドレスを交換しました。

翌日、早速島崎君からメールが来ました。
「夏休み中はこちらにいるので、先生の都合のいいときに会ってお話したい」
とのことでしたので、私は今日の今日でなければ、夕方以降ならいつでもかまわないと返信しました。
悲しいかな、夕方まで学校に行く以外することのない毎日を送っていましたので、久しぶりに頼りにされる事がとても嬉しかったんです。
その後すぐに島崎君から折り返しメールが来て、翌々日の夕方に会うことにしました。

当日、朝から私はなんとなくウキウキしていました。
教え子に頼られている事も嬉しかったのですが、若い男の子と出かけるなんて本当に何年ぶりだったので妙に浮かれてしまいました。
ただ気をつけなければいけないのが、この辺は都会とは違い誰かに見付かると変な噂になってしまうことです。

ですから、たとえ疚しいことが無くても人が集まるような場所で会うのは避けなければなりません。
人目の無いところでゆっくりと話ができるような場所、私はいろいろと考えましたがなかなか適当なところが思いつきません。
そこで思い切って私の部屋にすることにしました。

私の住まいは学校のある市の隣の市、兄嫁と折り合いが悪く実家を出て一人暮らしをしています。
若い男の子を部屋に入れることに抵抗はありましたが、島崎君は教え子だしおとなしい子なので大丈夫だろうと思いました。
でも今から考えれば、このことが後に間違いが起こる発端でした。

夕方、なぜか浮かれた気分で国道沿いにあるコンビニの前で島崎君をピックアップして私の部屋に向かいました。
部屋に着くと
「あのぉ・・ボク、お邪魔してもいいんですか?」
という島崎君を部屋に入れて話を始めました。

私もそうでしたが、教師を目指す学生というのは理想が高く正義感が強いものです。
逆に言うと世間知らずのアマちゃんなんですが、そんな島崎君の話を聞いてなんだか自分の若い頃を思い出しました。
話しているうちに夜7時を過ぎてお腹が空いたので夕食にピザをとって二人で食べました。

その後しばらく試験のことやなにやら話をして10時頃送っていきましたが、次の日もいろいろと教えてあげる約束をしました。
ところがお互いに遊び相手がいなかったこともありますが、島崎君とは教師になるための相談だけではなく仲の良い友だちのような関係になり、毎晩のように遊びに来ては音楽を聴いたりビデオを見たりするようになっていました。

立場上私が優位に振舞えると言うのも理由の一つですが、島崎君は従順で無口、男の子なのに安心して接する事ができる弟のような存在だった事が一番の理由でしょう。

しかしいくら真面目でおとなしいと思っていても、やはり島崎君も女に飢えた一人の男でした。
遊びに来るようになってから何度目かの夜、気を許していたわけではないと思うのですが島崎君の態度が徐々に馴れ馴れしくなってきたことに気付いたときには遅かった。

ふとしたことで体同士がぶつかったことがきっかけになり、そのまま島崎君は私を強く抱きしめて押し倒そうとしてきました。
私は突然のことに気が動転しましたが
「やめて!何をする気!?」
と言って島崎君の腕を振り解きました。

それでも島崎君は私に向かって腕を伸ばしながら
「高校のときからずっと先生が好きだったんです・・・それがこんな身近にいる・・だからもう我慢できない・・」
そう言って私を部屋の隅へ追い込むように迫ってきました。
「そんなの嘘よ!絶対に嘘っ!こんなオバサンのことが好きだなんて・・そんなこと信じられない・・」
「嘘じゃないっ!・・」

「違う・・島崎君は女なら誰でもいいからエッチなことをしたいだけなのよ・・嫌・・こっちに来ないで・・」
「そんなことない・・ずっと先生に憧れてたから・・教師になる気になったんです」
「嫌・・やめて・・やっぱり信じられない」
私は後ずさりしながら必死にその場から逃れようとしましたが
「先生が好きなんですっ!」
と飛び掛るように抱きついてくる島崎君に押し倒されてしまいました。

「嫌ぁっ!・・」

大声で叫ぼうとしたけれど、次の瞬間
「今騒ぎを起こしたら私の教師としての人生も島崎君の将来もここで終わってしまう・・」
そんな気持ちが頭をよぎって大きな声を出せなくなりました。
「ねぇ・・今ならまだ間に合うから・・お願い・・離して・・もう止めようよ・・」
私は小声で言いましたが、島崎君は私の言葉を遮るように唇で唇をふさぎました。

「んっ!」
唇を奪われた瞬間、私は目を見開いて島崎君の背中をこぶしで何度も叩きましたが強く抱きしめられながら優しく吸われているうちに頭がボーっとしてきました。
すると島崎君はさらに強く唇を押し付けながら舌を入れてきました。
「んっ・・」
私はそれに応えることはしませんでしたが、島崎君に口の中を舐め回されているうちに口の中にも感じてしまうところがあることを知り、叩いていた手を止めて口づけを受け入れてしまいました。

島崎君は唇を離すと荒い息を吐きながら私の着ている物に手をかけてきました。
「もうやめて、私とキスしたんだから気が済んだでしょう?・・」
しかし、島崎君は無言で着ていたカットソーの中に手を突っ込んできました。
「あっ!ダメ・・止めて・・これは犯罪よ・・」
「私のことが本当に好きならこんなひどいことはできないはずでしょう?」

島崎君はその言葉に少しだけ力を緩めましたが、私が逃げようとするとすぐに力を入れて抑え付けてきました。
そして
「好きだから自分だけのものにしたいんです」
と言って私の体をまさぐり始めました。
「お願いだから止めて・・」
私は何度も言いましたが島崎君は私の体を触ることに必死で全く耳を貸そうともしませんでした。

「あっ!だめっ!」
それまでブラジャーの上から胸を触っていた島崎君の手がブラジャーの中に入ってきました。
「嫌っ!・・触らないで・・」
島崎君はブラジャーをめくり上げておっぱいを剥き出しにすると厭らしく揉んだり乳首を弄ったりし始めました。

そして上に着ていたカットソーを捲り上げて胸をあらわにすると乳首に吸い付いてきました。
「止めて・・お願いだからもう許して・・」
でも島崎君は止めるどことか私の乳首をしつこく吸ったり舐めたりするばかりで一向に止める気配などありません。
それどころか乳首を吸いながら下半身にまでに手を伸ばして、私の穿いていたクロップドパンツのスナップをはずしてファスナーを下ろすと手を突っ込んできました。

「あぁっ!・・だめっ・・だめだめ・・止めてーっ!」

私は拳を握って島崎君の背中や腕を何度も叩いて抵抗しましたが男の子の力には勝てるはずもなく、島崎君の手はとうとう私のアソコを捕らえました。
私は足をピッタリと閉じて手が入ってこないようにしましたが、強い力でこじ開けられて押さえつけられると二度と閉じることはできませんでした。

島崎君は私のアソコを無理矢理こじ開けようとして指先を動かしました。
「痛いっ!・・もう止めて・・」
私が涙目になって痛がる様を見てようやく島崎君は力を抜きました。
これでもう止めてくれる、そう思った私が甘かった。
島崎君は指に唾をたっぷり付けると、再びパンティーの中に手を突っ込んでアソコを触り始めました。

「ひぃっ!・・」

もちろん脚を閉じましたが脚を閉じると逆に痛いので、自分の意思とは逆に体の反射で脚が開いてしまいます。
島崎君はそこを容赦なく触ってきました。
嫌でも感じていなくても指で刺激されれば悲しいかな濡れてしまうのが女の体、そして濡れて来れば自然と男性を受け入れる体制になってきます。

やがて自分でも濡れているのがわかるほどの状態になり、そこに島崎くんの指が入ってきました。
「うっ!・・」
私がオナニーをするときのように、多分中指か人差指を入れてかき回すように動かしながら親指の腹でクリトリスを刺激する島崎君、その刺激に思わず体に力が入ってしまいました。

そして島崎君が指を動かすたびに恥ずかしい音が聞こえてくると、私は自分の意思とは反対に体の力を抜いて島崎君に身を任せてしまいました。
私が思わず声を漏らしそうになると、まるでそれを抑えるように唇で唇を塞ぐ島崎君。
抵抗しなきゃ、やめさせなきゃ、頭ではそう思っていても体は数年ぶりに男の人の手から受ける快感に喜んで反応してしまう。

島崎君の唇と舌が再び私の体の上を動き回り始めました。
さっきまでは全然感じなかったのに、不思議な事にアソコを刺激され始めると体全体がとても敏感になって、同じ事なのに抑えていても声が漏れてしまうほど感じました。

「もうダメ・・早く終わって欲しい」

私は抵抗する事を諦めて、とにかく時間をやり過ごそうと思いました。
でも時間が経つのが異様に遅い、私だけがスローモーションの世界にいるように感じるほど時計の針が進みません。
私は目を閉じて
「早く終わって・・早く明日になって・・」
そればかり祈っていました。

何分くらい経ったかわかりませんが、ついに島崎君が私の脚を開きながら体を重ねてきました。
「やめて・・それだけはだめ・・・お願いだからぁ・・」
私は最後の抵抗の言葉を言いましたが聞いてくれるはずもありません。
島崎君は私の体を押さえつけるようにしながら、迷うことなく男性自身を突き入れてきました。


「いやぁぁっ!・・・・」


いくら指で緩められ濡れていても数年ぶりに受け入れた男性自身です、その衝撃は驚くほどのものでした。
教え子に犯されてしまった、それは教師としてあってはいけないことだと頭ではわかっているし、もちろんそれに対して抵抗感や屈辱感もあるのに、私の肉体は数年ぶりに男性から与えられた甘い衝撃に歓喜の声を上げ始めました。

私のお腹の中を島崎君の男性自身が暴れまわり、そして激しく突き上げてくると私はいつの間にか突き放そうとして突っ張っていたはず腕を島崎君の体に巻きつけるように回し、しっかりとしがみついて女の声を上げていました。

時間の感覚も視覚も聴覚も狂ってしまった私の意識が遠のきかけた時でした。
島崎君の腰の動きが一段と激しくなりかすかにうめき声が聞こえたかと思った瞬間、私のお腹の中に熱い刺激を感じました。

「えっ?・・あっ!・・だめぇ〜っ!」

感じてから叫んでも手遅れ、島崎君の放った精液が私のアソコの中を満たして行きました。

「ひどい・・信じていたのに・・ひどいじゃないの・・・」
私は島崎君から顔を背けて泣きながら呟くように吐き捨てた記憶があります。
島崎君は何も言わず私を抱きしめたりキスしたりしましたが、私はそれに対して何の反応もしませんでした。
島崎君が私から離れると私は寝返りを打つように島崎君に背を向けて
「帰って・・もう二度と顔を見せないで・・」
そう言って体を丸めました。

島崎君は興奮から冷めて事の重大さに気付いたのか、私に向かって何度も謝りながらどれほど私のことが好きだったのか話をしていましたが、この時の私はそんなことを聞いている心の余裕などありませんでした。

私は島崎君に向かって
「そんなこと聞きたくない・・とにかく帰って・・もう来ないで・・」
とだけ言ってベッドにもぐりこみました。
でも島崎君は私の部屋に居座ったまま、そして帰るどころかさっきまであれだけ謝っていたにもかかわらず再び私の体を求めて襲い掛かってきました。

無理矢理仰向けにされ体中を弄くられ、そして男性自身で何度も突き上げられ・・・でも、私にはそれに抵抗する気力も体力もなく、無抵抗の抵抗ではありませんが島崎君がことに及んでいる間は無表情、無反応を貫きました。
島崎君が私を開放して部屋から出て行った頃には空が薄明るくなりかけていました。

島崎君が帰ったあと、私は何とか気を取り直してお風呂に入り島崎君に汚された体を清めましたが、シャワールームの鏡に自分を写して見ると、胸や首筋に島崎君がつけたキスマークがいくつも残っていました。

島崎君が私の中に放った精液を洗い流すためにシャワ−を当てながら掻き出そうと指を入れると、中からドロッとしたものがたくさん溢れ出てきました。
私はそれが出てこなくなるまで泣きながら洗い流しました。

そのあとベッドに入りましたが、うとうとしては島崎君に犯された時のことを夢に見て目が覚めるのを繰り返してなかなか熟睡できませんでした。

その日は休日のため、お昼近くに目を覚ますと携帯にメール着信のサインが付いていたので開いてみました。
メールは島崎君からだったので、読もうかどうしようか迷いましたが勇気を出して読んでみると前夜のことに触れて

「先生はもう俺のものだよね、今夜も行くからいつものところまで迎えに来て」
と書いてありました。
「あなたのしたことは、例えどんな理由があるにせよ女の私にとっては殺されたにも等しいことです。」
と言う返事を送りました。

その日は何もする気が起こらず食欲もなく一日中ベッドで臥せってしましたが、日も暮れた頃携帯からメール着信音が聞こえました。
メールは島崎君からでした。

溜息をつきながら嫌々開いてみると
「なにしてるの?早く迎えに来いよ」
とだけ書かれていました。
不思議なものです。

拒否することだってできたはずなのに、不思議なことに私はメールに書かれていた通り島崎君を迎えに行ってしまいました。

島崎君を部屋に上げると案の定私の体を求めてきました。
私はもう人形と同じでした。
前夜と同じように島崎君に明け方まで犯されても抵抗する気力も何も起こらない、体は感じても心は全く感じないセックスが終わるまで、ただじっとしている事しかできませんでした。

明け方になり満足顔の島崎君が
「俺は明日大学に戻るけど休みになったらまた来るから、たまにはメールするよ」
と言い残して私の前から去りました。

その後何度かメールが来ましたが、私は気の無い返事をするのが精一杯でした。
冬休み、島崎君は言葉どおりこちらに戻ってくると、連日のように私の部屋に押しかけてきては抜け殻同然の私を相手に自分の性欲を満たして帰ることを繰り返しました。

私は目を瞑って島崎君が通り過ぎていくのを待っているだけでしたが、1月と2月、普通ならば月初にあるはずの生理が来ません。
私はその事実が怖くて未だに病院にも行けない。
もし妊娠していたら・・・もう生きていけないかもしれません。


母をレイプ 投稿者:かずお - 2010/12/23(Thu) 09:15:11 No.742  引用する 
高校2年のかずおです。高校では水泳部に入って、そこそこ楽しんでいます。
父親は北海道に単身赴任していて41歳の母と2人で暮らしています。
母は公務員で近くの市役所に勤めています。

去年の8月のことです。
水泳部の部活から帰宅するとクーラーもつけず、暑い、暑いと母親がキャミソール一枚で、団扇をあおいでリビングでテレビを見ながら休んでいました。

僕を見つけると、
「あっ、おかえり暑いねぇ〜ふぅ・・・」
とバタバタいわせていました。
薄いブルーのキャミの下はノーブラで乳首まではっきり見えるのです。

「下着くらいつけろよ!」
僕がそう言うと、母親は
「えぇ〜、だって暑いんだもん・・・ハッ・・・あんた何に見ていんのよ」
「乳首全開だよ」
団扇をあおぐたび揺れる母親の真っ白な巨乳に僕の息子は、元気になってしまった。

「別にいいわよ、息子なんだから・・・」
僕は膝立ちになって
「僕も一応、男だし子供じゃないのだ」
と言うと母親は僕の股間に目を向け
「いやだぁ〜あんた、お母さんで大きくしちゃったの?」

とからかわれたので
「ウルセェッ」
と言って襲いかかり母親を丸裸にし、僕も服を脱ぎ目の前に仁王立ちしました。

向き直った母親は、
「かずお・・・えっ?・・何?・・なんなのよそれっ!!」
母はいきり立った、僕の20センチ砲を凝視し固まった。
僕の巨砲は水泳部の中でも大きいほうで自慢の息子なんです。

僕はビンタをかまし、一気に母親に襲い掛かかりました。
激しく抵抗し僕の顔にビンタをしたが往復ビンタを見舞って、床に羽交い絞めにしました。なおも抵抗しようとするので、腕をねじり上げ大人しくするように言うと、
「イ・・・イタイ・・・やめて、かずお・・・大人しくするから・・・」

僕は、息子を握らせ、ディープキスをしながら、あそこに指をつっこんだ。
少し緩めのオマンコはすぐに愛液をしたたり出してグチョ、グチョといやらしい音を立て始めたのです。
母親は、鼻を鳴らし身をよじらせ始めました。
次に、フェラをさせると上目遣いで僕を見ながらしゃぶり
「じゅっ、じゅるっ、じゅっ・・・っ、ゲホッ・・・」
と咳き込んでいました。

「何だ、続けろよ、奥まで飲み込めよ」
「こんなおっきいの、苦しくて半分も入んないよォ・・・」

仕方なく僕は、母親をソファに放り投げ、ひっくり返し足を開いて暫くクンニをした後、指を突っ込みあそこをかきまわした。母親は、狂ったように乱れ
「あぁ・・・いい・・ぁぁ・・」
と言いながら二度逝った。
指を抜き、ぐったりした母親の両足を持ち上げ、息子をあてがうと、僕の下腹に手をあて、

「あっ・・・だめっ、かずお・・・それはダメッ・・・」


僕は構わず母親の手を払いのけ、一気に押し込みました。
彼女の膣に比べてゆるゆるですが、僕の20センチ砲はやすやす根元まで収まりました。
「ああぁっ、ダメェェ〜〜〜」
母は顔を背けて暴れていましたが子宮の奥をガンガンついていると苦しそうに
「ハッ・・ハッ、ハアァ〜ッ、だめだよぉ〜かずお、イヤ〜・・・ヤバいよォ〜、マズイよォ〜ねぇ、おねがい、抜いて、ぬいてェ〜・・・」
「もうおせェ〜よ」
と、僕は腰を動かし続けました。

「も、もぅ動いちゃだめェ〜変になっちゃうよォ〜」
と母は叫びながらピクピクと膣が痙攣を始めました。
僕も絶頂感を感じ始め
「んん〜いきそうだぁっ」
「ああぁっ、中はダメッ、中はだめよぉ〜〜」


そんな言葉は、耳に入らず僕は溜まったモノを全部母の膣の中に吐き出しました。
水泳部の練習がきつくて暫くオナニーをしていなかったので大量に溜まっていた精液をドクドクと思いっきり子宮にあびせかけました。
息子を抜くとドロドロと精子が流れ出していました。
泣きながらティッシュで股間を拭う母親にまた欲望がわいてきて襲い掛かったのです。結局、その日は3回母親を犯し続けました。

その夜を境に近頃は毎日のように母とSEXをしまくっています。
今まで寂しい思いをしていた反動なのか近頃は母親の方が毎晩、腰を振って僕の部屋にやってきています。

母も女盛りだし父は単身赴任で欲求不満だったみたいです。
僕がしっかり手入れをしているので母の血色も良くご機嫌も、すこぶるいいです。
これは一種の親孝行かなぁ〜・・・。



高校生の妹 投稿者:あきら - 2010/12/18(Sat) 12:41:38 No.741  引用する 
僕は19歳のフリーターです。高校を卒業しても就職先がなくコンビニでアルバイトをしています。家族は両親と高校1年の妹の4人で暮らしています。
僕には変な趣味があって制服美少女、特にセーラー服系の女の子が好きなのです。

必ずデジカメを持って外出して、可愛い子がいたら写真を撮ります。何人かの子の家を捜し当て、部屋の中や浴室でくつろぐ女の子の姿を眺めたこともあります。
ただ、ストーカーとか、そんなことはしませんでしたし、するつもりもありません。

妹は、今年高校に入ったばかり。中学校はセーラー服だったので、もちろん妹の写真も撮りました。
というか、妹の写真が一番多かったのです。気兼ねせずに撮れますし、眠っている写真も撮りました。キスしたり、胸を揉んだり、股間に頭をうずめたり、僕のモノを握らせたり・・・。でも、一線は越えませんでした。

ただ、心のどこかでは狙っていたのかもしれません。
2週間ほど前の金曜日、両親は親戚の家に用事で泊まりに出かけて、その日は僕と妹のふたりきりになりました。そんなシチュエーションが、一線を越えさせたのかもしれません。

クラブ活動で帰りの遅い妹の部屋にふらりと入って、妹とは言え、年下の女の子の甘い臭いを嗅ぎながら、クローゼットの中の下着を顔にかぶせてベッドで寝転んでいました。
そして下腹部のうずきが我慢できずに、次第に息が荒くなってくるのが分かりました。

思わず裸になり、今度はセーラー服を引っ張り出してベッドに敷き、おもむろに抱きこんで妹の名前を連呼しました。そしてペニスに突き上げてくるものを押さえきれませんでした。
妹のパンティを咥えて吸いながらスカートの中にペニスを突っ込み激しく腰を振る・・・

僕の目の前には、セーラー服姿で痴態を露にした妹の姿がありました。
「何してるの!」
目の前の妹は叫ぶのです・・・
いや、そうではなかった!
妹は、家に帰っていたのです。部屋に入ってきたことも知らずに、僕は自分の世界にどっぷり嵌ってしまって、本物の妹に気が付かなかったのです。

妹は、顔を赤らめて叫びました。
「変態!このバカ兄貴!なにやってるのよ!お父さん達に言いつけるわよ、もう!」
軽蔑しきった妹の顔、兄の威厳もへったくれもありませんでした。妹のベッドでセーラー服を抱いて裸でオナっている変態が、そこにいる訳ですから。

もう、終りだと思いました。どうせ、終わりになるなら・・・・
目の前にいるのは、セーラー服姿の本物の妹。
開き直ってたぶん、こんなことを言ったと思います。
「やっとわかったか、おれは変態だよ」
多分、卑猥な言葉をかけながらだと思いますが、僕は仁王立ちする妹の肩を掴んでベッドに投げ込みました。そして、妹に覆い被さりました。

「やめろ!ばか!誰か!へんたい!もう縁切る!絶対に言いつけてやる!・・・」
半泣きで叫びながら殴りかかって抵抗する妹。
もう、兄妹の関係は終りだ、という気持ちと同時に、必死で抗うひとりのか弱い少女を犯そうとする優越感が、僕の行動を決定的なものにしたのです。

僕は、携帯電話の充電アダプタのコードを妹の首に巻きつけ、大人しくしなければ殺す・・・みたいなことを言ったと思います。
そして、妹の枕元にカッターナイフを突き刺して、もう完全な脅迫状態。
言い様のない嬉しさ、そして、妹に対する今自分がしていることに対する後悔の念。

その時の妹の姿は忘れません。涙を浮かべた目で、僕の顔を、怒りと恐怖と軽蔑と羞恥の眼差しで睨みつける・・・体は抵抗をやめ、しかし、口は暇ある毎に、憎しみともとれる言葉を吐き捨てるのです。

「変態野郎、殺してやる」
声にならない声で呟くのです。不思議なんです。妹から罵られると、余計に興奮してくるのです。もしかしたら、これが強姦の快楽なんでしょうか・・・。
僕は、妹の手足をベッドの端に括り付け、大の字にさせました。

首にはコード。もし妹が騒げば本当に締めていたのかも知れません。そう思うと恐くなります。しかし本能は正直でした。僕は全裸で妹のセーラー服姿を抱きしめ、その感触を楽しみました。夢にまで見た、セーラー服少女をモノにできる瞬間です。
暫く色々していたと思います。記憶にありませんが、恍惚に浸っていたと思います。
そして僕は、カッターナイフを妹の首元にやりました。妹の顔が引き攣ります。

次の瞬間、セーラー服を脱がしスカートも取り除きました。
ブラジャーも一脱がし大きいとは言い難いけれど初々しい乳房が、そして白いパンティが目に入ります。
妹がすすり泣くのがわかります。唇をかみ締め、視線はもう僕を見ようとはしていません。
「警察に言ってやる!」
妹のささやかな抵抗でしょう。
「言えよ」
そう言ったと思います。そしてパンティに目をやると、股間の丘の部分に染みが現れたかと思うとどんどん広がっていくのがわかりました。

もらしているのです。
「チビらすんじゃねえよ」
そういってパンティを脱がしました。妹は毛が余り多くなく、中学生を犯している気分になります。
オシッコが弧を描いて飛び出しました。理性では抵抗しているのでしょうが、体は感じているのです。僕はその液体を口にしました。

妹のオシッコを飲んでいる・・・そう思うと、もう我慢が出来ませんでした。
それから2〜3時間ほど、何をしたのか、本当に思い出せません。
ただ覚えているのは、妹の中に入れたときの強烈に締めつける感じと、痙攣して半開きの目を潤ませる妹の顔。そして
「痛い、痛い」
と泣き叫んでいる妹。

妹の子宮に浴びせた精液。口の中に出し痛がる妹のアナルにも出しました。
・・・でも、アナルに出したかどうかは、覚えていません。
全てが終った時は、ベッドの上に、抜け殻になった妹の姿がありました。
「ごめんな・・・」
そう呟いても、妹は反応を見せませんでした。

覚悟を決めて、部屋を出るとき、背中に弱弱しい、しかしきつい一言が突きつけられました。
「もう、顔、見たくないよ・・・・」
翌日の夕方、両親が帰ってきました。しかし、妹は僕との出来事を親に話した形跡はありませんでした。

僕はほっとしました。
妹が両親に強姦されたことを告白すれば僕はこの家にはいられません。
恐らく勘当されて街に放り出されるのでしょう。そうすればフリーターの給料で生きていくのは無理かも知れないです。

妹に感謝しています。
出来心で妹を犯したことは後悔しても後の祭りです。
今、僕の手元にはオシッコで濡れたパンティが残っています。これをおかずに毎晩のようにオナニーをしています。妹を肴に。

麗子の泣き叫ぶ歪んだ顔。
締まりのいい処女のオマンコ。
コリコリした子宮の感覚を思い浮かべていると激しい快感が襲い、すぐにイってしまいます。妹は口も聞かず目も合わしてくれません。でも時間が経てば全てが解決すると信じています。


瞳の綺麗な女 投稿者:まこと - 2010/12/10(Fri) 09:52:18 No.740  引用する 
僕は不動産屋に勤務している31歳の独身サラリーマンです。
僕には人に言えない趣味がありサービズ業の僕の外見からは想像出来ないことです。
それはレイプなんです。

初めてレイプしたのは高校3年の時でした。
僕は田舎に住んでいたのでレイプするには絶好の場所なんです。帰宅途中のOLを襲いやりたい盛りの僕の欲求を満足させました。

この最初のレイプが簡単に出来たことがそれからの僕の人生を大きく変えていきました。今、31歳ですがこれまでにレイプした女性は両手、両脚の指で数えると足らないほどです。

一番印象に残っているのは美形のコンパニオンを犯した時の話しです。
初めて彼女を見かけたのは、近所のコンビニでした。彼女はファイブミニと、牛乳、あんパンを購入しているところでした。こちらが、吸い込まれてしまいそうな美しい大きな瞳をした髪の長い綺麗な女性でした。

「吸い込まれてしまいそうな目」
僕は、こういう目を持った女がたまらなく好きなのです。
彼女を尾行し、後ろ姿で身長は162から3ぐらいか、スリムな体つき、腰のくびれがそそります。
光沢を放つパンストに包まれた、きゅっと締まった足首、思いっきり舐めたい・・・などと思いながら、彼女のマンションと部屋番号、名前を確認、彼女がエレベーターで8階に昇っていった後、僕もエレベーターに乗ってみました。

香水の残り香が狭い空間に充ちていました。彼女の部屋の前に行き中に入りたい衝動をぐっと堪らえ、その日はとりあえず退散しました。
それ以来、彼女のゴミを漁っては、お目当てのパンティストッキングをゲット、その匂いを嗅いでは楽しみました。

半年ほど彼女の行動を見張り、帰宅時間、マンションの様子など全てをチェックし、勤務先の事務所まで調べ上げたのです。彼女は当時24才、相当な美人なだけあって展示会などのコンパニオンをしている女性でした。

事前にゴミ袋から入手した彼女のスケジュールで、決行予定の6月某日、彼女は新宿の某ビルで行われる展示会にコンパニオンとして参加することがわかっていました。この女のいつもの帰宅時間は19時30分頃・・・。

あらかじめエレベーターで上に昇り、彼女の部屋の前にある非常階段の陰に身を潜め、彼女が帰ってくるのを待ちました。この時間帯はいつも7階、8階の住人は誰も帰宅していないのは調べ済みです。
鞄の中には、バイブ、浣腸器、イチジク浣腸、その他当時思いつく限りのものを取りそろえておいたのはいうまでもありません。

この日は、台風が接近して激しい雨、・・・決行にはもってこいの日和だったのです。
19時30分を回る頃、エレベーターが動きだしました。一度一階に降りてから再び上昇、どんどん上に昇ってきます、・・・5階、・・・6階、・・・7階・・・、心臓がはち切れそうでした。

8階で止まり、ドアの開く気配・・・コツコツというヒールの音とバッグの中から鍵をとりだしている様子、彼女の後ろ姿美しいロングヘアー、黒いヒール、黒のパンスト脚が見えます。
彼女に間違いありません。鍵を差込んでドアを開ける音・・・、 この瞬間しかありませんでした。

部屋の中に入り、絞め落とした彼女をまず抵抗できないように用意してきたロープで後ろ手に縛りました。そしてスカートの中に手を入れて彼女の太股、臀部を揉んで柔らかい肉の感触と黒パンストのナイロンの手触りを楽しみました。
さすがにコンパニオンをしているだけあって均整のとれた、素晴らしい体をしていました。

彼女の股間に指を這わせたとき、パンティとパンストがじっとりと濡れているのに気づいたのです。おそらく、先ほど絞め落としたときに少しばかり失禁してしまったのでしょう。
女が気絶したままではおもしろくないので、頬を平手で何度も強くたたき、背中を小突いたりして目を覚まさせました。

一瞬、女は何が起こったか分からない様子でしたが、僕の顔を見て恐怖に美しい目を大きく見開き、繊細な美しい顔をこわばらせました。
口の中にはゲットした彼女自身が穿いた臭いパンストを突っ込んでありますので声が出せないのですが、くぐもった声で必死に叫んでいます。

そして、・・・ブルブル震えながら涙を流し始めたのです。本当に美しい女でした。僕は彼女の涙を舌で舐めとり、彼女の美しい艶のあるやや茶がかった髪の毛を指に巻き付けてもて遊び、匂いを嗅いでやりました。 

その時の彼女の恐怖と嫌悪で歪んだ顔といったら・・・。
そして、彼女の体を背後から両手でぎゅっと抱きしめて、髪の毛の匂いと柔らかな感触を楽しみました。
いい匂いのするうなじや可愛らしい耳朶をチュウチュウ音をさせて吸ってやると、彼女は全身を硬直させ、美しい顔を涙だらけにし、身をよじって嫌がりました。

さらに女のスカートをまくり上げて尻の肉を揉みしだき、大好きなパンストの感触を楽しみました。パンストの縫い目に沿って指を這わせたり、割れ目をなぞったりしました。
さらに、薄いナイロンの布地越しに、おまんことケツの穴の両方をグリグリと指で抉ってやると彼女は泣き叫び、苦痛に身をよじらせるました。

その苦悶にゆがむ美しいコンパニオン女の表情をたっぷりと悦しみ、いやらしい言葉を投げかけながら、パンスト越しのアナル責めを延々と続けてやったのです。
彼女の若く柔らかい体に恋人のように自分の体を密着させ、涙で濡れた顔に頬ずりしながら・・・。

「僕はパンティストッキングの上から女のケツの穴をほじってやるのが大好きなんだ。今日はおまえのオマンコとケツの穴でたっぷり楽しんでやる、・・・どうだ、感じるか?ウリウリ・・・・オラオラ〜、声出してみろ〜。」

などと、わざと汚い言葉を吐いては、パンスト越しに彼女のアナルに突っこんだ指をL字形に曲げました。そして直腸粘膜にナイロン地を擦り付けるようにうねうねと執拗に動かし、苦痛と恥辱に泣き悶える美しいコンパニオン女をとことんいたぶってやったのです。

「どうだ?感じるか〜?パンストの上からケツの穴をほじられるのはどんな気分だ。何とか言ってみろ・・・。このスケベ女っ、いいざまだぜっ、ウヒヒヒヒ・・・」
ナイロンの薄い繊維を彼女の直腸粘膜にさらにこすりつけながら、肛門に挿入した指をグリグリといっそう乱暴にこね回します。
すると彼女は上体をのけぞらせ、泣きながら悲鳴を上げました。

その弱々しさは僕の加虐趣味をいっそうかき立てるばかりでした。
彼女の泣き声、そして、涙と鼻水にまみれ苦悶に歪む美女の顔・・・腸壁をこそげ取らんばかりにさらに荒々しく指を動かして責め立てている甘美な時間・・・、ナイロンの手ざわり、指を動かすと聞こえるヌチョッヌチョッ、ニチャニチャという淫靡な粘液の音・・・、女の泣き声とうめき声・・・・・・。 

こうしてかれこれ1時間以上もアナル責めを続けてやると、僕も相当汗をかいてしまいました。彼女の方は、脂汗で全身がぐっしょりと濡れ湿り、息も絶え絶えにうめき喘いでいるばかりでした。

そして、恐怖と苦痛、屈辱にグッタリとなった涙にまみれくしゃくしゃになった美女の顔を満喫しました。
ブラジャーをはぎ取って、乳房を鷲掴みにして雑巾を絞るように捻ってやると彼女はものすごい顔になってうめき声を上げ、再び激しく大量に失禁しました。

パンスト姿にした女のスケベな体を揉みしだき、舐め回し、柔らかい肉の感触を堪能しました。そして、いたぶる行為を一通り楽しんだ後、縛ったままの彼女を放置して部屋の中や洗濯機の中、そしてゴミ袋の中を物色したのです。
彼女の使用したまだ洗っていないパンティストッキングを取り出して、彼女の目の前で左右に拡げて股間の部分の匂いを嗅いでやりました。

彼女は目を閉じて、唇をかみしめ泣きじゃくりました。そんな彼女に追い打ちをかけるように言葉でひどく辱めた後、持参した道具や彼女の歯ブラシを女の穴に突っ込んだのです。そして、彼女の嫌がる悲鳴をたっぷりと楽しみました。

それから明け方近くになってアナル、オマンコの両方に僕のギンギンに固くなった肉棒を挿入してやりました。
オマンコに中出しした後、アナルに無理矢理ブチ込んだのです、・・・アナルからチ○ポを引き抜いたとき、彼女の肛門は赤く捲れあがり、一種の脱肛状態でした。

出血した女の肛門に浣腸をブチ込み、最後に仕上げにイチジクを突っ込んでやりました。縛られたまま全身を震わせ、脂汗を垂らしている美女の苦悶の表情をゆっくりと楽しみました。声をかけてからかうと彼女は激しく泣きじゃくります。

女の洋服、スーツをクローゼットから取り出し、ケツの下に敷いてやりました。自分の大切にしている洋服の上に大量に脱糞して泣きじゃくる女のロープをほどき、最後にもう一度アナルを犯したのです。

そしてこの姿を携帯電話で綺麗に写真に収めました。
その日は彼女の下着、パンスト、靴、本人の写っているイベントや撮影会の写真を頂いて撤収しました。

彼女はその後、マンションを引っ越し、事務所も辞めてしまったようです。彼女の写真や、下着やパンスト、引き抜いた数十本の長い髪の毛なんかは、今でも僕の宝物です。
これほどの美女は今までいませんでした。
標準以上の女性を狙ってレイプしていますが、なかなか美女にはお目にかかる機会がないですね。


彼女を犯させた過去 投稿者:たけお - 2010/12/09(Thu) 09:40:23 No.739  引用する 
僕は29歳の妻帯者です。妻(28歳)と1歳の子供がいます。
現在、会社の社宅で親子水入らずで平和に暮らしています。
しかし、今でも時々、思いだして後悔していることがあります。

5年前のことです。
僕はまだ一人身でアパートでの一人暮らしをしていました。
ある夜のことです。行きつけのスナックで飲んだ帰りの話です。
時間はAMの1時頃、実はその日は同僚の先輩、幸子(26歳)と飲みに行っていたのですが、途中に些細な事で喧嘩をして幸子は先に帰ってしまいました。

ところが、スナックのある雑居ビルの階段を降りてみると、帰ったはずの幸子が路地側に縦膝をして階段脇に座っていたのです。
当時、僕は、幸子と肉体関係がありました。それは遠距離恋愛中の彼女と普段会えないことから、欲求が溜まった時の性欲処理の相手として付きあっていたのです。

幸子は、普段から先輩風をふかし、高慢で嫌な女だったのですが、SEXの時には僕のいいなり、あそこの具合もいいので、その面では楽しんでいました。
ただ、本人は、僕の彼女であると勘違いしていたのが誤算でした。

階段を降りてその女が幸子だと確認した時に、僕は戸惑いました。
捨て言葉を吐いて帰ったこいつをどうするべきか・・・。
迷いながら僕は、そのまま彼女の前を通り過ぎました。
幸子は寝ているようですが、膝上の長さであるスカートで縦膝をしている為に、パンツは丸見えになっていました。

その時、僕に少々のイタズラ心が芽生えていたのだと思います。
僕は、ひとつ角を曲がりビルの影から様子を見ることにしました。案の定、他の酔い客が、幸子を見てニヤニヤして行きます。
中には座って介抱する振りをして、幸子のスカートの中をマジマシと見たり、肩を抱きながら胸を触ったりする人もいました。

しかし、幸子は、最初こそ
「大丈夫です」
と言いながら、しつこい人には
「あっちいけ!!」
と大声をあげ、皆
「なんだよ」
と言いながら去っていきました。中には何度も往復する奴もいました。

暫くして、浮浪者みたいなのがきて、彼女のバックを見始めたので、さすがにまずいと思い、幸子の元に歩みました。
幸子は、はじめは文句を言っていましたが、一人で歩けないことがわかったのか、僕の支えで歩くと素直になりました。

しかたなく、その日はホテルに泊ろうと思ったのですが、幸子が泥酔状態とみて続けて2軒断られ、結局タクシーで僕のアパートに連れて帰ることにしました。
しかし、当時はタクシーも中々つかまらないご時世、特に金曜の夜はこの時間でも満車ばかりでした。そのため、駅前に向かい白タクを探しました。

しかし、僕の家の方へ行く車はなく、色々聞いていると割高になるものの、乗せてくれる車がみつかりました。
運転手は、55歳と言っていましたが、気さくなおじさんといった感じの人でした。
「いいなー彼女とこんな時間まで〜」
と、たわいもない話をしていましたが
「おじさんも、若い娘を遊びたいよなー」
と言う言葉に僕は反応してしまいました。

こんな女に苦労している自分へのイライラと、幸子へのうっぷんが抑えきれなくなったのです。こんなことしても、この女は、酔ったときのことを全然覚えてないし・・・・。
そして、この女は、僕の彼女ではないと言うことや、連れて帰るいきさつなどを話したところ、その会話の中で
「俺もパンツみたかったな〜」
と言ったので
「いいですよ、見せても」
といい、幸子が熟睡しているのを確認してから、だらしなく広げている足をより広げてみせました。

次にスカートをまくり、腿をあらわにし
「どうぞ」
というと、運転手は車止めて見てもいい?と言うのでもちろん承諾し、国道から脇へ入り止めました。
そして再度みせたところ、運転手はニヤニヤして見ていましたが、僕は気が付きました。
幸子はガードルを着けていたのです。
僕はいいながら
「脱がせちゃえ」
とガードルを抜こうとしたのですが、パンツがくっついてきてしまい、結局パンツも脱がせて丸出しにしました。

運転手は喜びました。それこそまじまじと幸子の股間をみて
「すごいなー若い娘のなんかみるの久々だし、興奮するなー」
と言っていました。
僕は調子に乗り、ブラウスのボタンを外し、ブラをずらして幸子の乳も見せてあげました。

そうしているうちに僕も興奮してきたのですが、運転手が
「やりたいなー」
と言い出したので
「運賃まけてくれるならいいよ」
と言うと、あっさりOKでした。

でも、僕が最初にやってからと言う条件にしてもらいました。リアシートに仮眠用のタオルケットを引いてもらい始めました。
僕は、妙に興奮し、酔っているのにあっという間に果てました。
しかも中に・・・。

ティッシュで拭いとってから、次は運転手の番でした。
ところが、最初の僕とのHで幸子が若干覚醒していたので、そのことを運転手に言うと、「もうとまらないよ、やらせてくれ」
と言うので僕はいないことにしてもらい、運転手が無理矢理することに決めました。

幸子の様子を見ると、再び寝ていました。
僕は鞄を持ち、100メートル程手前の国道から脇道に入ったところで運転手と待ちあわせを約束しました。

僕は暫くの間、開けたドアから見ていることにしました。
運転手は、ルームライトのみを消し、ズボンを脱いでから、幸子の乳をもみ、乳首を舐め、股間を触りはじめました。

既に僕の体液で滑りやすくなっているあそこは、濡れていやらしい音をたてていました。幸子は、ため息のような声をたて、反応していました。
運転手の背中に手を絡めて感じているようでしたが、運転手がキスをした時に幸子は気が付いたようでした。

なにか、言葉にならないことを言ったかと思うと、体をよじり抵抗をはじめました。
「嫌! 何、なにするの?」
「ダメ、離して〜」

運転手は、興奮しているのか、息づかいは聞こえるものの、無言でした。足を閉じようとする幸子の足首をつかみ、上にあげて開き、パンツの横から勃起したペニスを出して、こじるように挿入しました

そして、幸子の顔を横向きに上から押さえ、もう一つの手で乳首をつまみ、そして尻をもみ、触りまくっていました。あまり長い時間覗きをしていて気づかれると不味いので僕はその場を離れ待ちあわせの場所に向かいました。

時間がどのくらい経ったのか・・・はっきり覚えていないのですが、ライトが見えてきて、車がこっちに走ってきました。しかし運転手は僕を無視してそのまま走り去りました。
僕は、混乱して迷いましたが、運転手がこの一件をばらしてしまったかどうかが気になり、重い足を元の場所に向けました。

幸子は、うつむきながら座り、ブラウスのボタンを直しながら無言でいました。
僕は、思い切って声をかけましたが、幸子は僕がここにいることに驚いている様子でした。
僕は
「どうした?」
と訳の分からない事を言っていたと思います。
「なんでもない」
と幸子は言いましたが、どうして僕がここに?と言うので、本当に知らないのだと思い、「幸子が、知らない男に車に乗せられているのを見て、タクシーで付いてきた」
とデタラメを言いました。

すると
「ありがとう、大丈夫だから」
と幸子は言いましたが、誰がみても、この状態は何があったか分かるものでした。
足元には、自ら精液をぬぐったと思える捨てたハンカチ。
スカートのウエストの部分は裂けていました。

その後、タクシーを捕まえて幸子を連れて僕のアパートに帰りました。
車内で幸子はずっと無言でした。
アパートに入るなり、シャワーを浴び、僕のスウェットを貸しました
が、パンツは履いてないというか、車内に置いたまま放り出されたようでした。

「このことは誰にも話さないから」
と僕が言うと、幸子は泣いていました。
僕は、その時にまた興奮が戻ってきて、泣く幸子をその後抱きました。犯されている幸子を思うと、興奮がとまらず、朝もまた幸子を抱きました。
それからと言うもの幸子は僕に対して前みたいな高飛車で高慢な態度をしなくなり、従順な女になりました。

その日からのSEXは、いつもよりいっそうなすがままで、どんな体位、行為にも応じてくれました。僕も、いつの頃からか、幸子の秘密を握っているという風に思うようになっていたのだと思います。

至るところで幸子にSEXを強要しました。会社のトイレ、終業後の事務所の部長の椅子、屋上・・・通勤の電車での痴漢行為。
カーSEXも、非常停車のエリア、デパートの駐車場、渓谷に行けば、昼から裸に剥いてみたり、映画館、公園の中・・・知らないマンションの踊り場、等々、思いつくところ、行為も色々やらせました。

そんなことをしていたこともあり、中絶も2回しました。
本人も結構感じていて、楽しんでいる様子でした。でも、強姦プレイは本気で嫌がっていました。
あの事から3年後、僕は転勤になり、自然と幸子とは疎遠となり暫くして遠距離の彼女と結婚しました。

今頃、幸子は何をしているのか?
結婚したと風の便りに聞きましたが・・・今の嫁と上手くいったのは、性処理をしてくれた幸子のおかげであることは間違いありません。今となっては、あの事を謝りたい気分です。本人には言えないけど・・・。

しかし、本当に都合の良い女でした。
アナルSEXもカップル喫茶でのプレイも十分に楽しみました。
幸子がいたから僕の青春は充実し楽しかったのです。

私の過去 投稿者:ゆかり - 2010/11/30(Tue) 16:46:47 No.738  引用する 
私は31歳の派遣社員です。
出戻りの身で実家から派遣先の企業に勤務しています。
こんな惨めなことになったのも私の落ち度からなんです。

27歳の時にお見合いパーティーで知り合った東大出のエリート官僚と結婚しました。
彼は私の人柄とチャーミングな笑顔に惹かれたと言っていました。
私は純ミス慶応にもなった経歴があり、体には自信があります。

幸せな結婚生活でしたが3年前に悲劇が起こったのです。
結婚前から体のラインを保つ為にジムに通っていて、結婚初期はなかなか行けませんでした。

別れた夫が夜、家を出るのをなかなか許してもらえなかったのです。でも落ち着いてから行くようになり体も気持ちもリフレッシュできました。
それは、ジム帰りに真面目な夫には内緒でエッチな下着を着けられたからです。
そして結婚前からの習性でオナニーしていました。

夫とはノーマルなエッチが週に1回あればいいほうでした。
悲劇はいつもの様にジム帰りに車の中でオナニーしてからトイレに行きたくなり公園のトイレに行って出た時です。

男の人に立ちふさがれ強引にトイレの中に押し込まれて私のTシャツを捲り上げて頭の上で結ばれ覆面のようにされたのです。そうして身動きできなくしてからパンティーを引き割かれて強引に入れられました。

激しく抵抗をしたのですが、若い屈強な男の力にはかなわなかったのです。
精液を顔にかけられて淫らな姿を携帯で撮られて明日も来るように言われました。
次の日は2人でした。よく見ると高校生??

昨日の姿を見せられ、脅され 今度は2人に犯されました。
泣いて許してって言っても聞いてくれなく、その日も携帯で撮られました。
次も来るように言われましたが行かなかったの。

1週間経ったころ私はなぜかその場所にふらふらと行ってしまったのです。今、考えてもどうしてそうしたのか分かりません。
ノースリーブの白シャツに赤のブラ、ミニの巻きスカートにお気に入りの紐パン。

2人の高校生がいました。
2人は私の車に来て、中に押し入ると私を乱暴に扱い、犯してきたのです。
その日は私も積極的になり、挿入されて突かれて、もう一人の肉棒を銜えていてSEXの快楽を味わっていました。

そんな日々が週に2〜3回。
そして高校生も3人になり、私は犯されて感じてしまう女になっていたのです。
一ヶ月経ったころ生理が来なくて病院で検査したら妊娠していたのです。夫?高校生の誰かの子??

そして3ヶ月目、お腹も目立つようになると高校生は逃げるように去ってしまいました。そしてなぜか流産しました。
夫に今までの事がわかってしまい、離婚されました。

泣いて許しを請いましたが3人にレイプされたことが彼のメンツを傷つけたようです。
今は惨めな派遣社員をしています。
これも私に隙があって彼らを呼び込んだのでしょうか?
毎日、後悔をしながら諦め切れない私がいます。

息子にレイプされた私 投稿者:里美 - 2010/11/27(Sat) 10:50:50 No.737  引用する 
私は39歳の母親です。
我が家は45歳の夫と16歳の息子との3人家族です。
夫は個人で貿易商を営んでおり一年の半分以上は海外を飛び回っていろいろな商品を買い付け、それを国内の顧客に売って生計を立てています。
夫婦仲は円満ですが夫の仕事の関係上夜の生活の方はほとんど無く、それは淋しい思いをしていました。

それでもつい昨年まではどこにでもある平穏な家庭でした。
今でも表向き、いいえ、夫でさえ我が家は平穏な家庭だと信じていることでしょう。
しかし、私にとって今の我が家は極楽であり地獄でもあります。

我が家は都心から電車で1時間ほど離れたベッドタウンにあるマンションです。
何故このマンションを選んだかと言えば、私と息子がピアノを弾くのに適していたからです。
さすがにグランドピアノというわけには行きませんが、床がピアノを置けるように作られていて回り近所に迷惑がかからないように完全防音になっています。

夫も若い頃にバンドをやっていたほどの音楽好きですから即決で決めて入居しました。
週末には友人を交えて演奏したりお酒を飲んだり、楽しい日々が続いていました。
でも、そんな楽しい生活が一転したのは今年の4月でした。

2010年4月24日土曜日、私はこの日を一生忘れることができないでしょう。
この日、私は息子に力ずくで犯されました。
中学生の頃から私の下着をいたずらしたり、体を触ったり、お風呂を覗いたりしていたので注意はしていたのですが、それは私を特定しているのではなく女性に対して向けられた興味だと思っていました。

それが、母親である私に対して向けられていたものだったと気付いたときには、私は夫婦の寝室で息子に組み敷かれていました。
この頃、夫は1ヶ月の予定でドイツへ商品の買い付けに出ていました。
夫が出発して初めての週末、私は大きなベッドで一人ゆったりと寝ていました。

時間ははっきりわかりませんが、寝室に入った時間から考えると多分深夜2時を回った頃だったと思います。
私はぐっすりと眠っていましたが、突然何かに乗っかられた重苦しさと息苦しさに目を覚ましました。

びっくりして目を開けると誰かが私の布団を剥いで上に圧し掛かっていました。
私は今まで味わったことの無い恐怖を感じ手足が固まったように動かなくなりましたが、何とか声を絞り出して

「誰?誰なの?」

と相手に向かって言いました。
「俺だよ、ママ」
その声で相手が息子だとわかり、一瞬ホッとしましたが、次の瞬間それまでとは違った恐怖感が私に襲い掛かってきました。

「え?・・俺だよって・・あなたいったいなにを・・」
まさかとは思いましたが最近私を見る息子の目に、時々ですが何かぞっとするものを感じていましたので息子が何をしに来たのかすぐにわかりました。

そして気付くと、私のパジャマは既にめくり上げられており、乳房がむき出しになっていました。
「バカなことは止めなさい!」
私は大きな声で息子に言いましたが、不思議なことに手足が固まってしまい逃げ出したり突き放したりできません。

息子は私の乳房や乳首を弄ぶように触ったあと、まるで赤ん坊の時のようにチュウチュウと音を立てて吸い始めました。


「いや!止めなさい!止めてー!」


必死に叫ぶ私を無視するかのように乳首を吸ったり舐めたりしていました。
こんなことをされれば嫌でも乳首は硬くなってしまいます。
すると、息子は乳首をつまんで
「ママ、女って感じると乳首が起つんでしょう?ママも感じてるんだ」
と生半可な知識を持ち出して私に言いました。

「違います!触られたりすれば気持ち良くなくてもこうなるんだから」
私は言いましたが、息子は信じようとしません。
それどころか、中学生の頃のガールフレンドの名前まで出して
「あいつは乳首を吸ってやるとおまんこまでヌルヌルになったよ、そこに入れてやるとグッチュグッチュ音が鳴ってた」
と、とんでもないことまで言い出す始末。

息子が中学生の頃、共働き家庭の娘さんの家に入り浸っていたので間違いを起こしては大変と何度も注意しましたが、まさかそんなことまでしていたとは思いませんでしたので、こんな場面にもかかわらず二重にショックを受けました。

息子は私のパジャマを剥がして体中を舐めたり吸ったり噛んだりしていました。
調子に乗った息子は大人の男を気取って母親の私のあごを指先で引き上げてディープキスまでしてきます。
そんなキスをされたり圧し掛かられたりしている息苦しさから私が呻き声を上げると、息子はそれを感じているときに漏らす喘ぎ声だと勘違いしているようで

「ほら、ママだってエッチな声を出すほど感じてるくせに」

と嬉しそうに言いました。
私は何度も違うと言って否定しましたが、この後、まさか本当に喘ぎ声を上げてしまうことになるとは思いませんでした。
息子は私のパジャマのズボンとショーツをまるで剥ぎ取るように一緒に脱がしました。

私は息子を足で蹴ろうと思いましたが、息子に襲われていると言うショックのためか、まるで金縛りにでもあっているかのように手も足も動きません。
息子はそんな私の両足を思い切り開きました。

私は大声で泣き叫びながら止めるように言いましたが、それがかえって息子を昂ぶらせてしまったようです。
それに、自分では全然気付いていなかったのですが、気持ち良い悪いは別として体中を刺激されていたために私のアソコは濡れ始めていました。

息子は私の股の間に顔を埋めるといきなりクンニリングスを始めました。
「止めてー!」
最初の頃こそ息子にこんなことをされることが嫌で叫びましたが、途中からは感じ始めた自分に対して、それを否定したくて叫んでいました。

本当はすごく気持ち良い、でも、それを認めてしまえば私の負けですし、私はこの子の母親でいられなくなります。
私は快感に負けそうになり霞んでくる意識の中で懸命に叫びましたが、言葉とは裏腹に腰を上下させている自分に気付ました。

そして気付いたときにはもう限界でした。
波のように襲い来る快感に負けて思わず漏らしてしまった一言で私は母親という立場を失いました。



「あぁ・・そこ・・いぃ・・」




口に出してしまった後、はっとして息子を見ると勝ち誇ったような表情で私の顔を見ていました。
そしてクンニリングスを止めて私に圧し掛かってきました。
「ダメ!止めて!お願いだから!」
私は必死に動かない体を捩りながら叫びました。
しかし息子の力の前に私の力などあまりにも無力でした。
がっちりと太ももをつかまれて腰を引き付けられると、私はもう諦めるしかありませんでした。

「あぁ・・まさかこの子に・・」
私は息子から顔を逸らして目を瞑るしかありませんでした。
息子は勝ったことを確かめるように威きり起ったペニスを突き入れてきました。




「いやぁー!」





私が息子のとった行動を認めたと思われたくない、私は最後の抵抗の声を上げました。
しかし息子は母親の私を征服したかのように荒い息を吐きながら腰をぐいぐい突き入れてきます。
こうなると女は悲しい生き物です。自分ではいけないと思っても、絶対に感じたりしないと思っても、体は素直に反応してしまい牡を求め始めてしまうのです。

私は私に対してこんな事をした息子よりも、そんな息子にさえ牝の悦びを求めてしまう我が身を恨みました。
善き妻、善き母でありたい、自分はそうだと思い込んできたのに、所詮はただの牝にしか過ぎなかった自分に対して悔しくて情けなくて涙が溢れてきました。

そして声を出して泣きながら翌朝まで果てる事の無い息子の性欲に曝されました。
私の子宮は何度も息子のザーメンを飲み込まされ、心では望んでいない絶頂まで昇らされました。

その夜以来、私は心と体が離れ離れになったような感覚から抜け出す事が出来ません。
毎日のように息子に抱かれている自分に対して、心は気が狂ってしまいそうなくらいの嫌悪感や背徳感に苛まれているというのに、体は息子を欲しがって夫との営みでは味わう事のできないような快感に襲われ何度も上り詰めてしまう。
もうどうして良いのか自分でもわかりません。

Page: | 1 | 2 |

投稿者 No. 削除キー

サンプル画像/VIP ROOM 日本一の珍しい画像の宝庫/2万5千枚 告白掲示板−02/画像付き (独身倶楽部)

アップ

m