当・掲示板は移動しました。 新天地は こちら です。

独身倶楽部SNSの会員募集中!・・・SNSとは独身者の情報交換の輪+相互扶助+快楽追及・・・会費は無料・・・女性大歓迎・・・今入らなきゃ〜損!

総合画像/独身倶楽部 会員募集(独身倶楽部) 催眠術の知識
(ご注意) この掲示板はアダルトも含まれています。 18歳未満のご利用は固くお断り致します。
  -
息子とのSEX
トップページ > 記事閲覧
息子とのSEX
日時: 2006/12/15 14:39
名前: 名無しのゴンベエ

罪深い女 
 私の悩みを皆さんに聞いていただきたいと思います。
私たちの家庭は単身赴任の主人(50歳)と私(45歳)と一人息子(20歳)の親子3人の
家庭です。一見どこにである普通の家庭ですが、実は1年以上前から、息子と私は男女の
関係になっています。

最初のきっかけは、息子の大学受験に付き添って上京し、泊まったホテルでのことでした。
その日は試験も終わり、試験の出来も上々だったということで、ホテル近くのレストラン
での夕食に息子はビールを、私はワインを飲みました。
ホテルに帰りシャワーを浴び、ベッドでテレビを見ながら話していましたが、お互い平生
はあまり飲まないお酒を飲んだせいか、気が緩み、ちょうど見ていたテレビのラブシーン
にも影響され、なんとなく怪しい雰囲気になりました。そうこうしているうちに息子がい
きなり私に抱きついてきました。

私も精一杯抵抗しましが、浴衣一枚しか纏っていませんし、男の力には敵いません。パン
ティを脱がされてからは、息子の意のままにされました。
(しかし、今思えば、もっと抵抗出来たのでは、と思います)
夫とは違い若い息子は一度の放出では、まったく衰えず、夜中まで私の中に4回も放出し
ました、避妊具など持ち合わせていないので、全部中出しでした。

翌日は、お互い殆ど無言で帰途につきました。途中、新幹線の中で「もうこれっきりにし
ましょう」と息子に話し、息子も頷いてくれました。
息子が中学性の頃から、私の下着でオナニーしていることは知っていました。
洗濯機の中のパンティにいつもザーメンを放出しており、丁寧に拭き取ってはいましたが、
跡がくっきり残っていました。

子供が母親や女兄弟の下着でオナニーする。そんな話しは、よく女性週刊誌なんかでも読
んだことがあるし、年頃だから仕方ないことかも思い、あまり真剣に悩んではいませんで
した。しかし母親である私の肉体まで興味を抱いているなんて、思いもかけませんでした。
その後は息子から体を求められることはなく、安心していました。

息子は結局第一志望の地元の公立大学に受かり、東京の私大には行きませでした。
そして、自宅から大学に通うこととなりました。しかし、これが問題の再燃に繋がりまし
た。
さらに悪いことは重なるもので、息子が大学に入ると同時に夫が転勤になり、福岡に単身
赴任しました。
再び、関係が始まったのは、ゴールデンウィークが終わって、夫が福岡に帰った直後でし
た。

夜中に息子がいきなり寝室に入ってきて、東京のホテルの時みたいに、再び揉み合いにな
りましたが、結局は男の力には勝てず、息子の固くて反り返ったものを差し込まれてしま
いました。その夜は結局、一晩中回数を忘れるくらい、体を貫かれ朝方開放されました。
夫がいないのをいいことに、その夜から息子は、毎夜私に迫ってくるようになりました。
若い時とは違い、この何年かは夫から、あまり頻繁に求められることはなく(二ヶ月に一
度くらい)、SEXに関する興味も失いかけていたのですが、若い息子に毎夜迫られるうち
に次第に体も反応するようになり、態度にこそ現しませんが、いつしか息子が寝室に来る
のを心待ちにするようになっていきました。

ベッドに入る前、少しルージュをひく程度ですが、薄化粧もするようになり、自分の体の
変化と「このままではいけない」という心の葛藤が続いていました。
しかし、家には息子と私しかおらず、夜は男女関係を続けながらも、昼間は次第に昔みた
いに、普通に親子の会話をしたりするようにもなっていきました。
しかし、その頃から子供が慣れ慣れしくなり、昼間でもキスを迫ってきたり、私の体を触
ってくるようになり、次第にエスカレートし、やがて昼間の明るい家の中でも交わるよう
になりました。

もうここまでくると、夫婦も同然です。女って悲しい動物です。若い息子のはち切れそう
な気張ったもので貫かれると、いけないと思いながらも体は勝手に反応し、まるで若い娘
のように股間を濡らしてしまい。リビングの絨毯が変色するくらい、愛液を漏らしてしま
います。
授業の始まりが遅い日や、休日などは朝から迫ってきます。
朝、私が台所で片付けなどをしていると、遅く起きた息子がパジャマ姿のまま私の背後か
ら手を回し、エプロンの上から垂れてはいるものの、Dカップのオッパイを揉み始めます。
最初頃は手を振り払ったりもしてましたが、最近はそういう抵抗もしなくなり、息子に蹂
躙されるままになりました。

息子は、私の大きなお尻やパンティが好きみたいで、ひとしきり、オッパイを触った後は
必ず背後からスカートをめくり、パンティの上から私の大きなお尻に顔をグイグイ押し付
けてきます。
私は恥ずかしさに両腿をギュッと寄せますが、そうすると恥部からジューと愛液が溢れて
しまいます。
息子はパンティのクロッチ脇から指を入れ、愛液で濡れた恥部を触りながら、
「ママって感じやすいんだね、スケベなんだね」
と囁きます。

私は、そういう言葉のいたぶりに弱く、ますます濡れてきます。
最近、息子も私のそういう癖を見抜いたみたいで、しきりと恥ずかしい言葉で責めてきま
す。
そうこうしているうちに、昨年の秋頃から親子という立場から、SEXに関しては色々と息
子から命令されるこが多くなり、立場が逆転していきました。
そんな時のことです、ある日宅急便で荷物が届けられました。送り主は下着通販のセシー
ルになっていました。注文した覚えはないのにと思いつつ、開いてみると、なんと色とり
どりのパンティが5枚も入っていました。
黒のスケスケのレースのもの、前布は申しわけ程度の大きさしかない紐パンティ、他にも
買ったこともないような、真っ赤なTバックだとか、とても私の年齢とは不釣り合いなH
なものばかりです。とても近所のスーパーなどでは、恥ずかしくて買えないような代物ば
かりでした。

帰宅した息子に聞くと、やっぱり息子がインターネット通販で注文したものらしく、それ
を私に穿けって言うんです。
それも、夜、ベッドの中ではなく昼間の日中に穿けっていうのです。息子の要求には逆ら
えず、仕方なく年甲斐もない下着を穿くようになりました。その後も時々、似たような下
着が通販で届けられ、今では私の箪笥の中は、これらH系のパンティで埋まっております。

これらの下着は近所の手前ベランダに干すわけにもいかず、いつも室内干しにして、近所
の主婦仲間に気づかれないように注意してます。
主人が二月に一度くらい帰ってきますが、やはり注意する必要があるので、その時はダン
ボールに収め、物置に置いております。
最近、息子の要求がエスカレートしてきており、春先頃はそういうH系パンティを穿かせ
ての外出や買い物(もちろん息子も同伴です)でしたが、最近は外が凄く暑くなったのも
あり、薄着になりましたが、先週の日曜日とうとうノーパンで外出させられました。

ストッキングはパンティストッキングではなく、昔スタイルの左右別々のもので、ガータ
ベルトで止めます。従って私に股間を覆っているものはなにもありません。
近所の大型スーパーに寄った際、息子が映画が見たいというのでスーパー内のシネコンの
一つに入りましたが、息子は私がノーパンなのをいいことに、映画の間中スカートの中に
手を入れて、私の恥部をまさぐっていました、私も映画館の中という環境に最初こそ緊張
していましたが、次第に慣れると同時に感じまくり、息子の手だけで、何度も登りつめ喘
いでしまいました。

息子も凄く感じたらしく、家に帰り玄関を閉めると同時にいきなり求めてきました。玄関
で服を着たままスカートを捲られ、息子のこれ以上ない固いものを差し込まれました。
玄関ドアの鍵は閉めてはいたものの、玄関で母と息子が交わるという異常な状況に、私も
息子も、これまで経験したことがないくらい興奮しました。
以前はさすがに、主人が帰ってきているときは息子も遠慮してくれていましたが、最近は
主人がいても、主人から見えない場所でキスしてきたり、スカートの中に手を入れてきた
り、時はファスナーを下ろし、気張ったものを出し、フェラチオをさせます。仕方なく簡
単に相手をするのですが、主人に気づかれるのではとドキドキしていまいます。

主人にばれると、本当に家庭が崩壊してしまいます。つい先週の7月初めに主人が帰って
いた時も、こんなことがありました。
私は流しの前に立ち夕食の支度をしていました。主人は食卓テーブルの向こう側にあるリ
ビングのソファに座りテレビを見ていました。
我が家は対面式キッチンになっており、主人からは私の下半身が見えない仕組みになって
おります。

二階から降りてきた息子は冷蔵庫を開けて、ウーロン茶を飲む振りをしながら、いきなり
私のワンピースのスカートを捲ってきたのです。そしてパンティを少し下げ、お尻を撫で
まわすのです。私が主人に気づかれるのでは思い、主人の方へ目をやると、主人は私達親
子に背を向け、ゴルフ中継を見ています。
息子は調子に乗り、ズボンのファスナーを下ろし、すでに十分硬くなったものを取出し、
私の手をとり、握らせようとするのです。私は少し拒否したのですが、息子が力を弱めな
いものだから、仕方なく息子の怒張を握り、いつものように少しだけ握た手を上下させま
した。

そして、小声で「もう、これで許して」と言うと、やっと私から離れていきました。
息子がいった後、スカートの中で下がったままのパンティを持ち上げながら、思わず涙で
目が曇ってしまいました。
もう完全に息子の奴隷になってしまった私です。主人への背徳心が心を締め付けますが、
あの息子の固い怒張で貫かれる瞬間の、なんとも言えない甘美な快感のエクスタシーから
は離れられそうもありません。本当に罪深い女です。

メンテ

Page: 1 |

Re: 息子とのSEX ( No.1 )
日時: 2006/12/15 14:39
名前: 名無しのゴンベエ

私の息子は今年の夏で15歳になりました。
生まれつき弱視でしたから、中学生になる頃には養護施設に預け、同じような
境遇の人との集団生活に入ったのです。
主人とは息子が小学校に入学し、弱視が分かった時に離婚しましたが、養育費
は貰ってますから、その点は助かってます。

ある時、施設の寮長から電話がありまして、その内容に私は驚愕したのですが、
思えば年頃なので無理からぬことでした。
それは息子がトイレに行ったきりなかなか戻らないので、仲間の通報で介護師
が駆けつけたら、トイレの中で自分の性器を勃起させたまま、いじっていたそ
うです。その電話を受けた私は、思わず赤面してしまいましたが、親子でよく
話し合いをする為、三日間ほど一時帰宅が決まりました。

当日は車で向かえに行き、息子の手を取って郊外のレストランで昼食を摂り、
久々に親子で楽しい時間を持ったわけです。
ただ、私はなかなか施設で起こした息子の行為について、話を切り出す事も出
来ず、とにかく家に戻ってからゆっくり話し合う事にしました。そして夜を迎
え夕食を済ませると、勇気を出して私はその事に触れたのです。息子は黙った
まま答えませんでした。数分してやっと重い口を開くと、毎日のようにトイレ
で自慰行為をしているし、自分でも切ないほど勃起が続き、苦しくて仕方ない
と切々と訴えるのです。
私は下を向いたまま淡々と告白する、そんな息子の気持ちを思った時、母性本
能と言うのでしょうか、咄嗟に息子の手を取ると自分の方へ引き寄せました。

驚いた様な顔をした息子でしたが、私がとにかく黙って言うとおりにしなさい
と言い含めると頷いたし、それを見た時、母親として覚悟したのです。
このままじゃいけない、とにかく施設でこれ以上皆に迷惑や羞恥を晒すようで
は、息子より周りの人に申し訳ない。それなら私が一時でも息子の相手をし、
女というものを知らせた方が今後の為ではないのか?そう判断しました。
いつまでも自慰行為を繰り返すより、思春期ゆえに本当の女性の身体を知る
事で新しい自覚に目覚めるかも知れない。それが今後の施設内での男として
の行動の自制に繋がれば・・・とそんな希望を抱いたのです。

私は息子に聞きました。お母さんがあなたに男としての幸せを教えるけど、
いいの?と。
息子は初め訳がわからないようでしたが、私が息子の手を乳房に当てた瞬間、
その意味理解したようです。
戸締りし、お風呂を沸かすと、私は息子の手を引いてバスルームへと向かい
ました。息子から全裸にして中に入れ、私も後から続き息子の前に座りまし
た。強度な弱視ですから顔を付けるようにして息子は私の乳房を見つめます。
そっと手を伸ばしそれに触れると、まだ小さかった性器はあっという間に大
きく天を突きました。

次第に呼吸を荒げ始め、今度は自分から私の股間に手を伸ばしましたが、一
旦私はそれを止めてまずは湯船に入り、それから身体を洗って上げと言った
のです。渋々承知した様でしたが、数分かけて一通り身体や頭を洗い終える
と、息子は我慢できないと口走って私を後ろから抱きしめ、乳房を掴んでそ
のまま私をタイルの上にゆっくりと押し倒しました。
私は息子のなすがままでしたし、乳房から股間へと伸ばした手がスッーと膣
の中に吸い込まれた時も、自由にさせていました。腰を上げてという言葉に
従い、私は腹ばいのまま腰を持上げると、息子は顔をつけて舌を使って何分
もなめ続けたのです。

もう私の膣からは液が溢れきっていたと思います。ピチャピチャと音を立て
てそれをすい続けた息子は、今度は自分のものを口にして欲しいとの要求に
移りました。
私はのどの奥まで当たりそうな息子の性器を、自分なりに精一杯奉仕の気持
ちで舐めたり吸ったりを続けたのです。若さからか、口に含んで一分もたた
ずに大量の精液を吐き出しましたが、そのまま萎縮もせず屹立した状態で、
今度はマットの上に私が寝転び息子が上に重なると、濡れきった膣の中にぐ
っと押し込まれました。何年かぶりに味わう満たされた感覚に震えました。

これは女性でしか分からないものでしょう。
息子は初めて知った女の身体に夢中でした。激しく突き上げると気持ちいい
を連発し、私の腰の下に手を入れて腰を浮かせ、そのまま子宮に当たる強い
挿入を繰り返すと、やがて一言うめいて私の中に自分の欲望のすべてを吐き
出したのです。

その後は互いに身体を洗い、部屋に戻ってからも執拗な息子の性欲は留まる
ことを知りませんでした。結局朝方近くまで付き合わされ、その日はパート
を休むしかなかった程でした。でも息子は女の体を知ったことで精神的に落
ち着いと私に名言したし、施設に戻っても今までと違って今度は自分をセー
ブできる自信もついたといってくれました。 
禁断の一線を超えた事実はもう覆りません。しかし、私は後悔していないし、
月に一度の外泊許可の時も息子を迎えに行き、そのままホテルに泊まる事も
あります。

身障者の性は深刻な問題ですし、健常者には理解できないものがあると思え
ます。この事実がいいか悪いかの社会論議は別として人間である以上、出来
る事はしてあげたい。それが今の私の正直な考えです。
メンテ
Re: 息子とのSEX ( No.2 )
日時: 2006/12/15 14:40
名前: 名無しのゴンベエ

私の主人は62才で脳溢血で亡くなりました。その時私は現在52才。息子は独身の28才でした
。その息子とは主人が亡くなるその1年前くらいから、男と女の関係になっていました。き
っかけは単純なものでした。主人が留守のある夜、2人でテレビを見ていました。その時か
なり激しいベッドシーンが映りました。それを見ていてなんとなく気まずい雰囲気が生まれ
ていました。

そしてその沈黙をやぶろうとして、2人同時に声をかけあってしまいました。
そしてお互いの目と目が会ってしまったのです。その時すでに私にはそんな予感が走ってい
ました。そのベッドシーンに刺激を受けてもいましたし、彼に男も感じていましたから・・
。息子も同じ気持になったようです。
目の前に女の私がいたのです。後で聞いた事ですが、息子も私にその時女を感じたそうです
。気が付くと私は彼に抱かれていました。そのテレビの前で。確か息子が誘ってきたと思い
ます。そして私はそれに応じてしまっていました。その時の感情だけで。「なんて事を!」
そう思った時は遅かったのでした。もう引き返せないとこまで行っていました。

息子の熱い息吹が、私の身体の中に注がれていました。取り返しのつかない事をしたと思い
ました。でも息子は違いました。その後に彼に告白されました。私を愛していると
結局その後もいろいろありましたが、私は息子の愛を受け入れました。
私にそれを決意させた理由の1つには、多分に彼とのセックスにあったと思っています。初
めての関係から日もたたぬ3日目には、再び彼と交わっておりました。主人の出掛けた後の
、私達夫婦の寝室にあたる部屋で。

アッと言う間の事でした。部屋に押しかけて来るや否や、私をベッドの上に押し付け、素早
く私を脱がしにかかりました。
「ヤメテ・・いけないわ・・こんな事しちゃいけない・・」
そう言って抵抗しましたが、無駄な事でした。所詮敵う訳もなく私は再び彼に抱かれました
。本格的な交わりとなりました。
主人とはもう没交渉でした。当に女でなくなっていた私が、彼との本格的なセックスに再び
女を取りもどしていました。忘れていた快感が身体を包み込みました。

だらしなく両足を広げ、彼のピストン運動を受け止めていました。
必死に声を殺し耐えていましたが、遂にこらえ切れなくなり、喘ぎ声と共に
彼の身体の腕を廻してしまいました。
その日初めて彼と1日中してしまいました。全裸になった私がベッドの上で彼に抱かれたの
はその日が最初でした。その日から私は息子の女になりました。主人には絶対に知られない
様に細心の注意を払いました。

家の中での行為はやめました。息子とは外で逢う様にしました。
週に1度では私が満足出来ませんでした。火曜と金曜の夜に待ち合わせしてラブホテルでの
情事を繰り返しました。息子は残業、私はカルチャースクールと言う理由を付けて。
2時間の間だけ、私は彼の女になりました。何もかのすべてを許していました。交わりは中
出しです。妊娠の心配はありませんから。アナルも経験しました。そんな矢先に突然の主人
の他界でした。

葬儀の夜、悲しむ私に言った言葉は今でも忘れません。
主人に秘密を持ったまま逝かせてしまい、私は悔やんでいました。
そんな私にたいし、
「僕と登美子が本当に愛し合っている事を見せてあげれば、父さんも安心してくれると思う
よ。登美子をお前に任せると言って貰おうよ。」
息子がした事、非常識かもしれませんが祭壇の前に床を延べ、そこで私達が愛し合う事でし
た。
私と息子2人のお主人とのお別れの夜でした。
夜通しで愛し合いました。
「貴方・・安心して・・私は幸せよ・・見て・・こんなに幸せな私を・・」
オマンコを思い切り濡らしながら、虚ろな目で祭壇の主人に喘ぎ声と共に
心で叫んでいました。

Re: 息子とのSEX ( No.3 )
日時: 2004/09/04 11:07
名前: 名無しのゴンベエ


35歳の主婦です。
昨日16歳の息子と関係を持ってしまいました。
許されることでは、ありませんが 自分ではどうしても、欲望を抑える事が
できず、主人が出張の間を見計らい 息子の部屋へ夜中に。
近親相姦のホームページは以前から知っていたのでよく見ていました。

このような欲望を持つ者は、私だけじゃないんだと思い決死の覚悟でした。
息子は、以前から隠れて私の下着をいたづらしたりオナニーをしていました。
嬉しかった。そのことを知ってから、あたしは、期待しました。
いつか息子が私を犯すことを。 でもなかなかチャンスはおとづれなくて、とうとう私から
寝ている息子のベッドへ 裸になって入って行きました。

息子はすぐ目を覚まし、かなり驚いたようですが、間髪入れず息子の唇に
キスしました。 それで全てを悟ったようでした。
長い長いキスでした。 
息子に話したことは、たった一言「ママの好きにさせてね」とだけ。
息子は無言でうなづきました。
私は、息子を裸にしました。

10年ぶりに見る息子のペニス。大きくそそり立った息子のペニス。
無我夢中で貪りつきました。
間もなく 勢い良く私の口の中に射精しました。記念すべき初めての
息子の射精、長く感じました。 
美味しかった。 息子の精液。 全部飲み干しました。
そのあと私の体にむさぼり付いてきた息子。
私の体中を舐めてくれました。
特にあたしの性器。

びしょびしょになってるのに、
そしてとうとう息子と一つになりました。
硬くて大きくて太い息子のペニスが私の中に。
燃えました。
頭の中が真っ白になりました。
そして 私の中で、息子は、2回目の射精、わたしの目を見ながら、
わたしの中に熱いほとばしりを そしてキス。
嬉しかった。

息子も主人もしらないことですが、
息子の本当の父親は、主人ではありません。
正確な父親は分かりませんけど、でも間違いなく自分が生んだ子
その息子に犯された喜び、この文章を読んでくださる方ならご理解頂ける
モのと信じます。

Re: 息子とのSEX ( No.4 )
日時: 2004/09/04 11:16
名前: 名無しのゴンベエ


いつ頃からでしょうか、息子は私の身体に興味を抱き始め、主人が単身赴任
という事で次第にその行動も大胆に変わって来ました。

頼みもしないのにバスルームに突然姿を現すと、背中を流すと言って私の意
向など無視したまま後ろに回り、石鹸をつけて洗い出したり、寝室に用事が
あると言って入って来ると、私のネグリジェ姿をじっと熱い視線で見続けた
りします。それは全てあの日の行動への布石だった・・・今にして思えば、
私はそう納得するのです。
夕食の片付けを終え、お風呂から上がって私はダイニングに戻りました。

息子は格闘技のテレビに夢中でしたから、私はおやすみと言って寝室に向か
ったのです。それから一時間ほどは私も好きなドラマをベッドに横になって
見続けましたが、それが終わった時息子がノックして部屋に顔を出しました。
手にはワインを持ってます、私は訝しげに見て訊いたところ、たまには一緒
に飲みたいし、好きな彼女が出来たので話を聞いてほしい。それが息子の要
望で、興味を持った私は息子の話を聞くことにしたのです。

赤ワインは少し甘く、立て続けに三杯飲み干した頃、私は強い眠気に襲われ
ました。仕方なく息子にそれを伝え、話は又後日にと頼むと、薄れる意識の
ままもう睡魔に身をゆだねるだけでした。
ふと気づいた時、何か自分の身体に変化が起こっている事実に驚くと、私は
上半身を起こしてその原因を探ったのです。すると、ネグリジェは特に乱れ
てはいなかったものの、どうもあの部分に違和感を覚え、急いで下着を脱い
でみたのです。やはり下着に少し汚れがあり、私の性器には明らかに精液が
残っていました。もう驚愕以外のなにものでもなく、息子が自分にした事実
を思って涙が溢れると同時に、ガクガクとかつてない震えが止まりませんで
した。そのまま黙って過ごそうかと悩んだものの、やはり無視することは出
来ないと私は翌朝息子の起きるのを待って問いただすことにしたのです。

定時に姿を現した息子は、いつもと変わらない態度でした。私は思い切って
昨夜のことを聞きました。するとあっさりと私と交わった事を認めたし、こ
れまでずっと私を性の対象として見続け、私の下着でオナニーしたり、ベッ
ドで眠っている姿をこっそりビデオに撮り、自分の部屋で私とセックスして
いるイメージを沸かして一日何度も精液を撒き散らした・・・そう白状した
のです。私もある程度は想像していましたから、激しい驚きはなかったので
すが、男の子が母親を性の対象にするのは、思えば自然なことかもしれない。

そう考えました。毎日思春期には顔をあわせるし、当然あられもない格好だ
って目にします、十六位になれば女の身体に興味を抱き、自分の成長した性
器を異性の性器に納めたい衝動に駆られるのは仕方ない事でしょう。
ただ私に対するやり方に憤りを覚えました、まるで強姦そのものですから。
その件を追求し怒りを露にすると、息子は途端に口数を減らして泣き出しま
した。淡々と物の道理を説明し、二度同じ過ちはおこさないと約束させると、
私はそのまま息子に身体を預けたのです。

一緒に風呂に入り、女の身体の隅々まで息子に見るように言いました。私の
乳房に手やり、性器をしげしげと見つめる息子の目は興奮でギラついてさえ
いたのです。そしていつしか息子の性器は包茎の皮がむけ、下腹を打つほど
にそり上がると先端からは透明な液をにじませていました。
私はそれをゆっくり口に含み、数回上下に動かすと小刻みな痙攣後に大量の
精液を吐き出しましたが、そのまましぼむことなく今度は私の性器へ挿入し
ようとする息子でした。でも私は少し間を持たせ、まず私の性器を充分に舌
で舐めることを言い、女が受け入れ態勢を整えるのも大切と教えたのです。
息子は黙ってうなずき、マットの上に仰臥した私の股間を見つめ、足を広げ
てクリトリスを指で押し広げました。そしてそれを口に含んだ時、私は久々
に感じる甘美な快感にブルッと震え、思わず息子の頭を上から押し付けたの
です。舌でコロコロと優しく嘗め回し、両手で大きく広げた私の性器の中ま
で舌を入れ、指で膣壁をこすっては子宮までいじる息子は、数分で我慢でき
ないと訴えたし、私も充分濡れきったことを知ると、そのまま静かに重なる
様に言いました。私より大きな身体をゆっくりと重ねた息子は、迷うことな
く私の性器に自分のものを押し込むと、ウッと小さく声を出して気持ち良い
と私の耳元で囁き、腰を少しずつリズムカルに動かし始めましたが、長くて
太い息子のモノは私の子宮を無理に上へ上へと押し上げるのが分かり、自然
に私自身その快感に自分を忘れ、女としての悦びを得ていたのです。

女って男の人のモノを奥深く押し込まれ、その充実感に浸る時、言い知れぬ
悦びに襲われます。だから、レイプは嫌でも身体がそれを欲する時もあるの
です。犯されたい・・・性器を舐めて入れられたい。そんな欲望が皆無とは
言えないのがやはり人間として女の性でしょう。
息子と一つになっている時、ふとそんな事が脳裏を過ぎりました。

そんな中でも息子の息は次第に荒く変わってきます。やがて挿入して数分を
経た頃、腰の動きが一段と早くなり、最後もウッと声を出すと、何度も何度
も私の中に精液を吐き出しました。
その事実があってからは、私は私なりに息子と愛し合う事に納得し、主人に
ばれないように息子と密約を交わしています。
主人も二ヶ月に一度は金曜の夜戻りますが、私を求めても自分だけ済ませる
タイプですから、私は満足しないのです。だから日曜の夜主人が勤務地へと
帰ると、息子は待ってましたとばかり私を求め、私もそれに応じて獣になり
ます。その事実がいいか悪いか、そんな倫理観はもう決して抱かない日々で
すが・・・

Re: 息子とのSEX ( No.5 )
日時: 2004/09/04 12:01
名前: 名無しのゴンベエ


42才バツイチなんですが・・・先日同窓会があって昔の彼氏なんかも来てたので
話がはずみ かなり酔い帰宅・・・と言うか帰宅したのも知らなくそのまま就寝・・・
朝起きたらビックリ!!18才の息子と全裸でベットの中・・・酷い二日酔いの私に
気が付き起きた息子がキス・・・又ビックリ!!されるがままの放心状態・・・勿論途中で
止めさせ訳を聞いたら・・・送られて帰ってきた私が下着姿で家の中をうろうろし
息子を無理やり起こし誘った・・・そうです
3回もして色々息子の知らなかったSEX暦などまで知ってました・・
私自身全く覚えてませんし以降はしてませんが息子に胸を触ったり・・・してきたり
オナニーをしていたり・・・これからが不安です


Re: 息子とのSEX ( No.6 )
日時: 2005/01/23 11:04
名前: 名無しのゴンベエ


主人が2年間の海外転勤になって、次第に一人寝の寂しさに負けていった私でした。1カ
月もたつころにはオナニーをせずにはいられなくなり、最初のうちは週に一度、3カ月目に
は週に二度。オナニーを重ねるごとに、無理だとはわかっていても徐々に徐々に夫の生身が
欲しくなってくるばかりでした。しかし、いくら何でも私は知らない男に身体を許す気には
なりません。

かといって、夜になると数日毎に私を襲って来るようになっていた身体の疼きを、まだ33
才の私がオナニーだけで鎮めることは出来なくなってきていました。
 もう一人の私が囁き始めました。
「オナニーだけじゃ我慢できないんでしょ?」
「でも、夫は海外だしどうしようもないわ。」
「じゃあ、あと1年半も我慢出来るの?」
「・・・・・・」
「我慢出来ないわよね?」
「・・・・・・」
「浮気するしかないわね!」
「それは嫌。愛のないセックスなんて絶対に嫌。」
「愛があればいいの?」
「そうよ。」

「じゃあ、あなたの愛する人は?」
「主人に決まってるじゃない!」
「主人だけ?」
「もちろん大輔もよ!」
「決まったわね。」
「えっ?」
「愛のないセックスは嫌。でも、生身の肉棒が欲しくてたまらない。・・・・・・大輔しか
いないわよね?」
「大輔は私の子供よ!」
「それがどうしたの?」
「親子でセックスなんていけないわ!」
「どうしていけないの?」
「だって親子でしょ!」
「親子だったら何故いけないの?」
「それは・・・・・・」

「愛のないセックスは嫌。でも、生身の肉棒が欲しくてたまらない。・・・・・・他に答え
があるなら言ってみて?」
「・・・・・・」
「他に答えがないことくらいわかってるでしょ?」
「・・・・・・」
「思い切って大輔を誘惑して、もし、大輔が嫌がったら止めれば済むことよ。」
「貴方が悪いのよ。2年間も一人で海外に行くなんて。」
「私は悪くなんかないわ。浮気だってしてないもの。」
「大輔とは貴方が戻るまでの間だけよ。」
この日の私は、もう一人の私に完全に自制心を奪われていました。

気がついたら、私はパジャマ姿のまま大輔の部屋の前に立っていました。
トントンとドアをノックすると同時に、わずかに残っていた「本当にいいの?」という気持
ちも「これでいいのよ!」に変わっていました。
そっとドアを開けると、既に電気は消えてベッドで横になったまま大輔が答えました。

「何?」
「ごめん。もう寝てた?」
「ううん。今寝たところ。」
「そう。」
「何?」
「うん。眠れなくって大輔の小さかった頃の事を色々想い出してたらね。久しぶりに大輔の
横で寝たくなっちゃったの。・・・だめ?」
「・・・ううん。そんなことはないけど・・・。」
「よかった。」
ベッドに横になり、すぐに大輔の首の下に左手を廻し横を向いて右手でそっと髪をなであげ
ていました。

「大輔も大きくなったわね。小さかったときのこと覚えてる?よくこうして寝てたのよ。」
「あまり憶えてないよ。」
「そうよね。もう中学二年生だもんね。」
そう言いながら今度は右脚を大輔の両脚の間に割り込ませていました。
「お母さん。そんなにくっつかないでよ。」
「いいじゃない。久しぶりなんだし。それともお母さんのこと嫌いなの?」
「・・・ううん。そんなことないよ・・・。」
「好き?」
「うん・・・。」
「お母さんも大輔のこと大好きよ。」
大輔に軽くキスをしました。

「僕、もう寝るよ。」
恥ずかしそうに大輔は私に背中を向けました。
「いやね〜。お母さんなのに何を恥ずかしがってるのよ。」
背中から大輔をギュッと抱きしめると私のバストは大輔の背に密着していました。
「こっちを向いてよ。」
「・・・・・・」
「あっ!わかった!大輔もしかして?」
「もしかしてって?何だよ?」
「大きくなっちゃったの?」
「えっ?」

「おちんちんよ。大きくなっちゃったんでしょ!」
「そんなことないよ!」
「本当かな〜?」
大輔の腰に右手を廻して下腹部に触れましたが、柔らかいままでした。
「ごめんごめん。お母さん勘違いして悪かったわ。謝るわ。」
「別にいいよ。」
「でも、勘違いでよかったわ。もし、お母さんのせいで大きくなってたら責任取らなくちゃ
いけないかなって思ったわ。」
「責任って・・・?」
「もとに戻してあげることよ。さぁ、こっち向いて。寝ましょ。」

大輔は私のほうに向き直りました。
「お母さんの胸の中でおやすみ。」
「うん・・・。」
「お母さんは大輔がいくつになっても可愛くて仕方ないのよ。」
「お母さん・・・。」
「ん?」
「僕・・・。」
「どうしたの?」
「お母さんのせいだよ・・・。」
「もしかして、大輔・・・。」
「うん・・・。」
今度は、下腹部に触れるとすぐに大輔の硬くなったおちんちんが私の手に当たりました。
「ごめんなさい。お母さんのせいなのね。」
「うん・・・。」

「でも、大輔はお母さんでいいの?」
「うん・・・。お母さんがいい・・・。」
「わかったわ。嘘はいけないものね。」
大輔のおちんちんは思っていたより立派なものでした。
主人のに比べるとさすがに一回りは小さめでしたが硬さは遜色ありませんでした。
大輔の部屋に来た時間が遅かったことと、明日の学校のこともあり、私の蜜壷も充分に潤っ
ていたので前儀は無しで挿入させることにしました。
「そのまま少しだけ待ってて。」
そう言って寝室にコンドームを取りに戻りました。
大輔のパジャマを脱がせおちんちんにキスをし、コンドームを装着しました。
私がパジャマを脱ぐと大輔がおっぱいを揉んできました。

「今日はもう遅いから、じっとしてお母さんにまかせて。」
大輔を仰向けに寝かせ、私は上から跨って肉棒を自分の蜜壷へと導いていきました。
大輔の肉棒の頭がヌルッと私の蜜壷の中に入ってきました。
そのまま腰を沈めると大輔の肉棒はすっぽり私の蜜壷に包まれてしまいました。
「気持ちいい?」
「うん。温かくて気持ちいいよ。」
私は生身の肉棒の感触を、ゆっくり腰を動かしながら感じていました。
「お母さん・・・!出ちゃうぅ・・・!」
これが大輔との近親相姦の始まりでした。
 その日、以下の約束をして眠りにつきました。

一、私と大輔の二人だけの秘密であること。
一、セックスをする時は、お母さんの言うとおりにすること。
一、お父さんが海外出張から帰ったら、元通り一人ですること。
 大輔の肉棒が私を満足させるには、まだまだかかりそうですが、ゆっくりと教えていきた
いと思います。

メンテ
Re: 息子とのSEX ( No.3 )
日時: 2006/12/15 14:40
名前: 名無しのゴンベエ

今の私は尋常な精神状態ではないかもしれません。
後悔…後悔…到底許されぬ行為を実の息子と畜生のような体の関係を経った今、持ってしま
った処です。

一人息子と6年間、母子家庭を平凡に経ましたが、昨日の息子のバースディに高校受験合格
をかねて何かご褒美をと思い、欲しい物をひとつ尋ねたのです。正直、驚きました…。私と
の性の体験を求められたのです。
てっきり、悪ふざけだと思い笑ってその場を誤魔化しました。

しかし、今朝のことでした…。
朝食の後、息子に後ろから抱きつかれて再び昨夜の衝撃的な言葉を聞いたのです。息子の瞳
は真剣でした。
そんな表情を見てしまったせいか、心にもないことを口走ってしまいました。
「一度だけよ…。約束できる?いい?…」
息子の顔を見ず、答えたのを覚えています…。なぜ? わかりません…。
息子は2階の部屋に上がり、私はバスルームにいました。シャワーの中で
高鳴る鼓動を抑えるかのように、一人呪文を唱えていました。

「一度だけ…一度だけ…」
バスローブをまいて、そのまま息子の待つ部屋へと上がってゆきました。
鼓動が高まり、震えているのがハッキリ判りました。
部屋の扉の前で、足が竦みたたずんでしまいましたが。半ば無意識に扉を
開けてしまいました。禁断の扉…後悔の扉…。
部屋のカーテンは閉められ、薄暗い感じでした。ベッドの上には掛け布団を
全身にかぶった息子がいました。私はバスローブをとり、布団に入りました。仰向けに目を
閉じていました。気が遠くなりそうな気分でした。
暫らく時間が止まった様子でしたが、息子が動き出し私の乳房を触り始め
て乳首をしゃぶりました。時々、歯をつかっているのか、瞬間的な痛みが走りましたが、私
の女の部分は熱くうずき始めていました。

息子の熱い体は、荒々しく私を求めているようでした。
そして、ついに禁断の時がきたようです。私の両脚を広げてきました…。
そして、すべてを受け入れてしまいました…。私の奥深くまで。
まるで膣深い子宮口をこじあけ、更に深く入ってきたような感覚でした。
次の瞬間、息子の声とともに生暖かい感覚が腹部の奥深くに感じました。

全身の力がぬけていくのが判りました。後はただ、されるがままに、すべてを受け入れるし
かありませんでした。唯…。
一度だけの約束が、本当にこれで終わりなのでしょうか。私には始まりに思えてしまいます
。今も両脚の間から息子の精液が流れだしています。


Re: 息子とのSEX ( No.8 )
日時: 2005/04/10 08:49
名前: 名無しのゴンベエ


毎日が悩む日々です、この場をかりて少しでも気がらくにならないかと思い投稿させてもら
います、

 一人息子の大輔と関係を持ったのは三ヶ月前・・・その前はごく普通の家庭だったのに・
・・今年高校受験だった大輔の部屋を掃除をした時なにげなく机の引き出しを見ると成人雑
誌が、「男の子だからしょうがないか」と思いながら奥の方を見ると女性の下着が、、その
中には見に覚えがある下着も・・なくなっている事はわっかていましたが、大輔がとるなん
て・・私は戸惑いその場を立ち去りました。

 寝室のベットに座り「どうしよう?このまま大輔の欲求が高まり他人様の下着を盗り犯罪
者に」 私は考え直接大輔と話をしようと・・・夕方大輔が帰ってきました、「大輔、ちょ
っと話があるんだけど」、ダイニングテ−ブルに向かい合って、「実は部屋を掃除をしてい
ると女性の下着が出てきたけど、どういうことなの?」、大輔は顔を下に向きだまったまま
・・やっと口を開くと「女性に興味があって・・」 
 その後二人で色々と話し合い大輔に抱かれることに・・・・・条件として1.下着を盗まな
い  2.誰にも話さない事  3.一度だけ  この条件で後日抱かれる事に・・・約束の日
がきました、いつものように主人を送り出しキッチンにいると大輔が現れ「今日約束の日だ
よね」、、「わかっています!自分の部屋に行っていなさい」、私は迷っていました、本当
にいいのかと?一人ソファに座り「どうしよう?まだ間に合うわ、でも・・」  悪魔に誘
われる感じでバスル−ムへと・・服を脱ぎシャワ−を浴びながら「どうしよう・・いいの?」

と自分に問いかけ寝室へと・・鏡の前に座り自分の顔、体を見て「今日だけ息子と思わな
い!」私は決意しました、白のガウンをまとい大輔の部屋へと・・「大輔、入るね」とドア
を開けると薄暗い部屋の中に下着姿の大輔が・・部屋に入ると大輔が私の方へ・・・
「大輔、今日だけよ、約束ね」、「うん、わかっているよ」、、目をつぶると大輔の唇が私
の唇へと・・最初は重ねるだけでしたがやがて舌が中に入ってきました、私も答えるように
舌を差し出しお互いの唾液を交換、、、軽くお尻を触っていた大輔の手が前へと、、下着の
上から性器へと・・私は我慢できず、ベットに横たわりました、大輔はブラを外すと両手で
揉みながら顔を埋めてきました、私は感じていないふりをしていましたが手が下着の中に入
ってくるとつい、「う〜ん」と声が出てしまいました、「お母さん濡れている・・」、「女
性は男性を迎えるために濡れるのよ」、「お母さんのアソコ見せて」、、私は両手でゆっく
りと足を閉じた感じで下着を脱ぐと大輔は足の間に入り太ももを持ち上げるように足を広げ
顔を局部へと・・最初は臭いをかぐしぐさをし、やがて口をつけて舌で舐めまわし・・指が
1本、2本と中の感触を確かめるように入ってきました・・わたしは無意識のうちに大輔のペ
ニスを触り優しく上下するとシックスナインの体位へと・・・

まじかに見る大輔のペニスは微妙に震え今にも破裂しそうな感じが・・「お母さん入れたい
」・・私は足を広げ大輔の顔を見てうなずくと大輔は覆いかぶさるように抱きしめてきまし
た、私は右手を大輔の背中を触りながら左手でペニスを導き、「ゆっくり入ってきて・・」
、、「お母さんの中柔らかくて暖かい」大輔はやがて激しくペニスを奥へと・・・やがて圧
迫感と同時に熱いものが子宮へと・・・目を見つめあいキッス・・やがてベットから起き上
がると太ももを伝わるように膣から精子が流れだした為、私はオシッコをするようにしゃが
み下半身に力を入れて手で精子を受け止めてましたが、いきなり後ろから大輔に抱きつかれ
精子が流れてる膣に荒々しく手が、、「大輔!もういいでしょ!」、「今日だけ!お願い!
」、私は床にひざむくと数本の指が膣の中へと、中をかき回すように・・下半身に目を向け
ると出し入れしている手が白く泡たててしずくが床に滴り落ちるのが・・・その後観念をし
た私は夕方まで抱かれました・・・・・


Re: 息子とのSEX ( No.9 )
日時: 2005/06/12 00:04
名前: 名無しのゴンベエ


 うちの息子は今年、志望校でもある
名門の国立大学に合格しました。父を中学のときに
亡くし、「僕が早く立派になってママを助けてあげる」
と言ってくれる自慢の息子です。
 ですが、甘やかして育てたせいもあり正直マザコンです。
いえそれ以上の感情があります。
父を亡くしてから、精神的に不安定で勉強は優秀でしたが
家では私の下着を部屋に隠したり、お風呂を覗いたり。

高校受験を控えた3年のときに一度だけ
息子にお願いされて一緒にお風呂に入り、体を洗ってあげました。すると息子のモノが大きくなってしまい私の手で
イカせてくれというのです。
それが全ての始まりでした。 そのときは手でしてあげて
済みましたが、以後は要求がエスカレートして受験前には
ついに体も許してしまいました。

それからは息子も明るくなり精神的にも
落ち着いて高校生活は順調でした。亡くなった父の代わりに
私を可愛がってくれます。 今ではすっかり私を
何度もイカせるほど上手になりました。
今まで、息子の好きなときに入れさせてあげられるように
息子といるとき下着はつけません。
危険日のためにアナルも差し出しました。
安全日のときは私から求めたときもあります。

大学受験に成功した息子へのご褒美はもちろん私です。
息子の要求は、私と野外でしたいそうです。
ちょっと抵抗はありますが、息子との約束なので
屋外でもメスになろうと思います。


Re: 息子とのSEX ( No.10 )
日時: 2005/06/12 00:08
名前: 名無しのゴンベエ


私は三十八歳、十歳上の夫は船員で、年中海外暮らしをしています。五年前の出来事について、お話しします。夫は常に不在でした。
息子の成長と共に時間の余裕も出来、この時期、満たされぬ自分が、とても、とても、寂しく「もんもん」とした日々を過ごす事が
多かったのです。 息子が寝入ったある夜、テレビドラマに私は異常な興奮と刺激を受け、パンティーの中は
愛液で「グチョグチョ」に濡れていたのです。自分が欲情している事にどうしょうも無い快感を覚えたのでした。ドラマの内容は
不在がちな夫の目を盗んではバイト先で、バイト仲間で高校生の男の子に、満たされぬ欲情をぶっつけ、夢のような不倫を重ねると
言ったストーリーでした。私と重なる一面があり、この夜は自分の欲情を押えきれず、いつしか、パンティーの中に差し入れた指先は陰毛を
かき分けクリトリスをもみほぐしていました・・・快感が襲って来るのです・・・気持がいい・・・始めての体感なのでした。
さらに指先は膣口から膣内へと進入し、全身に言いようのない震えるような気持良さが続くのです・・・気持いい〜〜はあ〜〜 あぁ〜〜
私は一人でに、よがり声を出し続けていました・・・ 恥ずかしい事なのですが、私はこの夜が、生まれて始めてのオナニだったのです。
このオナニ体験が、夫とのセックスでは、味わえなかった快感を呼び起こし、私の欲情に火を着けたのです。
私はこの日の快感で、昼夜を問わず求めるようになり、息子を学校へ送り出すと、いつしか指先は 快感を欲しがる性器へと伸びる
毎日でした。 私の夫は仕事柄、家で過ごす事なんて、年間通じても数日・・セックスに関しても一方的な物で、淡白でした。
私が絶頂など有り得ませんでした。 子育ても私一人の肩に掛かって来ます。
このような事もあって、後の子供作りにも踏み切れず、私は避妊手術をしているのです。避妊している事について夫は何も知りませんが・・・
私とのセックスには満足しているようでした。 しかし私には、いつも満たされぬ何かが残っていました。
私はこのように単調な日々から抜け出したいと思い、息子が五年生となって、二学期が始まるのを機会に、
生まれて始めて外に出て働いて見る事にしたのです。 車で二十分程の所にある会社で、パート事務員として働く事にしたのでした。
その会社には私と同年代の主婦も多数在籍し、十月初めから外の空気を吸い始めた私は見るもの聞くもの、皆さんの会話、一つ一つに
関心があり新鮮その物でした。そんな職場に刺激され独身同然の私は、自分自身の欲情を押え切れず オナニに夜を明かした事もしばしば、
でも早いもので、あっと言う間に年末でした、世間では忘年会シーズン、私も生まれて始めて、その会に参加する事になったのです。
土曜日夕方からの宴会で私は気分も「うきうき」息子への夕食準備だけして、そそくさと出かけました。 この忘年会が、息子と私を
男と女の関係にしてしまうなんて想像もしていませんでした。  
宴も盛り上がり会話の関心事は主婦仲間から聞こえてくる会話でした、私は聞耳を立てていました。
同じ年頃の息子を持つ主婦達の興味は男の子の精通の事・・・   男の子は早ければ四年生頃には夢精が始まるとか、
母親のパンティーを持ち出しているとか、六年生にもなると、皮をむいてやると亀頭は大人の大きさと変わらない程、大きくなるのよとか
私の息子は五年生だけどオナニしてる所を見ちゃったのよとか、何を取っても私の耳には初づくし・・・ 
この時「ふっ」と息子の事が頭をよぎったのでした。  私と息子は生まれた時から五年生のその時まで一緒にお風呂にも入り、
オチンチンも洗ってあげて、一つベットで寝ていました。それが日常生活のあたり前でした。
男の子の性器について特別な意識も興味もありませんでした。  無知と言った方が良かったのかも?  
宴もたけなわ、お開きを迎える頃には、私もお酒の力と、刺激的な会話の余韻にひたり夢見心地で、皆に誘われるがまま、
二次会へと足は向いていました。二次会の席ともなると、会話出来る相手も限られて来ます。
私達のグループは同じ年頃の男の子を持つ主婦が主でした。皆さんと会話がはずむ中で、私も家庭の事について、夫が不在がちである事。
今でも息子と、お風呂やベットを一緒にしている事など、お話しすると・・「あ〜ら、うらやましいわ〜」とか
「男の子は五〜六年生にもなると、母親でも性の対象になるのよ」とか「もう、そろそろ射精が出来るわよ・・」とか 
「貴方の息子さんも、そろそろオナニとか始めるわよ、ゴミ箱に精液の着いた物が??」とか
「オチンチンの皮をむいて、洗ってあげないと不潔になるわよ、それに包茎のチェックも」などなど・・・
息子の性器などについて、無知で無頓着な私でしたから???  多くのお話を聞き、この夜、
息子の成長過程に異様な興味を持ったのでした。 土曜日の夜も十時を過ぎ周囲も静まり返った我が家に千鳥足で帰り着きました。
息子の良平はすでにベットで寝入っていました・・・良ちゃん・お風呂だよ・・・
ふとんをはぎ取り、目にした光景に「はっ」と私は息を飲みました。パンツをずりおろし、手には、まだ皮をかっぶたペニスが握られ、
寝入っていたのです。 私の心臓はドキドキ・・・ そぉ〜〜とペニスの先を見ても精液らしき物は出ていないようでした。
フトン・パンツも汚れていませんでした。 私は、もしかして精通かと期待したのですが・・・射精までは行かなかったようです。
でも、たしかにオナニをしていたのは確かなようでした。その寝姿は、まだまだ子供でした。
それでも、確かに成長している息子に私は嬉しくなり、ミニサイズのバナナをちょっと指でつまみ・・・
「良ちゃん、お風呂に入るんだよ・・」と、ゆり起こすと、目を覚ました良平のペニスがみるみる勃起して来たのです・・・
私も急に心臓が「キュー」と締め付けられ、ドキドキが止まりませんでした。 
私はこの時、息子、良平を見る目がいつもと違っていたのです。今夜は思い切って息子の成長度合いを見てみようと、宴会で耳にした事を
試す事にしたのです。 「良ちゃん、ここ、「ぎゅー」とすると気持いいの〜 」「う〜ん」とうなずきました。
私は息子の成長に手ごたえを感じたのです。 嬉しさに気持は高ぶりペニスを握る手が震えてました。勃起した陰茎は、まだ未熟で
太さもフランクフルトと言ったところ、亀頭、かり首は、皮をかぶっていました・
亀頭の大きさも、はっきりとは分かりませんでした。むけたら大きくなると言う事を聞いていました。 
日頃は息子のオチンチンも体の一部として、接していましたので特別な意識は有りませんでした。 お風呂で見るオチンチンが完全に
大きくなる事はなかったように思います。 
私は意を決しました。もしかしたら、我が息子も精通があるかも、と期待感に胸が熱くなり体の震えが止まりませんでした。
恥ずかしい事に私の方が、すでに欲情しパンティーの中は洪水状態でした。湯船に二人でつかりながらも、その夜の良平は無口でした。
私は洗い椅子に腰をおろし、目の前に良平を立たせました・「良ちゃん今夜はオチンチン綺麗に洗いましょうね」と可愛い息子のペニスを、
そっと手の平に乗せ・まだ亀頭は、かぶった包皮がペニスの先で花の「つぼみ」状態で可愛らしい物でした。
その夜、私は息子との間に言いようのない感情の高ぶりを感じていました。
息子も又同じで、興奮を静める事が出来ないでいたのでしょう。手にしたペニスは、すでにはちきれんばかりに、勃起していたのです・・・
皮をむいたら、 どんな亀頭が顔を出すのか・・・
その瞬間を私はドキドキしながら震える手にペニスを握り陰茎の亀頭付近を強くつまみ「ギュー」と根元に向けて皮をむいたのです。
現れた亀頭は本当に綺麗なピンク色・・真新しい童貞のペニスを手にしている自分に言いようのない感動と興奮を覚えました。
「良ちゃん、いたくないの〜」「少し痛いけど〜」と言う。 始めてむいた為か、むけた皮がまだ伸びきっていない為か、
かり首がキュンキュンにしまっていて・・・何んだか痛そうね〜・・・勃起した亀頭がパンパンに大きくなり、紫色に変色していました。
私は心配になり・・・少しあわてました。
でも、大きさだけは、びっくりでした。亀頭が顔を出した瞬間、ただ物ではありません一気に膨らみ倍以上に勃起したのです。
子供・子供していた息子のペニスが、これほど迄に、発育していたなんて驚きで、神秘的なペニスに感動しました。 
これなら充分で夫の物とあまり変わりません。
「良ちゃん、大丈夫??」  うぅ〜〜ん 「少し痛いけど、」  じゃー、痛くないようにしてあげるからねぇ〜〜 
と 私はリンスを手に取り、手の平に塗って亀頭を優しく、さすりました・・・
この時、息子が急に両手で私の肩にしがみついて来たのです、その瞬間、両足がふらつき、「ガクン」とひざを落とし、けいれん状態に・・・ 
はぁ〜〜 お母さ〜〜ん う〜〜ん う〜〜   私は手の平に、 温かい、ぬくもりを感じたのです・・・何と息子が精通したのです・・・
私の頭の中はパニック、真っ白になり感激と感動で頭の中は一瞬、空白の世界でした。
正気に戻ると手の平の中に、力強く、とどめもなく噴射される精液が5回・6回と突き刺さるのでした。
私は息子の快感を手の平に感じながら、私の股奥からは愛液が溢れ出ている事を感じました。「良ちゃん・・気持よかったの〜〜」「うん」
息子は二つ返事。なんと素直な子なのか、屈託のない童貞その物と言った息子の表情は、晴れやかで、何とも言えない満足した顔が印象的で、
今でもあの夜の、初々しい顔が思い出されます。
私は噴出された精液を、手の平一杯にたくわえ亀頭に、優しく着けて、さすりながら息子を強く強く抱きしめてあげました。
放心状態の息子は一回目の射精から5分位経ったでしょうか、2回目の射精が始まったのです・・「お母さ〜ん またぁ〜 はぁ〜〜」
息子はけいれんしていました・・・ペニスを握る私の手の平は溢れ出る精液で「ヌルヌル」握る手にも力が入り、
いつしかピストン運動を繰り返していたのです。 
2回目の射精を終えても、勃起が収まる様子は有りませんでした。 その物は一段とたくましさを増していた様に思います・・・
もう立派な男でした。私は息子のペニスに負けたのです・・・ 自分の欲情を押える事が出来ませんでした。
誘惑に負けました。体に不似合いなオチンチンが憎い・・・私は自分自身がどうしようもなく自制出来ませんでした、求めていたのです。
体はまだまだ子供でした。 「良ちゃん、お母さんが、だっこしようか?」
私は良平を抱きかかえる様に、向き合って、ひざの上に乗せました。「良ちゃん、オッパイ飲む? 飲んで見て」・・息子は、
乳首を加えていた頃を忘れたのか、その動作はぎこちない物でした。
私には、その動作が「ういうい」しく頭の先までしびれる快感となったのです。   私は、良平をひざに乗せたまま片足を広げ・・・
「良ちゃん、いい〜〜お母さんが、もっと良い事してあげるからねぇ〜」と握ったペニスを膣口から膣奥へと加え込んでしまったのです。
5年生になる息子も、私がこの時、何をしようとしているのか、充分理解していたのでしょう。  腰を突き出して来たのです・・・
子供だと思っていた息子が、すでに性に目覚め、少なからずセックスの知識を持っている事を感じ取りました。
「良ちゃん、そうだよ・・もうすこし・・もう少し強く腰を・・う〜ん」私は、すでに我を忘れ息子に快感を求めていました。
息子の息使いが荒くなって来たのです。
私は息子の腰に手を回し、お尻を固定させ加え込んだペニスに向かって、思い切り早い、ピストンを繰り返したのです。
息子は体から一瞬、力が抜けた様に放心状態となりました。 「お母さん・・僕また〜」「良ちゃんいいのよ・気持ちいいの〜〜」
「お母さ〜ん・・あ〜〜ぁ〜 」「良ちゃん思い切り出すのよ〜〜 気持いいの〜〜」 「お母さんもだよ〜〜」
私は今、自分の子宮の分身である息子の精子を、受け入れようとしている事に異常な興奮を覚え、一気に快感が襲って来ていました。 
息子と私の呼吸が、今まさに一致しようとしていたのです。
噴出する息子の精液と私の愛液が溢れ、言いようの無い夢の様な、快感と満足感が幾度も幾度も襲って来たのでした。
「良ちゃ〜ん・・良ちゃ〜ん・」息子を抱きしめ何度も何度も叫びました。   私は息子の童貞を奪い
その夜は幾度セックスを繰り返したのか、覚えも無く朝まで抱き合ったのです。   あれから私も年を重ね三十八歳です。 
肉体的にも精神的にも、最も充実し女の歓びを毎日、毎日感じています。息子もすっかり成長し「男」そのもの、
今では、随分たくましくなり夫の物以上です。
立派な持ち物で、日曜日などは、「十回挑戦だ」などと言って、私を喜ばせてくれます。  私はあの夜、息子の童貞を奪いましたが、
今日に至るまで何の後悔もしていません。 不在の夫が、知ったとしても、きっと分かってもらえる事でしょう。
だって、息子は私の子宮の分身ですもの、誰にも渡したくないのですから・・・
今は夫が不在でも、何の寂しさも感じませんし、満たされた自分に満足しています。息子もこの頃、色々なテクニックを覚え、
私をリードしてくれます。 セックスする事で、精神的にも安定し学校の成績も向上しています。
この春は、いよいよ高校進学を控えていますが、きっと、合格してくれると信じています。
また私も、すっかりたくましくなった、息子なしでは、生きて行けないのです・・・今夜も良平とのベットを待ちわびる私です。


Re: 息子とのSEX ( No.11 )
日時: 2005/06/12 11:11
名前: 名無しのゴンベエ


夫が単身赴任してから,息子が学校をさぼるようになりました。
始めは厳しく注意しましたが,だんだん反抗するようになり,暴力もふるうようになりました。母親の私をお前と呼び,すべて命令口調です。
夫に話し,注意してもらったらよけいにダメでした。
息子は「なぜ告げ口したか」と言って怒鳴り,私を突き倒しました。
うつ伏せになった私の腰のあたりを跨いで息子が座りました。私は苦しくてたまりませんでした。息子に「告げ口してごめんなさい」と10回言わされました。息子は「罰だ」と言ってスカートをめくり,私のお尻を叩き始めました。息子に座られたままで動くことは出来ませんでした。「小さいとき俺もお前に叩かれたからおあいこだ」と言ってました。それからは,私は息子に注意はしませんでした。2ヶ月後,夫が帰ってきたときに息子に注意しました。反抗的な息子の態度に夫が怒り,息子を殴りました。翌日夫は帰っていきました。夫への怒りが私へ向けられました。私は後ろ手に縛られ,倒されました。「クソ親父に仕返しだ」と言いながら,私はスカートとショーツを脱がされました。「お前の股を俺が見たと知ったら,親父のやつ悔しいだろうな。」と言いながら,足を閉じていた私に股を開くように命令しました。拒否できる状況ではありませんでした。夫以外に股間を見せたのは初めてです。息子もしばらく見つめていましたが,近寄ってきてアソコを弄り始めました。触られるのは久しぶりでした。
怖いと思っていた息子にイカされてしまいました。ぐったりしていたら,いきなり息子が挿入してきました。まさかここまでするとは思いませんでした。このときから毎日息子に犯されています。単身赴任する前も夫とは月に1回くらいでした。子供が大きくなるにつれ,子供を気にして,最近は思い切りしたこともありませんでした。ところが息子は毎日したがります。若くて体力のある息子に犯されると,夫には悪いですが,私も感じてしまいます。この年でも毎日できる自分に驚いています。今では息子は学校もさぼらず,暴力も振るいませんが,私に対しては夫のような態度で振る舞っています。
私も息子と二人きりの状態が長くなり,毎日セックスもしていると親子というより夫婦のような錯覚に襲われます。夫に気づかれたらと思うと怖くなります。

Re: 息子とのSEX ( No.12 )
日時: 2005/10/14 17:29
名前: 名無しのゴンベエ


主人は一年前にリストラされて、それ以来引きこもり状態。家計は公務員
の私が支えています。
 半年ほど前から高2の息子と男女の仲になりました。ごくごく自然ななり
ゆきでした。
 最初は家の中にいる主人にわからないように寝静まったころをみはからっ
てセックスをしていました。
 しかし、最近はだんだんと大胆になって主人がテレビを見ている隣の部屋
でセックスしたりします。スリルがさらに興奮させてくれます。
 息子もだんだんと大胆になり、わざと大きな声で、
「お母さん、早く俺のち○ぽ、舐めてくれよ」などと言ったりしています。
 主人はどんな思いなんだろうと考えるとまた興奮します。
 そのうち、主人の目の前で抱き合いたくなるのかしら。

Re: 息子とのSEX ( No.13 )
日時: 2005/11/18 02:35
名前: 名無しのゴンベエ


 37歳の普通の主婦です。
先日中学3年の息子貴之の三者面談があり学校に行きました。
その帰り同じクラスの佐藤君母子と一緒になり近くのファミレスで食事をし
たのです。
佐藤さんとは以前から面識があり、息子たちのことや買い物のことなど話す
間柄でした。
以前から母子仲がいいなと思っていたのですが、その日彼女の口から衝撃的
な事実を聞かされたのです。
なんと佐藤さん母子は近親相姦しているのです。
よく女性誌などで息子のオナニ−を見て母親が体を与えてしまうような記事
がありますが、佐藤さんは、息子さんの部屋を掃除してたら、母親と息子で
セックスをするという小説が大量に出てきたのです。
中には、実母に中出しなどと言うタイトルを聞いただけでおぞましくなるよ
うなビデオまで。
極めつけは息子さんの精液が付いた佐藤さんの下着が出てきたそうです。
私は話を聞いていて、ふっと我に返り昼間のファミレスで、しかも隣に貴之
がいるのになんて話しをしているんだろう。と貴之と席を立とうとしたので
すが、「ちょっとまって、お母さん」と貴之に引きとめられたのです。
「僕もお母さんとしたいんだ」貴之の口からとんでもない言葉がでたので
す。
私は周りのことも気にせず「自分の言ってることがわかってるの?」
と大声を出してしまいました。
自分の声の大きさに自分で驚き、少し冷静になり「貴之、そんな事思っちゃ
だめ、そんな事するのは頭のおかしい人なの」なだめるように言いました。
そして貴之の手を引いて席を立ったはずでした。
立ったはずなのに、そこから意識がないのです。

異様な感覚で目を覚ましたのですが、頭痛とだるさが残っていて自分の置か
れている状況がよく分からず起き上がろうとしたとき初めてわかったので
す。
私は、佐藤さん宅で全裸にされ手足をベッドに縛られていたのです。
「大木さん、ごめんなさいね」足元から佐藤さんがすまなさそうに声をかけ
てきたのです。
「なんで私がこんな目に」声を出そうにも口にガムテ-プが貼られて出ません
でした。
「貴之は、貴之は無事なの?」
頭をおこし足元を見ると私の恥ずかしい場所に顔を埋めていました。
この時になって私はようやく自分の状況を知ったのです。
実の息子貴之が母親である私のあそこを両手で広げて舐めていたのです。
「いやー、貴之やめなさい。」
言葉にならない声を出してやめさせようとしましたが、やめる気配など微塵
もなく、ついには、息子の口から聞きたくもない言葉を発したのです。
「お母さんのおまんこ濡れてるよ。」
そんな馬鹿な、実の息子にそんな事をされて濡れる母親なんているもんです
か。
そう思った矢先、胎内から溢れるものを感じたのです。
「感じちゃ駄目、感じちゃ駄目」
頭の中でくりかえし自分に言い聞かせ必死に耐えなんとか貴之を思いとどま
せる方法を考えました。
貴之の手が胸に延び乳首をつまむと体中に快感が走り思わずのけぞってしま
い、もっと続けてほしいと思うようにもなったのです。
女陰を実の息子に舐められながら、その姿を赤の他人の佐藤さん母子に見ら
れて、私は異様な感覚に包まれ始めたのです。
腰がかってに動き、女陰を貴之の口になすりつけるようにせりあげてしまう
のです。
そんな私を貴之はどう思ったのでしょう?
はしたなく淫乱な女だとおもったでしょうか?
「貴之、こんなのは、本当のお母さんじゃないからね。お願いだから淫乱な
お母さんなんて思わないで。」
心で叫びながらも、もう体は言うことを聞かなくなっていました。
口にガムテ−プを貼られていなかったらはしたない声を貴之に聞かれていた
に違いなくせめてもの救いでした。
既に体の中は溶け愛液は溢れっぱなしでした。
ようやく貴之が女陰から離れ天国のような地獄から開放されたと思ったので
すが、本当の地獄はそれからだったのです。
結婚当時から子供は最低二人は欲しいと思っていて毎朝基礎体温を計ってい
ました。
しかし、貴之を産んだ後は、「その日」になかなか主人と合わず十数年経っ
てしまいました。
そう、今日がその日、生理前の一番妊娠しやすい日なのです。
起き上がった貴之の股間には、勃起したおちんちんが。
「うそっ、冗談でしょ。貴之、お母さんなのよ。本当の母子なのよ。」
体中から血の気が引きました。
「佐藤さん、助けてーっ。お願いよ、貴之をなんとかして。」
佐藤さんを見て絶望しました。
私の目に飛び込んできたのは、既に息子さんと交わっている姿でした。
「お願いよ、貴之思いとどまって。せめて、せめてコンド−ムを着けて。」
そんな私の想いを無視してとうとう貴之が私の中に入ってきたのです。
挿入と共に貴之は嬉しそうな声を出しました。
涙で曇った視界に貴之の顔があります。
嬉しそうな顔で、しきりに、「お母さん気持ちいいよ。」と訴えてきます。
その声を聞くたび、母子じゃなかったら。と悲しくなるのです。
「あーっ、お母さん。出る」
「なんで?どうして?だめっ。」
私は貴之から逃れようと縛られている足に力をいれました。
そう、逃げようとしたのです。
しかし、そのせいで、腰が持ち上がりかえって貴之を胎内深くまで迎え入
れ、お腹にひきつられて子宮口が広がって、そこにおちんちんがくっついた
のです。
貴之は、私にしがみつきました。
そして子宮の中に熱い精液が流し込まれました。
どくっ、どくっと何度も何度も入ってきたした。
私は、恐ろしさで身動きできず固まってしまい、貴之の精子をすべて受け止
めてしまったのです。
その後も貴之は何度も私の中に射精して、ついに私もよがり狂い貴之を求め
てしまったのです。

その後、生理があったので安心して貴之と体を重ねてしまい、毎回私の中に
射精させていたのです。
そしてやはり、恐れていたことに貴之の子供を妊娠してしまいました。
実の息子貴之の精子で妊娠した私の体の中で淫乱の炎が燃えています。

メンテ
Re: 息子とのSEX ( No.4 )
日時: 2006/12/15 14:40
名前: 名無しのゴンベエ

 37歳の普通の主婦です。
先日中学3年の息子貴之の三者面談があり学校に行きました。

その帰り同じクラスの佐藤君母子と一緒になり近くのファミレスで食事をし
たのです。
佐藤さんとは以前から面識があり、息子たちのことや買い物のことなど話す
間柄でした。

以前から母子仲がいいなと思っていたのですが、その日彼女の口から衝撃的
な事実を聞かされたのです。
なんと佐藤さん母子は近親相姦しているのです。
よく女性誌などで息子のオナニ−を見て母親が体を与えてしまうような記事
がありますが、佐藤さんは、息子さんの部屋を掃除してたら、母親と息子で
セックスをするという小説が大量に出てきたのです。

中には、実母に中出しなどと言うタイトルを聞いただけでおぞましくなるよ
うなビデオまで。
極めつけは息子さんの精液が付いた佐藤さんの下着が出てきたそうです。
私は話を聞いていて、ふっと我に返り昼間のファミレスで、しかも隣に貴之
がいるのになんて話しをしているんだろう。と貴之と席を立とうとしたので
すが、「ちょっとまって、お母さん」と貴之に引きとめられたのです。

「僕もお母さんとしたいんだ」貴之の口からとんでもない言葉がでたので
す。
私は周りのことも気にせず「自分の言ってることがわかってるの?」
と大声を出してしまいました。
自分の声の大きさに自分で驚き、少し冷静になり「貴之、そんな事思っちゃ
だめ、そんな事するのは頭のおかしい人なの」なだめるように言いました。

そして貴之の手を引いて席を立ったはずでした。
立ったはずなのに、そこから意識がないのです。

異様な感覚で目を覚ましたのですが、頭痛とだるさが残っていて自分の置か
れている状況がよく分からず起き上がろうとしたとき初めてわかったので
す。

私は、佐藤さん宅で全裸にされ手足をベッドに縛られていたのです。
「大木さん、ごめんなさいね」足元から佐藤さんがすまなさそうに声をかけ
てきたのです。
「なんで私がこんな目に」声を出そうにも口にガムテ-プが貼られて出ません
でした。

「貴之は、貴之は無事なの?」
頭をおこし足元を見ると私の恥ずかしい場所に顔を埋めていました。
この時になって私はようやく自分の状況を知ったのです。
実の息子貴之が母親である私のあそこを両手で広げて舐めていたのです。
「いやー、貴之やめなさい。」
言葉にならない声を出してやめさせようとしましたが、やめる気配など微塵
もなく、ついには、息子の口から聞きたくもない言葉を発したのです。
「お母さんのおまんこ濡れてるよ。」

そんな馬鹿な、実の息子にそんな事をされて濡れる母親なんているもんです
か。
そう思った矢先、胎内から溢れるものを感じたのです。
「感じちゃ駄目、感じちゃ駄目」
頭の中でくりかえし自分に言い聞かせ必死に耐えなんとか貴之を思いとどま
せる方法を考えました。
貴之の手が胸に延び乳首をつまむと体中に快感が走り思わずのけぞってしま
い、もっと続けてほしいと思うようにもなったのです。

女陰を実の息子に舐められながら、その姿を赤の他人の佐藤さん母子に見ら
れて、私は異様な感覚に包まれ始めたのです。
腰がかってに動き、女陰を貴之の口になすりつけるようにせりあげてしまう
のです。
そんな私を貴之はどう思ったのでしょう?
はしたなく淫乱な女だとおもったでしょうか?
「貴之、こんなのは、本当のお母さんじゃないからね。お願いだから淫乱な
お母さんなんて思わないで。」

心で叫びながらも、もう体は言うことを聞かなくなっていました。
口にガムテ−プを貼られていなかったらはしたない声を貴之に聞かれていた
に違いなくせめてもの救いでした。
既に体の中は溶け愛液は溢れっぱなしでした。
ようやく貴之が女陰から離れ天国のような地獄から開放されたと思ったので
すが、本当の地獄はそれからだったのです。
結婚当時から子供は最低二人は欲しいと思っていて毎朝基礎体温を計ってい
ました。

しかし、貴之を産んだ後は、「その日」になかなか主人と合わず十数年経っ
てしまいました。
そう、今日がその日、生理前の一番妊娠しやすい日なのです。
起き上がった貴之の股間には、勃起したおちんちんが。
「うそっ、冗談でしょ。貴之、お母さんなのよ。本当の母子なのよ。」
体中から血の気が引きました。

「佐藤さん、助けてーっ。お願いよ、貴之をなんとかして。」
佐藤さんを見て絶望しました。
私の目に飛び込んできたのは、既に息子さんと交わっている姿でした。
「お願いよ、貴之思いとどまって。せめて、せめてコンド−ムを着けて。」

そんな私の想いを無視してとうとう貴之が私の中に入ってきたのです。
挿入と共に貴之は嬉しそうな声を出しました。
涙で曇った視界に貴之の顔があります。
嬉しそうな顔で、しきりに、「お母さん気持ちいいよ。」と訴えてきます。
その声を聞くたび、母子じゃなかったら。と悲しくなるのです。
「あーっ、お母さん。出る」
「なんで?どうして?だめっ。」

私は貴之から逃れようと縛られている足に力をいれました。
そう、逃げようとしたのです。
しかし、そのせいで、腰が持ち上がりかえって貴之を胎内深くまで迎え入
れ、お腹にひきつられて子宮口が広がって、そこにおちんちんがくっついた
のです。
貴之は、私にしがみつきました。
そして子宮の中に熱い精液が流し込まれました。
どくっ、どくっと何度も何度も入ってきたした。

私は、恐ろしさで身動きできず固まってしまい、貴之の精子をすべて受け止
めてしまったのです。
その後も貴之は何度も私の中に射精して、ついに私もよがり狂い貴之を求め
てしまったのです。

その後、生理があったので安心して貴之と体を重ねてしまい、毎回私の中に
射精させていたのです。
そしてやはり、恐れていたことに貴之の子供を妊娠してしまいました。
実の息子貴之の精子で妊娠した私の体の中で淫乱の炎が燃えています。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存