嫁と義父/特集  近親相姦 画像掲示板 母親とのSEX (近親相姦) サンプル/VIP ROOM 投稿写真/独身倶楽部 告白掲示板ー01/画像付

 
新・ウインド -
中学生の息子
トップページ > 記事閲覧
中学生の息子
日時: 2008/04/12 15:00:23
名前: 名無しのゴンベエ

 37歳の普通の主婦です。
先日中学3年の息子貴之の三者面談があり学校に行きました。
その帰り同じクラスの佐藤君母子と一緒になり近くのファミレスで食事をし
たのです。
佐藤さんとは以前から面識があり、息子たちのことや買い物のことなど話す
間柄でした。
以前から母子仲がいいなと思っていたのですが、その日彼女の口から衝撃的
な事実を聞かされたのです。
なんと佐藤さん母子は近親相姦しているのです。
よく女性誌などで息子のオナニ−を見て母親が体を与えてしまうような記事
がありますが、佐藤さんは、息子さんの部屋を掃除してたら、母親と息子で
セックスをするという小説が大量に出てきたのです。
中には、実母に中出しなどと言うタイトルを聞いただけでおぞましくなるよ
うなビデオまで。
極めつけは息子さんの精液が付いた佐藤さんの下着が出てきたそうです。
私は話を聞いていて、ふっと我に返り昼間のファミレスで、しかも隣に貴之
がいるのになんて話しをしているんだろう。と貴之と席を立とうとしたので
すが、「ちょっとまって、お母さん」と貴之に引きとめられたのです。
「僕もお母さんとしたいんだ」貴之の口からとんでもない言葉がでたので
す。
私は周りのことも気にせず「自分の言ってることがわかってるの?」
と大声を出してしまいました。
自分の声の大きさに自分で驚き、少し冷静になり「貴之、そんな事思っちゃ
だめ、そんな事するのは頭のおかしい人なの」なだめるように言いました。
そして貴之の手を引いて席を立ったはずでした。
立ったはずなのに、そこから意識がないのです。

異様な感覚で目を覚ましたのですが、頭痛とだるさが残っていて自分の置か
れている状況がよく分からず起き上がろうとしたとき初めてわかったので
す。
私は、佐藤さん宅で全裸にされ手足をベッドに縛られていたのです。
「大木さん、ごめんなさいね」足元から佐藤さんがすまなさそうに声をかけ
てきたのです。
「なんで私がこんな目に」声を出そうにも口にガムテ-プが貼られて出ません
でした。
「貴之は、貴之は無事なの?」
頭をおこし足元を見ると私の恥ずかしい場所に顔を埋めていました。
この時になって私はようやく自分の状況を知ったのです。
実の息子貴之が母親である私のあそこを両手で広げて舐めていたのです。
「いやー、貴之やめなさい。」
言葉にならない声を出してやめさせようとしましたが、やめる気配など微塵
もなく、ついには、息子の口から聞きたくもない言葉を発したのです。
「お母さんのおまんこ濡れてるよ。」
そんな馬鹿な、実の息子にそんな事をされて濡れる母親なんているもんです
か。
そう思った矢先、胎内から溢れるものを感じたのです。
「感じちゃ駄目、感じちゃ駄目」
頭の中でくりかえし自分に言い聞かせ必死に耐えなんとか貴之を思いとどま
せる方法を考えました。
貴之の手が胸に延び乳首をつまむと体中に快感が走り思わずのけぞってしま
い、もっと続けてほしいと思うようにもなったのです。
女陰を実の息子に舐められながら、その姿を赤の他人の佐藤さん母子に見ら
れて、私は異様な感覚に包まれ始めたのです。
腰がかってに動き、女陰を貴之の口になすりつけるようにせりあげてしまう
のです。
そんな私を貴之はどう思ったのでしょう?
はしたなく淫乱な女だとおもったでしょうか?
「貴之、こんなのは、本当のお母さんじゃないからね。お願いだから淫乱な
お母さんなんて思わないで。」
心で叫びながらも、もう体は言うことを聞かなくなっていました。
口にガムテ−プを貼られていなかったらはしたない声を貴之に聞かれていた
に違いなくせめてもの救いでした。
既に体の中は溶け愛液は溢れっぱなしでした。
ようやく貴之が女陰から離れ天国のような地獄から開放されたと思ったので
すが、本当の地獄はそれからだったのです。
結婚当時から子供は最低二人は欲しいと思っていて毎朝基礎体温を計ってい
ました。
しかし、貴之を産んだ後は、「その日」になかなか主人と合わず十数年経っ
てしまいました。
そう、今日がその日、生理前の一番妊娠しやすい日なのです。
起き上がった貴之の股間には、勃起したおちんちんが。
「うそっ、冗談でしょ。貴之、お母さんなのよ。本当の母子なのよ。」
体中から血の気が引きました。
「佐藤さん、助けてーっ。お願いよ、貴之をなんとかして。」
佐藤さんを見て絶望しました。
私の目に飛び込んできたのは、既に息子さんと交わっている姿でした。
「お願いよ、貴之思いとどまって。せめて、せめてコンド−ムを着けて。」
そんな私の想いを無視してとうとう貴之が私の中に入ってきたのです。
挿入と共に貴之は嬉しそうな声を出しました。
涙で曇った視界に貴之の顔があります。
嬉しそうな顔で、しきりに、「お母さん気持ちいいよ。」と訴えてきます。
その声を聞くたび、母子じゃなかったら。と悲しくなるのです。
「あーっ、お母さん。出る」
「なんで?どうして?だめっ。」
私は貴之から逃れようと縛られている足に力をいれました。
そう、逃げようとしたのです。
しかし、そのせいで、腰が持ち上がりかえって貴之を胎内深くまで迎え入
れ、お腹にひきつられて子宮口が広がって、そこにおちんちんがくっついた
のです。
貴之は、私にしがみつきました。
そして子宮の中に熱い精液が流し込まれました。
どくっ、どくっと何度も何度も入ってきたした。
私は、恐ろしさで身動きできず固まってしまい、貴之の精子をすべて受け止
めてしまったのです。
その後も貴之は何度も私の中に射精して、ついに私もよがり狂い貴之を求め
てしまったのです。

その後、生理があったので安心して貴之と体を重ねてしまい、毎回私の中に
射精させていたのです。
そしてやはり、恐れていたことに貴之の子供を妊娠してしまいました。
実の息子貴之の精子で妊娠した私の体の中で淫乱の炎が燃えています。


メンテ

Page: 1 |

Re: 中学生の息子 ( No.1 )
日時: 2008/04/15 12:57:02
名前: 名無しのゴンベエ

大阪の37歳の専業主婦です。
昨夜とうとう14歳のひとり息子と関係を持ってしまいました。
私の夫は10歳年上の47歳で、某大企業に勤めています。
出世コースにも乗っているようで、リストラもされず、
私達家族は何不自由ありません。
でも私には一つだけ不自由なことがありました。
それが夫とのセックスです。
仕事が忙しく、疲れているのはわかるのですが、月に一度か二度あればいいほうで、
私は完全に欲求不満でした。
それでそのハケ口を若い男の子とのセックスに求めていました。
出会い系の掲示板にメッセージを載せれば、
たくさんの男の子達から何十通ものメールが来ます。
その中から適当に選んでは返事を出して、
息子が学校に行っている間に彼らとのセックスを毎日のように楽しんでいたのです。
でも春休みになるとそうそう外出するわけにもいかず、
悶々とした日々を送っていました。
それでいつも身近にいる息子を誘惑してしまったのです。
息子は14歳ながら170を超える身長とテニス部で鍛えた引き締まった体をしています。
その彼が毎日オナニーをしていること、
そしてそれに私の下着を使っていることも知っていました。
ここ数日暖かくなってきて薄着になった私を見る目も「女」を見る目になっていました。
それに気付いてから私は家の中では意識的にノーブラで胸元の開いた服を着たり、
丈の短いスカートや短パンを履いて彼の反応を見ていました。
案の定息子は背の低い私の上からさり気なく覗き込むようにしたり、
リビングで私の正面に座ったりしていました。
そんな時息子の股間が徐々に膨らんでくるのを私は見逃していませんでした。
息子は勃起すると何気無さそうに自分の部屋に戻っていました。
昨夜は夫が出張で家の中は息子と私だけでした。
夕食の後片付けも終わり、息子とソファに並んでビデオの映画を見ていました。
息子は映画よりも私の胸元が気になるようで、チラチラと覗いていました。
私が徐々に息子に寄り添うように持たれかかっていくと、
息子のスウェットの股間は見る見るうちに膨らんできました。
私はしばらく知らん振りをしていましたが、やがて息子を見上げ、
「どうしてこんなになっちゃたの?」と聞きながら彼の股間の膨らみに手を添えました。
息子はひどくあっせた様子で、答えられずにモジモジしていました。
私は股間の膨らみに添えた手をゆっくりと動かし、
「おかあさんのせいなの?」と聞くと、
息子は小さな声で「うん・・・」と頷きました。
「そやったら治したげる。」と言って私は息子のスウェットとトランクスを引き下げ、
おチンチンを取り出しました。
それは息子よりも大柄な夫のモノには及びませんが、
決して小さくはなく、逞しくそそり立っていました。
「立派になったやん」と言いながら私は息子のモノに頬擦りし、
手でしごき始めました。
息子は「はぁ〜」と声をあげ、感じているようでした。
私は手を止め、「お風呂できれいにしてからもっと気持ちいいことしてあげる。」
と言って息子を浴室に連れて行きました。
浴室で息子の体を丹念に洗い、彼のモノにしゃぶりついて一度イカせました。
いくら飲み込んでも口からあふれるほど大量の精液が飛び出してきました。
その後は寝室のベッドに彼を寝かせてディープキス、フェラチオ、シックスナインと、
いつも男の子達と遊んでいる時の様にしていたのですが、
やはり自分のおなかを痛めた息子とやっていると思うと、
全然感覚が違うものなんですね。
息子の拙い愛撫でも物凄く感じるんです。
耐えられなくなった私は息子のモノに手を添えて騎乗位で挿入しました。
今まで経験の無い様な快感が体を走り、夢中で腰を動かしました。
息子もオナニーでは得られない快感を感じていたと思います。
すぐに息子は「出る〜!」と叫び、私の中でドクドクと精液を放ちました。
その瞬間私もイってしまいました。
私は息子の上に倒れこみ、彼のモノを中に咥え込んだまま余韻にひたっていました。
息子が「おかあさん、ありがとう。初めてはおかあさんとやりたかったんや。」と言い、
キスをしてくれました。
すると私の中で小さくなりかけていた彼のモノはまた大きくなり、
そのまま2回目を始めてしまいました。
その後は何度も求め合い、何回イッたのかわからないほどでした。
明け方にようやく眠ったと思います。
気が付くとお昼前でした。
今息子はクラブの練習に行っています。
そして夫は明日出張先でゴルフがあるとのことで日曜日まで帰ってきません。
今日も明日も息子とこころゆくまで求め合うことができます。
近親相姦という今までとは全く違うセックスに完全に溺れてしまいました。
もうすぐ息子が帰ってきます。楽しみです。
メンテ
Re: 中学生の息子 ( No.2 )
日時: 2008/04/15 12:58:35
名前: 名無しのゴンベエ

私には今年中学に上がる息子がいます。その息子と・・・
最後まではいかなかったのですが、かわいい子供とするということがこんなに
いいものだとは思いませんでした。
主人は2年前まで出張していました。主人とは月に1度、出張先のアパートの
掃除に行ったときにする程度で、現在こちらに帰ってきても月に1度すればい
いくらいになってしまいました。世間では真面目で通っていて、セックスに関
しても自分が満足すればそこで終わってしまいます。
私も10年以上つとめている職場では真面目で通っています。でも、主人の月
に1度程度のセックスには満足していません。
息子とは、寂しさもあって主人が出張から帰るまで一緒に寝ていました。本当
にかわいくって、息子が寝てから息子の腿を私の股間に挟み、自慰行為をした
り、息子のまだ子供子供したオチンチンを触ったり、ときどき口に含んだりと
寂しさを紛らわしていました。
先日、私は平日の休みが取れたので家でゆっくり掃除をしていました。息子は
春休みなので友だちと出かけたりしていましたが、この日は遊び疲れたのかソ
ファーで寝ていました。一度寝込むとなかなか起きない息子。私は2年前を思
い出し、久しぶりにアレを触ってみようと思いました。掃除機を止め、息子に
近づき声を掛けてみましたが、やっぱり目を覚ます気配がありません。
ジーンズをおろそうとすると、下着もいっしょにおりてしまいました。一気に
飛び出たオチンチン、皮が半分くらい剥け、周りには陰毛が完全ではありませ
んが生えています。これからする行為に、私の股間がジワーッと濡れてくるの
を感じました。
オチンチンを皮をむくように口に含み、口の中でもてあそぶように転がし始め
ました。2分くらいもすると、オチンチンがムクムクと大きくなってきます。
エッ、と思いました。主人のへなへなしたものと格段に違うのです。
私は左手で息子の玉を転がし、右手は私の股間へ、口はオチンチンに歯が立た
ないように柔らかく舌の上でピストン運動を繰り返します。5分もしない間に
ぎんぎんに大きくなった息子のオチンチンから白い精液が吹き出しました。少
し苦い味ですが、次から次から出てくる精液を残らず飲みました。
環境の違いに反応したのでしょうか、息子が目を覚ましてしまったのです。私
の気持ちの中で、かわいい息子から大人の息子に変化した息子を目の前に、始
めてから5分くらいで、それに息子が目を覚ましたくらいで火のついた体が収
まるわけがありません。
息子に抱きつくようにし、息子の股間を左手で擦りながら、息子の名前を呼び
ながら「愛して、愛して」と言ってしまいました。一度精液をはき出し萎えて
いたオチンチンは元気に回復していたので、息子に馬乗りになるようにしてジ
ュルジュルになっている私の股間に挿入しました。
息子は何が起きたのかわからないかのように目を白黒させていましたが、そこ
は大人になりかけた人間です。本能のままに私の上下する腰に合わせ、腰を使
っていました。
真面目一本の主人と違い、今度は私が上になり腰を上下していると思うだけで、
私は股間だけでなく体全体が熱く燃え上がっているようでした。こんな体験は
生まれて初めてでした。これが満足することだと実感できました。
息子にはだれにも言わないことをお互いに約束しました。主人の居ないときに
またしようと思います。息子も感激したようで「お母さん気持ちよかった。最
高」と言ってくれました。50歳を過ぎた私ですが、今から第2のセックス人
生をエンジョイできそうです。
メンテ
Re: 中学生の息子 ( No.3 )
日時: 2008/04/15 13:03:07
名前: 名無しのゴンベエ

私は34歳、身長は158センチ、体重は52キロ、ちょっとおデブかも知れな
い。
でも、バストは86、ヒップは93、ウエストは66だから、そこそこ見られると
思う。
息子の淳史くんは15歳、中学三年生、身長は175センチ、体重は70キロちょ
っと。
顔はパパ似で、SMAPの慎吾君見たくて、足も長い。
オチンチンも17センチもあった。
初めての時(夏休み)には、もうちょっと小さかったような気もするけど。
きっかけは、なんだったのかなぁ・・
去年くらいから、近所の高校生やOL、若い奥さん達の下着が盗まれるジケンが起
き始めて
今年になって、私のショーツも何枚か無くなって、やだなぁ、って思ってた春休み

あつくんの部屋を掃除してたとき、ベッドの下から、ショーツを大量発見!
私のもあったけど、ほとんどのショーツが(多分、)あつくんの精液でガビガビに
固まってた。
スッゴイ!ショック。
自分の息子が下着ドロボーだょ・・
それにHビデオや、写真本がイッパイ。
あわてて、ベッドの下に元のまま押し込んだけど、なんか、それからあつくんのこ
とを、
「こども」じゃなく、「おとこ=オス」として見るようになっちゃった。
それからもずっと気になってたんだけど、近所の下着ドロボーもなくなったし、
(私のショーツは時々無くなったけど。)
落ち着いたかなぁ・・と思ってた。
それで、とうとうあつくんとの初めての日、夏休みの8月5日(このパソコンの日
記に
書いてある。)、日曜日だけど、パパは仕事に出かけて次の日じゃないと帰って来
ない
予定で、あつくんは朝から、予備校の模試に出かけて、私一人だった。
洗濯して、掃除して、久しぶりにあつくんの部屋の掃除、気になってたベッドの下

覗くと、やっぱりあった。
でも下着は私のショーツ2枚だけ、他には無い。
Hビデオも1本だけだけど、・・・「近親相姦3」!!!、大大ショック!!!!
力が抜けて、座り込んじゃった。
ちょっとぼんやりしてから、あつくんのベッドの足元に置いてあるビデオで見てみ
た。
40くらいの化粧のどぎつい「母親」とキンパツの「息子=高校生」の話、ボカシ

入ってたけど、けっこうH!、いつのまにか夢中になって、いつのまにかあつくん

ベッドの上で下半身裸になって、オナってた。
『母さん、母さん!』・・『けんちゃん(だったかな?)、けんちゃん!』
ぐちゅぐちゅ、とか、喘ぎ声とか、ビデオの音に合わせて、指で自分のクリちゃん

苛める、大股開きで声を上げて、自分の人差し指を出し入れして、ビデオのクライ
マックスに
合わせるように、目を閉じてオナる。
「ママ!」
私の両膝が押さえ込まれて、あそこに堅くて熱いものがねじ込まれて来た!
ウソ!って思って、目を開けると裸のあつくんが私に覆い被さってる。
あつくんの顔のアップ!、キスを迫ってくる。
オナっててイキそうになってた私の体があつくんの堅いオチンチンをねじ込まれて
思わずキスに応えながら、あつくんの体にしがみつく。
テクニックなんて無い。ガシガシ腰を動かして来る。
もう私はすぐにイっちゃった。
頭の中、まっしろ!体は勝手につっぱちゃうし、おっきい声は出すし・・
あつくんの噴射が体の奥まで届いて、キモチイイコト!!
すこし正気に戻ったとき、あつくんは私の体の上でぐったり荒い息、でも、オチン
チンは
堅いままで私の中でビク、ビクって脈打ってた。
「ママ、ごめん、でも好きなんだ・・」
「ううん、いいの・・ママもあつくんのこと・・好きだし・・」
ゆっくり2回目が始まって、私ももうとっくに捲れ上がってたブラとブラウスを脱
いで
裸になる。
さっきよりはおとなしいけど、あつくんがオチンチンを出し入れしながら、私のオ
ッパイに
吸い付き、揉みながら、キスしてくる。
2回目の射精まで、20分くらい、だんだん激しくなるあつくんの腰の動きに、私

すっかり翻弄されて、あつくんの名前を呼びながら、2,3回イっちゃった。
この体の中で動いてる熱い「棒」が自分のホントの息子の「もの」・・
そう思っただけで、体が勝手に反応して、あつくんの動きに応えるように腰が動い
ちゃった。
「ママ、気持ちいい!出ちゃうよ!!」
あつくんの熱い噴射を体の奥で受け止めながら、私はあつくんの腰に両足を絡め、
背中に
爪を立てながら、ほとんど絶叫しちゃった。
メンテ
Re: 中学生の息子 ( No.4 )
日時: 2008/04/15 22:57:27
名前: 名無しのゴンベエ

息子が私の身体に関心を持っていることを知ったのはつい最近のことです。

洗濯機に入れたはずの下着がときどき見当たらなくなり、しばらくすると洗濯機の中に入っていたりするのです。
我が家は私たち夫婦と息子との三人暮らしで夫はここ半年ほど外国暮らしですから家には私のほかには息子しかいないので、すぐに息子の仕業だとわかりました。

私は以前から近親相姦に関心があり、こうしたサイトも頻繁にのぞいていました。
それというのも私は中学時代に実の兄と兄妹相姦をしていたことがあり、いつかは自分の息子と母子相姦をしてみたいと密かに思っていたからなのです。

私は息子が家にいるときは短めのスカートを穿き、ノーブラで過ごすようにしました。
椅子に腰掛けるときはスカートの中が見えるように大胆に足を組んだり、バスタオルをだらしなく巻きつけただけでお風呂から出たりと息子を挑発し続けました。
駄目押しは自分の部屋でのオナニーです。息子が隣で聞き耳をたてているのを承知しながら声をあげたり、息子の名を呼びながらオナニーに没頭しました。

息子は私が息子と母子相姦従っていることを知ってほとんど毎晩のように激しくオナニーしているみたいでしたが、私の下着のにおいを嗅いだりしゃぶったりするだけでは我慢できなくなったみたいで、ある晩私の部屋を覗き見しました。

私は息子が覗いているのを知りながらわざと大きな声で「ああ、○○ちゃん、いいわ、もっと舐めて、そうよ、そこよ、入れて、ああ、いいわ・・・」と言いながらバイブレーターを使いました。
息子が覗いている、自分の声を聞いている、と思いながらのオナニーは快感が倍増し、普段の何倍も淫液が溢れました。
そのとき息子がおずおずと部屋に入ってきたのです。
「母さん、おれ、母さんと・・・」と言いながら私の身体に覆いかぶさってきました。
私は股を大きく広げて息子に性器がよく見えるようにしながら、「ああ、いいわ、舐めて、もっと舐めて」と叫んでいました。
息子は私の性器に顔をうずめて性器の匂いを嗅ぎ、夢中で舐めすすります。
私は気持ちがよくて「いいわ、いいわ」を連発しました。
息子はひとしきり舐めすするとたくましく勃起した肉棒を膣にあてがいましたが、どうしたらよいかわからないようで途惑っているみたいでした。
「そのまま押し付けてくれればいいのよ」と言ってやると「うん、わかった」と言ってゆっくりと挿入してきましたが、その気持ちのよさと言ったら死ぬんじゃないかとさえ思えました。

息子も「母さん、いい気持ちだ」と言いながら腰を激しく遣い、あっという間に射精してしまいましたが、肉棒はなえる気配もなく膣の中で隆々としています。
「もっとよ、もっとやって、いい気持ちよ。ああ、いいわ、もっとよ」といってやると、息子もさらにハッスルして何度も挑んでくれました。

この日私たちは夜の明けるまで何度もやり狂い、口でもやってあげました。
それが11月の半ばころの話で、あくる日からは誰はばかることなく毎日やっています。冬休みに入ってからは朝から晩までそれこそやりっぱなしで、昨日の大晦日は紅白歌合戦を観終わってから今朝までぶっ続けで7回もやってしまいました。
いくらやってもやり足りないみたいで、今日も朝からやりっぱなしでした。

私は41歳で息子は16歳です。
メンテ
Re: 中学生の息子 ( No.5 )
日時: 2009/03/19 20:55:55
名前: 名無しのゴンベエ



東京の郊外に住んでいる専業主婦のみゆき40歳です。
42歳の旦那と中学2年の息子(カズオ)と3人で暮らしています。
自慢の息子は水泳部に入っているので筋肉質の体で180cmの長身なんです。
最近その息子の視線が、私の胸の方ばかり見ているように感じ始めました。
「え、見てるのかな?・・・」
「まさか・・・」
「そんなことは、ない・・・」
まだ、まだ子供と思っていました。

私は、身長165cmでバストがEカップです。
自分でもまだまだいけると思っています。
今は海外に単身赴任している旦那も日本にいた頃には週に2回は求めてきていました。
でも息子の視線が、胸に集まりだして、だんだん私もそれを意識するようになっていたのです。

私がその視線を感じた時、息子の下腹部に目をやると、なんと息子の下腹部が、大きなテント張って、そそり立っていたのです。
私は、その瞬間ドキドキがとまらなくなり、体から力が、抜けていくようでした。なぜか、パンティーが、グチョ、グチョに濡れていました。初めて息子に男を感じた瞬間でした。

息子は、スイミング・スクールに通っており、私は、いつも迎えに行きます。そこは観覧席から息子を見ることが、できるのですが意識し始めてから息子の水着姿を見るとドキドキしてしまいます。そして、下半身にどうしても目が、いってしまいます
よく見ると、息子のあそこは、かなり大きいのです。

そしたら、私のあそこもジトーと熱くなります。
我慢できず、スイミング・スクールのトイレで自分を慰めてしまいました。
こういう日々が続き息子とのSEXを想像しだしました。
わざと、ミニTシャツを着て息子の前に立ってみたり、ノーブラで家を歩きまわってみたり、それだけで私は、なぜか、濡れてしまいます。
息子も私をより深い視線で見るようになってきました。
でも、私には、きっかけが、わかりません。
そうなったらいけないとも思いました。

大事な一人息子です。今後のことを考えると、とても不安です。
でも、息子を男として見るようになってしまいました。
息子に抱かれている私自身を想像してオナニーしてしまいます。息子にフェラをしてあげたい。気持ちよくしてあげたい。
息子に私を見てほしい、見せたい。
もうだめです。
この感情を抑えきれなくなってきています。

去年の7月暑い日のことです。私は体のほてりが収まらず、どうしても息子を誘惑したい気持ちになりました。お気に入りのキャミを洗濯に出していたため何を着ようかなと悩みサマーセーターピンクに白のミニスカートにしました。パンティーはもちろん着けませんでした。

化粧も念入りにし自分を鏡で見て今から実行することを想像したらまた、あの部分が、熱くなっていきました。クリを自分で慰め、中に指を入れまさぐりました。
かなり、声を出してしまいました。息子カズちゃんのことを思い
「カズちゃん」
と叫んでしまいました。すぐイってしまいました。
息子は、夜の8時ごろ帰宅しました。
すぐ、食事にしました。

私はビールを飲みながら、たわいのない話が、続きいつ切り出そうかなと思っていると食事は、終わってしまいました。あとかたずけを終え2人でテレビを見出しました。
やはり、言葉には、できない・・・
あせりました。今日は、いいかな・・・
でも、息子のトランクスから見え隠れしているちんちんを見たときに勝手に息子の横に座りそっとちんちんを刺激しました。息子は、びっくりした様子でこちらを見ました。
息子は声が、出ない様子でした。

その様子を見て手でおちんちんのマッサージをしました。
おちんちんは、見る見る大きくなり完全にトランクスからはみ出しました。
私は息子に初めてキスをやさしくやさしくしました。
息子も徐々に舌を入れてきてくれます。
何分を何回も長いキスでした。

息子のペニスを取り出して私がフェラをした瞬間に息子は発射しました。すごい勢いで大量の精液をドクドクと噴射しました。私はむせて
「ゴホ、ゴホ・・・」
と声を出してしまいました。
その時、とても可愛いいと思いました。精液を丹念になめあげると、すぐにまた大きくなります。
もう一度、やさしくやさしく息子のちんちんをかわいがりました。はじめて、息子は
「ママ」
といって抱きついてきました。またその瞬間にイきました。
私もなぜかイってしまいました。
もう一度フェラをしだしました、丹念になめました。

私は、入れてほしくなりましたが、その言葉は、いえませんでした。息子は、今度は、長く我慢していました。かわいいと思いました 
2時間ほどソファ−の上で愛撫を繰り返し 私は、満足しました。
息子は満足したのか自分の部屋に戻りました。
私は寝室に入りベットの上でボーとしました。
カズちゃんは、どうおもったかな?など考えました。

次の日に朝早く息子は、学校に行きました。
「昨日、ごめんなさい」
と声をかけました。
すると息子は、私に手紙を渡しました。
その手紙には、昨日は、びっくりした。気が、動転しているという内容でした。
その日は息子にどう対応していいかわかりません。
でも、昨日のことを思うとやはり、1度でいいから抱かれたいという欲望が、消えません。1度でいいとまで思っていました。
かわいい息子が、男に思えてきたのです。
他人に見えてきました。

息子が、帰りました。
息子の食事の支度をし息子は、ご飯を食べました。
息子の視線は、私の胸をちらちら見ています。
今日は、ミニティー ノーブラなのでよけい乳首が、目立ちます。それを、息子は、食事をしながら見ています。私も、乳首が、立っています。
私は、もうべっとり濡れています。愛益が太股を伝わって落ちるほどでした。

言葉にならない声で
 「なに見てるの お母さんに興味ある?」
と聞きました。
息子は
「うん」
 と答えました。
「お母さんきれいかな?」
「うん」
と返ってきました。

息子は、急に立ち上がり私を抱きしめてきました。
まだ、私は、準備が、できなかったので、
「まって・・・」
 といい
「最初の女が、ママでもいい?」
と聞きました。
息子は
「うん」
と答えました。

そしたら、お風呂に入るから後で部屋に来てといいました。
その後すぐに風呂に入り息子は、すぐに部屋に来ました。
いきなり、息子は、キスしてきました。
私もそれに答えます。ねっとりとした。
唾液を飲みあいました。それぐらい、はげしいキスでした。

息子に服を脱がせてもらいました。
息子の服を脱がしました。筋肉質の鍛えた体がまぶしかったです。
そして上から全身を丹念になめてあげました。

息子も積極的に愛撫してきます。
それが、ぎこちなく 私は
「クリは、ここよやさしくなめてみて」
と教えました。
私は、それだけで何度も  
「いくぅ いくぅ・・・」
と叫び
「気持ちいい!!」
と叫び 早くも
「入れて!」
といって息子自身に触れた瞬間、息子は、射精しました。

息子にフェラをしてあげました。ママ、ママと声を上げてくれます。
私も一生懸命フェラをしてあげます。息子に
「カズちゃん 入れて・・・」
いいました。

カズちゃんのちんちんが、いっきに入ってきました。
堅くて立派なカリのペニスです。私は鳥肌が立ち心臓がドキドキ波打ちました。
カズちゃんは 「あは〜」 と声を出し 「イイ〜・・」 といいました。
とうとう私たちは、母子でSEXしたのです。

これは私の願いでした。やっと息子に犯されている。 それだけで何度もイきます。
「カズちゃんもっとついて もっと もっと いい いい・・・」
母子同時にいきフィニッシュしました。

その後、カズちゃんは、私に甘え何度もキスをしておっぱいを含みました。私は息子に
「後悔は、ないの?」
と聞きました。
「ない、ママとすごくしたくて自分で何度もオナニーしていたよ」 といってくれました。
「ママの中に入れたかったんだ。」
とも言いました。
その夜、カズちゃんは私の膣の中に5〜6回ほど射精したのです。

次の日の朝、朝食が終わると同時に息子が
「また、ママの裸が、見たい」
と言い出しました。
私は、キッチンで自分から服を脱ぎました。
しばらく、私の体をなめ回すように見ていた息子が、立ち上がり大きくのけぞったちんちんをたたせ、私に見せます。
そのとき初めて、息子のちんちんが、旦那より大きいと思いました。

後ろから、入ってきました。 
「あ〜 いい〜」 
バックですると息子の大きなペニスが子宮にあたり 私が、先にイきました。
「ママ、ママ」
といって何度も突き上げます。
最後に
「ゆりこといって」
 と頼みました。
カズちゃんは
「ゆりこ・・・」
といって イきました。

その日からカズちゃんは夜になると私のベットに忍んできます。
私は生理の時、以外はSEXしているのです。
近頃は私のアヌスに興味を持ってイタズラをしてきます。
「ダメよ」
といつも嗜めていますが、いずれ近い内に後ろの処女をカズちゃんに犯される気がしています。
メンテ
Re: 中学生の息子 ( No.6 )
日時: 2009/03/24 19:13:36
名前: 名無しのゴンベエ



都内の都立病院で看護師をしている39歳の×一です。
一人息子の中学3年のケンジと2人でマンション暮らしをしています。

1年前の事です。夏休みのある日、勤務する病院からお昼休みに帰ってきました。ケンジの部屋に行くとパソコンをしていました。
「お帰りなさい。今日は白衣姿だね。暫くぶりだね。」
「すぐ支度するから待っててね」

と言いながら台所へ向かいお昼の支度をしていました。しばらくしてケンジを呼んで二人で食べ終えて、ケンジが何か言いたそうなので聞いてみると、僕のオチンチンは友達とは違うらしい・・・と恥ずかしそうに告白しました。

お母さんは看護師なんだから見せてみなさいと言い、ズボンとパンツを下げました。すると大きな皮が剥けたペニスが現れました。そっと触ってみると、急に硬さを増し、商売柄沢山のペニスを見ていますが、とてもきく立派でした。
20センチはありピンク色をしてエラが大きく張っていたのです。

私は
「凄い!!大きくて立派よ」
と言いました。
「友達のは皮が被っていてこんなに大きくないんだよ。友達からは、オバケみたいって言われるんだ」
と言うのです。
「そんな事ないわよ。気にしなくて大丈夫よ」
などと言ってると時計のチャイムが鳴り病院に戻る時間だったので、慌しく支度すると家を後にしました。

仕事の間中、息子のペニスの事で頭がいっぱいです。私は股間が熱くなって濡れていました。もう一度見て見たい。触ってみたいと居ても立っても居られませんでした。仕事が終わると着替えをしないで白衣のまま帰宅しました。

白衣姿なら看護師として看るので恥ずかしさを隠せるかと思ってです。帰宅すると息子はテレビを見ていました。
「看護師としてもう一度ちゃんと見てあげる」
と言ってまたズボンとパンツを下ろしました。
「やっぱり大きい!あそこに入れたらどんなに気持ち良いか・・・」
って思いながら無意識にペニスをさすっていたんです。

ケンジは
「気持ちいい・・・おしっこが漏れそう・・・」

「オナニーってしたことあるの?」
と聞くと
「ない」
とのことでした。

「お母さんに任せて・・・」
と言いながら思わず指先に力が入りました。すると私の顔目掛けて大量のザーメンが飛び散りました。
「ごめん。漏らしちゃった・・・」
って言うので、私は
「大人になった証拠よ」
とティッシュで顔とペニスを拭いても全然萎みません。思わず我慢できずにペニスを口に含んでしまいました。

ケンジは
「汚いよ・・・でも気持ちいい・・・」
私は
「今度は口に出してみて・・・」
暫くすると口に出しました。離婚して5年ぶりのザーメンです。
凄く濃くて美味しかったです。
そのまま口にしているとすぐに大きくなりました。今度は思わずパンティを脱いで白衣を捲くり上げペニスを握りオマンコにあてがい息子の巨根の上に腰を下ろしました。

「気持ちいい!」
叫んでいました。こんなに気持ちいい事があるのかと言う位でした。暫くして、ケンジが
「出そう」
と言うので、そのまま中に出させました。
勢い良く大量の精液が私の子宮にあびせられてのです。
愛する息子の為です。全てを受け入れてあげたい気持ちでいっぱいでした。

その日を堺に家の中では夫婦同様の生活を送っていります。毎日、朝晩あの大きなペニスで私を喜ばせてくれます。私は、もっと刺激が出るようにとケンジが喜びそうなエッチな下着やコスプレなどを着ています。
でも、白衣姿が忘れられないのか一番のお気に入りです。

息子も女の扱いが上手になって私をじらし愛液をあふれさすようになっています。
子宮の奥を大きなペニスでゆさぶられると頭が真っ白になって
「ああ・・・いい〜〜!!」
と叫んでいます。
もう私は息子なしでは生きていけないです。



メンテ
Re: 中学生の息子 ( No.7 )
日時: 2009/04/24 11:18:13
名前: 名無しのゴンベエ

私の一人息子は、男に生まれながら女性でありたいと願う心の
病を持っております。初めて気がついたのは小4の頃でしょうか。
ほかの男の子たちとお風呂に入りたくないと泊まりの行事に出なくなり
6年生になると、私の下着を内緒でつけたり、こっそりお化粧を
していたりと、ますますエスカレーとしていきました。
もちろん、カウンセリングにもいきましたが「否定しないで、見守るしかな
い」
とのこと。最初は寝れないほど悩みましたが、先生に諭していただき
息子が中学に上がる頃には、やっと受け入れることができ。
今では、女装した息子とまるで娘のようにショッピングを楽しめるほどに
理解しあえるようになりました。そして去年の夏、お揃いでインナーを
買おうと二人で出かけ、まるで息子と気づかない店員さんの対応に
二人で喜びながら無事帰宅。「勝負下着って言うのねこういうの」なんて
ふざけていると「ママ、お部屋で着てみよう・・・だめ?」
もちろん息子の提案を受け入れ、二人で寝室に向かいました。
一緒に服を脱ぎ始め、改めて気がついたのは、私よりずっと女性らしい仕草
で着替えるのです。「ママこっち見ないで」と恥ずかしがりながら
着替え始める息子、肩幅が少しあるくらいで、どこから見ても女性
私も見とれるほどでした。「ママも早く・・・」「はいはい・・・」
「ちょっとママには派手だったかな〜」と後ろを向き全裸になる時
息子の視線を強く感じ「ん?」と振り向くと「ママすごくきれい」
「また何いってんの、あなたの方が似合ってるわよ!!!?」
振り向いた瞬間、自分の目を疑いました。私と色違いのインナー上下にベビー
ドール
あまりにも似合っている・・・・いやそのレースのショーツからはみ出さんば
かりの
息子のおちんちん・・・すごい・・・今まで数年も掛けて息子を女性だと
自分に言い聞かせた自分が崩れていくのがわかりました。
「ママの胸・・・触らせて・・・」離婚してもう5年近く。再婚も考えました

息子のことを思うと・・・その禁欲の期間が長かったせいでしょう。
純粋に触ってみたと願っているだろうことはわかっていましたが・・・・
「いいわよ」(えっ私なに行ってるの)息子の手を取るとブラの上に押し付け
ました
「やわらかい・・・・・」{あっ}一瞬記憶が遠のく感覚・・・・
自分からブラをはずすと、「恥ずかしがらないで、女性の体ってどうなってる

教えてあげる」{私なに言ってるのかしら}・・・息子の手を引きベットに横
になりました
まるで慈しむような息子の愛撫、そして私を触りながら息を荒くする息子
理性をなくすまで時間はかかりませんでした。息子をベットに寝せると
恥毛のまったくない息子のものを隠すショーツを剥ぎ取ると、口に含み・・・
まるで立場が逆転した男女のように、もだえる息子の顔の反応を見なが
ら・・・
「ママ!ママ!もうだめ・・・」「待って、ママに頂戴、待って」
息子にまたがると・・{すごい・・・}もちろん私がいく前に息子は
私の中で・・・それが息子との最初の交わりでした。
その後も毎晩息子と交わりました。いまは息子といるだけで幸せです。
もし息子が男に戻りたいと思ってくれるならば、いやそうでなくても
普通の結婚ができるようになるまで、このままで痛いと願っています。
メンテ
Re: 中学生の息子 ( No.8 )
日時: 2009/05/19 12:42:03
名前: 名無しのゴンベエ

私は40歳の専業主婦です。
家族は銀行に勤める45歳の主人と15歳の息子の3人暮らしです。
郊外の1件屋で平穏に暮らしています。

1ヶ月ほど前のことです。
息子がお風呂に入っている間にチョット用が有って息子の部屋に入ったところ机の上のパソコンの電源が入れっぱなしになっていて近親相姦のサイトが映し出されていました。

タイトルからアダルトサイトだと判った私は、息子がどんな所を見ているのだろうと軽い好奇心から内容を見てしまいました。正直ショックでした若い女の子の裸に興味が有るのならまだしも、近親相姦サイトだなんて・・・・

もしかして息子が母親である私に性的な関心を寄せているとしたら・・・そう考えると幾つか思い当たる事が有るのです。
例えば私がお風呂に入っている時に洗面所に来て歯を磨くとか・・・洗濯をしてたたんで置いた筈の下着が乱れてたりとか・・・お気に入りの私の下着がなくなっていたりしています。少し変な所がココ最近増えているんです。

このまま息子の行為がエスカレートしたらどうしたら良いのでしょう・・・・。
来年は高校受験を控えた微妙な時期ですし息子を動揺させたく有りませんから直接本人に言う訳にも行かないですし・・・。

思い悩みましたが息子と向き合って話をしました。
結果、一度だけ息子に体を許すことに決めました。
息子と関係を持つって事は旦那を裏切るって事でも有るんですよね・・・旦那には息子の受験が終わるまでって断ってるのに・・・

旦那が4日間出張した日に私は母親から一人の女になりました。
唯、関係を結ぶに当たって幾つかの約束を息子としました。
必ず避妊はする事、4日間が過ぎた後は二度と関係は持たない事、この事は誰にも言わない事・・・
それと、コレは私の為の言い訳ですが久しぶりに旦那を誘ってホテルで抱いて貰いました。
こんな事で旦那への償いになるとは思っていませんが・・・

旦那が出張の日に駅まで送って来ました
息子が塾から帰って来ると、二人で簡単に食事を済まして一緒にお風呂に入りました
何て言うか・・・可愛いですね。
お風呂に入る時に前を隠しているから どうしたの? て聞いたら 
「大きくなっているから恥ずかしい」
 何て言ってるの・・・

昨日までは好きだとか愛している何て言ってたのに・・・
そんな息子を見ていたら悪戯心が湧いちゃって 
「手でして上げようか?」
 って言ってシゴいてあげたんです。

そしたら ピュッピュッ って感じで勢い良く精子を飛ばして逝っちゃいました。
でも、若いって凄いんですね。
息子を湯船の縁に座らせて私が前に膝を着いた形でシゴいていたんですけど私の胸から顔に掛けて飛び散ってザーメンだらけにされちゃいました。強烈な栗の鼻の匂いがお風呂場に充満していました。

お風呂で汚れた体を綺麗にした後は夫婦の寝室へ移動しました。
ベットの有る部屋び裸で二人っきりっていうのは照れますね。
これからセックスをするんだって気分に否が応でもなります。

部屋を少し暗くしてベットに息子を寝かせます・・・
腰に巻いたバスタオルを取ると、さっきお風呂で抜いたばかりなのに固く勃起したペニスが有ります。
「良い?この事は誰にも言っちゃダメよ」
 息子に念を押した後に口で咥えました。

まだ、中学生ですから旦那より小さいですけどペニスに舌を絡めていると時折ピクンピクンって跳ねるんです。それにピンク色で鉄のように堅くガチガチに勃起していました。
このまま口で逝かせても良かったのですが今夜は息子と結ばれると決めていたのでペニスから口を離して場所を入れ替えました。
今度は仰向けに私が寝て横に息子を座らせると足をゆっくりと開き私のアソコを息子の前に晒したんです。

「ココはデリケートだから優しく触るのよ」 
息子の手を取りアソコに手を持って行くと、指をアソコに沈めて来ました。
「 ウッゥン・・・」
少しだけ声を出して気持ちが良い事を息子に知らせました。

ネットで見た事が有っても触ったのは始めての息子は丁寧に優しくアソコを愛撫してくれました。
アソコが濡れて入れる事が出来る様になったので 息子のペニスにゴムを付けると正常位で息子を迎えます。
 「慌てなくて良いからね・・・・ココ・・・・・ウッウゥゥゥ・・・」

手を添えて導いてやると息子のペニスが私のマンコに入って来ました・・・とうとう息子としてしまった。
正直少し後悔は有りましたけど決めた事ですから・・・
「好きに動いて良いよ」
今まで我慢していたのか私が許すと無我夢中で腰を打ち付けて来ました。
「 アッ・・ウッン・・・ウッウッウッ・・・」
強弱も何も無いですが勢い良く突かれると自然と声が出てしまいます・・・このままだと私の方が逝ってしまうと思った時でした。

「あぁぁ出ちゃう・・・あっうっうっ」
息子に限界が来て先に逝ってしまいました・・・
「始めてだから早いのはしょうがないけどもう少し持ってくれたら良いのに」
と思った時でした再び息子が動き出したんです。
「エッエエ!!」
驚きました。 もう2回も出しているのに抜かずに3回目を始めるなんて・・・
結局、その日は合計で4回逝って息子は眠りに付きました。
かろうじて息子の前で逝かないで済みましたが後、3日間耐えられるか心配でした。

翌日、息子は塾から帰って来ると今日は夕飯よりも先にお風呂に入りたいと言うので又、一緒にお風呂に入りました。
昨日は勃起しているのを恥ずかしがっていたのに自慢する様に隠さずに入って来ました。
 「どうする?今日も手で出してあげようか?」
昨日と同じく浴槽の縁に座らせてから声を掛けると
 「ううん・・・口でして欲しい・・・そっちの方が気持ち良かったから」
と、フェラチオを要求して来たんです
 「判ったわ」

私は息子のペニスを軽く洗った後、洗い場に膝を付いて口にペニスを咥えました。
「クチュクチュ・・・シュッシュッ・・ハァハァ・・・ピチャピチャ・・・」
口の中で亀頭に舌を絡ませながら根元を指で扱いてあげると逝きそうになるのを堪えているのか私の肩を掴んで来ました。
 「もう出そうなの?どうする?このままお母さんの口に出す?それともベットに行く?」
何か意地悪をしたくなっちゃうんですよね。
答えなんか判っているのに・・・

「止めないで、このまま続けてよ」
再び咥えると今度は吸い込むようにしながら頭を前後に動かしてあげると、またさっきと同じに肩を掴んで逝きそうになるのを我慢しています。 
親子だからなんですかね?旦那が喜ぶ方法で息子が同じ様に喜ぶんですから・・・。
そのうち限界が来たのか
 「お母さん、もう出ちゃう・・・ウッゥッゥッ・・・」
息子が出した精子を飲み込むと、精子で汚れた息子のペニスを口で綺麗にしてあげました。
 「さっ体を綺麗にしてご飯を食べましょう」
そうは言っても息子のペニスはまだ硬いままなんですよね。
若いって凄いな・・・。
「この続きはベットでするんでしょう?早くしないと寝る時間 になっちゃうよ」
そう言うと息子は急いで体を洗うとお風呂から出て行きました・・・
洗いっこしようと思ったの・・・・・


その夜は息子の好きな様にさせてみようと思っていたので
 「どうしたい?」
と聞くと私のオマンコを良く見てみたいって言うんです。
 「判ったわ」
そう言ってベットの縁に腰を下ろして足を広げると股の間に息子が座って観察しながら指を伸ばして来ました。
本当、恥ずかしかったですよ。 外から見られるだけなら未だしもアソコを片手で広げるともう一方の指を中に入れてぐりぐりするもんだから自然と濡れて来るし、それを見られるしで・・・・

「ココ舐めて良い?」
断る理由も無いので
「いいよ」
って言うと、慣れないながらも一生懸命舐めるんです・・・何かいじらしくって可愛いです。

「お母さん・・・気持ち良くないの?」
「えっ?そんな事無いわよ・・・どうして?」
ビックリしましたよ突然こんな事を聞くんだもん。
「だって・・・お父さんとしている時はもっと大きな声出してるのに・・・全然声を出さないから・・・・・・」

聞けば、旦那とのアノ時の声を何回か盗み聞きしてたらしいんです。
 「・・・・そんな事無いよ・・・お母さん、恥ずかしいから我慢しているんだよ・・・だってホラッこんなに濡れてるでしょ? 感じている証拠だよ」
「ほら、ベットに横になって・・・今日はお母さんが入れてあげるから」

仰向けで横になった息子に跨ると腰を下ろしてペニスを挿入しました。
 「アッ・・・ウッウンンッ・・・・ふぅーぅ・・・・」
 全部入っちゃった・・・
「重くない?・・・・・じゃっ動くね・・・」
 「アンッ・・イイッ・・・・アッアッアッ・・アンアン・・・」

息子に跨り腰を前後させながら声を上げていると何だか本当に感じて来てしまいました。
 「気持ち良い? 今度は好きな様にして良いよ」
正常位に戻ると息子を向い入れます。
 「ウ・・ウン・・・アンアン・・・アーンアーン」
私が声を出しているのに気を良くしたのか勢い良く突いて来ます。


 「アーン モット・・・イイッ・・・ハァハァ・・アッアッ」
 「お母さんっ もう出ちゃう・・・出ちゃうよ」
 「もう少し もう少しだけ我慢してっ・・・お母さんも逝きそうだから・・・」
息子の前では恥ずかしい姿を見せないと誓っていたのに・・・
その為に息子では逝かないと決めてたのに
 「アアッもうダメっ・・・出ちゃう」
 「良いわ・・・来てっ・・・・お母さんも逝きそう」
 「出るっ・・アッアァァァ・・・アッアッ!」
息子が出すと略、同時に私も逝ってしまいました
「ハァハァハァ・・・」

息子はもっとしたかったみたいですが私の方が辛いので2回だけで勘弁して貰ったのですが、約束を一つしてしまいました。
それは、翌日は学校を休んで1日中一緒に居ると・・・
今更、逝く所を息子に隠す必要は無いのですから・・・。

次の朝、学校に今日はお休みしますと電話を入れた後に息子を起こしに部屋に行くと、もう起きていて私を待っていました。

薄手のカーテンを通して朝日が差し込む部屋で裸になるのは少し恥ずかしかった・・・
息子のベットに横になると大きくなったペニスをゆっくりと腰を進めると難なくペニスが私の中に入って来ます。
 「あっあぁぁぁぁ」

あんなに悩んでいたのに、たった2日間で私の理性は飛んでしまったみたいです。
セックスの為に学校を休ませて朝から息子と繋がっているんですから・・・
正常位から騎乗位へ、そして最後は正常位へと戻って息子は射精をしました。
セックスの汗で汚れた体を洗う為にそのままの姿で浴室へ移動するとお互いに体を洗い合って昨日の夜と同じに口で逝かせてあげました。

お風呂から上がると遅めの朝食を摂って、私は家事を、息子は部屋で受験勉強をしてお昼を迎えました。

午後からは息子と一緒にお出掛けです。
車で1時間程走った所にあるホテルに入りました。
初めてのホテルに息子は興奮して入った部屋の隅々まで見て廻っていました。
ホテルは防音がちゃんとされているので周囲に気を使う事無く大きな声を出せるのが良いですね。

息子に抱かれ、後ろから激しく突かれながら大きな声で悶え喘ぎ声を上げて何回も逝かされました。
連続で逝かされた私は疲れ切って運転が出来ないので1時間ホテルを延長して休んでから家へと帰りました。


ホテルから帰りながら外で食事を済ませて家に帰ると息子がいきなり後ろから抱き付いて来ました。
私は、朝からもう何回もしているのでもう満足して今夜はセックス無しでお風呂に入って寝るだけと思ってたんですが・・・・
息子の性欲はまだ満足して無かったようです。

 「ちょっ ちょっとこんな所で・・・何を・・・アッ・・・」
玄関で後ろから抱き付かれ服の上から胸を揉まれると声が出てしまいました。
 「ココじゃダメよ・・・ウッ・・・誰かに見られたら・・・アン」
ドアを誰かが開けたら全て知られてしまう そんな恐怖心が有った筈なのに抵抗らしい抵抗は出来ませんでした。

 「お母さん ねっ良いでしょ? ねっ?」
片手は胸に、もう一方の片手はスカートの下から手を入れて下着越しにアソコを刺激して来ます・
 「アァ・・ダメッ・・・こんな所で・・・ハァハァ・・・アッアッ・・・」
 「せめて・・鍵を・・・しめ・・てっ・・・ハァハァ」
拒否するどころか鍵を閉めればセックスをしても良いと思わせる言葉を言ってしまいました。

「鍵を閉めれば良いんだね・・約束だよ・・・・」
息子は鍵を閉める為に一旦離れると直ぐに又、戻ってきました。
離れた隙に部屋に移動すれば済むのに私はその場で動けずに居ました・・・既に感じ始めていたからです。

 「お母さん・・パンツ脱いで・・・」
戻って来た息子に耳元でそう囁かれると何故か抵抗出来ませんでした。
 「あぁ・・・恥ずかしい・・・・・」
玄関で下半身を息子の前に晒してるのですから当然なんですが・・・・唯、恥ずかしいだけでなく・・・・・・
私はそのままの格好で床に手を着いてお尻を息子に向けて高く上げるとお尻を掴んでアソコを舐められました。

 「ア〜ン アァア・・・イッ」
場所も弁えず声が大きくなってしまいます。
 「お母さん!そんなに大きな声出すと近所に知れちゃうよ」
息子が原因なのに・・・

 「ねぇ 寝室に移動してッ・・アッ・・ンッ」
息子はどうしてもこの場でセックスをしたいらしくお尻を掴んだまま離れようとしません・・・
このままでは今以上に大きな声を上げてしまう・・・そう思った私は何かを噛み締めて声を堪えようと周りを見渡すとある物が目に入りました・・・・・・さっき脱いだ私の下着が・・・


 「ウグゥ・・ウンウン」
玄関先で自分の下着を口に入れて快感の声を堪えているとまるで誰かに犯されているかのような錯覚を覚えました。

 「お母さん・・・入れるよ」
 「あっ!ダメーッ!」
息子はゴムを付けないまま私の中に入って来ました。
とうとう私は最後の一線を越えてしまいました。

家庭を守る為・・・息子に体を許すに当たってコレだけはと決めていたのに快楽に負けて全てを捧げてしまいました。
 「あぁぁ・・・イヤー・・・抜いて・・・」
夢中で腰を振る息子に私の声は届かない様で私に覆い被さり本能のままペニスの出し入れを繰り返します・

 「ううっ 出そう・・・」
 「アァッ それだけはダメっ! お願いっ外にっ!」
そんな私の願いは無視されて中にそのまま出されてしまいました・・・・

逝って興奮から醒めた息子も自分のした行為にショックを受けて謝ってばかりでした。
 「大丈夫だから・・・ねっ?・・一緒にお風呂で綺麗にしましょう?」
項垂れる息子を連れて浴室へ行ってお互いに体を洗い、湯船に浸かって気持ちが落ち着くのを待って息子を慰めました。
 必ず妊娠する訳じゃないから心配しなくても大丈夫よ・・・
それでも、息子は責任を感じたのか一人で浴室から出ると自分の部屋へと帰って行きました・・・

あの日から1ヶ月経ちました。
一度きりの約束のSEXでしたが若い息子には我慢が出来ないようでした。
今では毎日のように私の体を求めてきます。
息子に激しく抱かれた日の夜に主人とも・・・。
私って悪妻ですね。


メンテ
Re: 中学生の息子 ( No.9 )
日時: 2009/07/18 20:09:02
名前: 名無しのゴンベエ

私は市役所に勤めている40歳の×いちの女です。
3年前に夫が若い女と浮気していることが分かり離婚しました。
その後、一人息子の健一と2人暮らしをしています。

去年の夏のことです。
息子(中学3年)の部屋がちらかっているので簡単に掃除していました。
その時、DVDが出てきたのです。近親相姦ものでした。
「何?これ!」
私は吃驚しました。
よりによって近親相姦。あの子がまさかこんな趣味があるのかしら・・・近親相姦に。
それは母と息子のものでした。

私は息子が帰ってきたあと、息子に
「あなた何これは」
「あっ、勝手に触るなよ」
息子はとり返えそうとしましたが私は渡さず
「あなたおかしいんじゃないの」
「うるさいな〜」
「もしかしてお母さんとこんなことしたいと思ってるの?」
「どうでもいいだろ」
否定しませんでした。信じられない・・・。

私はなおも
「返さない」と
「返さないんならやっちゃうぞ!」
私は
「出来るもんならやってみなさいよ」
興奮していたので、そう言ってしまってたみたいです。

息子はしばらく黙ったと思ったら
[いいんだな・・・]
そういうと取り返すのを諦めたのか私を捕まえてその場に押し倒しました。
そのあと息子は
[返してよ・・・]
小さな声で言いました。この子なんだかんだ言ってもやる勇気ないんだ。
私は急に強気になり
[お母さんをやる勇気もないくせに生意気言いなさんな。こんなの見るのおかしいよ]

私は離れようと思ったその時、息子が私の乳房を揉んできたのです。
私は思わず
「きゃっ〜嫌っ!!」
て言ってしまいました。
「あなた自分のしてることわかってるの?」
「やっていいんだろ?」
「何言ってるの?」


「やれるもんならやってみろって言っただろ」
そう言いながら息子は私の服を脱がせ始めました。
激しく抵抗しましたが息子は柔道2段なんです。息子の力には負けてしまいます。
てこずってはいましたが、とうとう私は全てを脱がされました。そして息子も裸になりました。

「信じられない!!」
息子の下半身には20センチほどもあるかと思われる大きなペニスが天をついていました。ピンク色したペニスはビンビンでした。その巨大なものを見た瞬間、恥ずかしながら私のあそこが濡れてきました。
長い孤閨に耐えていた私の性のスイッチが入ってしまったのです。

私達は全裸になり、もはや息子を止められない状態になっていました。
息子は私の乳房を吸ってきました。力では勝てないので抵抗はしませんでしたが
「こんなことすると後悔するよ。私達は親子なのよ。こんなことしてはいけないのよ」
と、諭しはしましたが、興奮した息子はもう止まらない雰囲気でした。

やがて息子は
「俺もう我慢できないよ」
そう言うとペニスを私のあそこに入れようとし始めました。息子のペニスを握っていれさせるのだけは止めさせなきゃと思いましたが・・・。私は両手を抑えつけられ、それが出来ません。

息子は私にのしかかり盛んに腰を振りたてています。でも私のお臍を突くだけで入れることは出来ません。私はほっとした反面・・・なんだか息子が可愛そうになっていたのです。何がそうさせたのか分かりませんが・・・私は息子のぺニスが入るように腰を動かして誘っていたのです。

ちょっと時間がたった時、私の中に息子の巨大なペニスの先が入りました。
もうその頃には私のあそこは息子のペニスを求めてグチョグチョに濡れていたのです。
息子は一気に深く押し込んできました。
息子は
「これが女のあそこなんだね。暖かくて気持ちがいい」
そういうと腰を突きたて始めました。
「あぁ・・いい感触」
そういいながら息子は腰を振り続けました。

私は息子のなすがままにつらぬかれるだけでした。
2〜3分もすると息子は意気が荒くなり
「うっ!」
と言うと私の中に精子を出しました。子宮の奥に勢い良く暖かい精子が飛び出してきました。


その後息子は急に冷静になり
「お母さんごめん」
と言いましたが、私は
「もう、今更おそいよ」
と言いました。
驚いたことに一度射精した息子のペニスは小さくなりません。勃起したままなんです。
息子は再び腰を激しく降り始めました。結局、その日は5回ほど息子は精子を私の子宮に注ぎ込みました。

息子は私が始めての女だったようです。
「お母さんが初めての女でよかったの?いくつになってもこの事実は消えないのよ」
って聞くと。
「よかったよ」
って言ってくれました。

その日を境に息子は私を毎晩のように抱くようになっています。
あれから1年になりますが息子も成長し今では私をじらすテクニックも身に付けて余裕があります。毎回めくるめく天国に導いてくれています。
女盛りの私の体はもう息子なしでは生きていけないかも・・・。


メンテ
Re: 中学生の息子 ( No.10 )
日時: 2010/11/23 10:37:42
名前: 名無しのゴンベエ

私は38歳の専業主婦です。
主人と中学3年の息子と3人暮らしをしています。息子は成績優秀で将来を楽しみにしています。それがこの数日で私の人生が大きく変化してしまいました。  

主人が20日間の予定で中国に出張しました。そのあいだ、私は息子とふたりだけの生活となりました。その初日の夜でした。私がお風呂から上がり、脱衣場で体を拭いて下着を着けようとした時、突然息子が全裸で飛び込んできて私に襲い掛かったのです。

驚きと恐怖、もちろん激しく抵抗しました。
「やめなさい!何馬鹿なことしてるの!」
「私達は親子なのよ。バカなことはやめなさい」

手足をバタバタさせて息子を突き飛ばしました。
しかし中3とはいえ、野球部所属の息子は体格も身長も、そして腕力も私よりも遥かに
上回っており、一方的に床に私をねじ伏せられました。

「お母さんのこと好きなんだ。好きで好きで、どうしょうもないんだ!」
と言い続けるのです。

そして、あろうことか息子は大きく硬くなったペニスにコンドームをつけて用意をしていたのです。おそらく脱衣所の外でずっと様子を窺っていたのでしょう。
息子がコンドームなど持っていたことさえ衝撃でした。ただの子供だと思っていたのに・・・。

こうなった以上もう後には引けないという狂気に満ちた息子の真剣さが伝わってきました。私は恐ろしくなりました。
「とにかく妊娠の心配はない・・・私のことが好き?・・・」
そう考えると、なんとかこの状況から逃れたい気持ちでしたから、抵抗する力も弱くなってしまいました。

結局そのまま力づくで犯されてしまったのです。
驚いたことに息子は的確に私の中に入ってきました。まだ濡れていない私の膣に・・・。その後、気まずくなったのか、なにも言わず自分の部屋へ戻っていきました。
私はしばらく呆然としていました。実の母親に欲情するなんて・・・。息子の情けなさに涙が出ました。


でも、ほかに接する女性がいないのかと考えると哀れにも思えました。
次の日息子は朝練で早く出かけたため、あまり顔を合わさずに済みました。
夕方もろくに会話せずに食事を終え、無事入浴も済ませるとこのまま終わるのかと思いました。

でも、そうではありませんでした。
その日から私は毎晩息子に犯され続けました。
二日目以降は私が寝室のベッドに横になった後、息子は忍び込んで来たのです。
形だけの抵抗はしました。でもおとなしく引き下がってくれないことはわかっていました。

どうせ抵抗してもかなわない・・・。それに最悪避妊はしてくれています。
そんなことを心の拠り所にして、私は息子に体を許すことにしたのです。
私なんかにすぐに飽きてくるに決まっている。主人が帰って来るまでの辛抱なんです。
そう思って我慢することにしたのです。

でも主人との夫婦の交わりが疎遠になっている私の体にとって、若い息子とのセックスは麻薬のような毒でした。1週間後には私のほうが息子とのセックスを楽しむようになってしまいました。

いやいやながら始めても、すぐに私の意志に関係なく体が感じてしまいます。
それが勝手に私の口から切ないあえぎ声としてでてしまいます。
「お母さんも結構楽しんでるよね」
と息子は意地悪そうに言います。
「馬鹿。私たちお父さんに顔向けできないひどいことをしているのよ!」
そう言いながら私は激しく息子を求めてしまうのです。

主人が帰ってくる前日は、お互いの汗が混ざり合うくらい激しくからみつき、求め合いました。

「麗子はもう俺の女だ!」

そう言われた瞬間、頭を殴られたような衝撃を受けました。
でももうわかっていた事なのかも知れない。息子とのセックスに夢中になっている自分が何なのか。自分で認めたくなかっただけなのでした。

「いやっ、そんな風に呼ばないで・・・」

弱々しく言い返すのが精一杯でした。そして私は息子に強くしがみついてキスをしました。それは息子の女になったことを受け入れた意思表示でもありました。
そのあと、私たちは話し合い、いくつかの約束を取り決めました。

私たちのことは決してお父さんに知られないように、普段は普通の親子としてふるまい、関係を持っているようなそぶりは絶対みせないこと。
そのかわり、二人きりで夜を過ごせるときはただの男と女として激しく求め合うこと。
必ず避妊はすること。

今後息子との関係がいつまで続くのかわかりません。
息子の女になってしまったという背徳感が、体を熱くさせるのです。
しばらく主人の出張はないそうですが、息子の冬休みを心待ちにしてしまっているこの頃です。

早く、息子が休みになって、この煮えたぎる体を鎮めて欲しい・・・。
毎日、息子の逞しい体と鋼鉄のような堅いペニスに貫かれたい・・・そんな想像をしながら下半身を濡らし指で自分を慰める毎日です。

メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
コメント中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存